京都小学生殺害事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京都小学生殺害事件(きょうとしょうがくせいさつがいじけん)とは、1999年平成11年)に京都府京都市伏見区で起きた殺人事件である。犯行声明に書かれた単語から、「てるくはのる事件」、あるいは「日野小学校児童殺人事件」ともいう。

概要[編集]

1999年(平成11年)12月21日午後2時頃、京都市伏見区の京都市立日野小学校校庭で遊んでいた同校2年生の児童が、覆面をした若い男性(当初、小学校高学年から中学生と見られた)にナイフで刺殺され、犯人自転車で逃走した。犯行現場には、凶器となったナイフや金槌など数点の物品の他、犯行声明と見られる手書き文書のコピー6枚が遺留されていた。その文書には、自分が小学校を攻撃することや小学校に恨みがあること、自分を探すなという要求を記した上で署名のように「私を識別する記号 てるくはのる」と書かれていた。

この「てるくはのる」という単語に、深い意味があるのではと考えたマスコミや一般の人々は、様々にその謎を解説し、犯人像に結びつけようと試みた。

京都府警による捜査の結果、犯行2日前に現場から4キロメートルほど離れた京都府宇治市内のホームセンターで、遺留品と同じナイフなどを買った若い男性が浮上した。そして、ホームセンターの防犯ビデオに写っていた男性と風貌が似ており、かねて学校教育に不満を抱いていたとみられる、京都市伏見区内に住む21歳の浪人生男性を犯人と断定した。

2000年(平成12年)2月5日午前7時、京都府警山科署は、浪人生男性宅を訪ね警察署への任意同行を求めた。捜査員に対し、男性は署への同行を拒んでいたが、母親の説得により午前8時20分頃、自宅近くの公園で捜査員と話をすることには応じた。捜査員は、公園でも署へ同行するよう男性の説得を続けていた。

しかし男性は同行を拒み続け、午前11時50分頃に捜査員の隙を見て逃走。男性は向島ニュータウンマンションに逃げ込み、屋上に上がって鍵をかけた。警察は午後0時30分頃に男性を発見したものの、屋上の鍵を開けることに手間取ってしまう。午後0時40分頃、男性はマンションの屋上から飛び降りて自殺京都地方裁判所逮捕状を発付したのは、自殺したわずか5分後だった。

捜査員が男性宅からの押収品を分析したところ、「名言名句416ページ」と書かれたメモが発見された。同室の本棚にあった名言集の416ページには、「か行」索引があり、その文言の末尾の文字を1つずつ拾うと「てるくはのる」となった。そのため、「てるくはのる」には特に深い意味は無いと断定された。その後、京都地方検察庁はこの男性について、被疑者死亡のため結局不起訴処分とした。

小学校校庭で起きたこの小学生殺人事件は、日本の国民に大きな衝撃を与えた。また、任意同行を求めた被疑者の逃走を許し、自殺されてしまうという警察の失態は、国民の批判を浴びることとなった。

関連書籍[編集]

手記
中村聖志、中村唯子『聞け、“てるくはのる”よ』(2000年7月 新潮社
小説
折原一『帝王、死すべし』(2011年11月 文藝春秋

関連項目[編集]