岡村勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡村 勲(おかむら いさお、1929年4月27日 - )は、日本の弁護士全国犯罪被害者の会代表幹事、日本弁護士連合会副会長を歴任した。

人物[編集]

高知県出身。一橋大学経済学部卒業後、同大大学院法学研究科修士課程修了、法学修士。1956年に旧司法試験に合格。1959年以降弁護士として活動し、第一東京弁護士会会長や日本弁護士連合会副会長、法務省法制審議会委員を歴任。1988年に発生した上海列車事故では日本弁護団団長を務めた。

1997年10月に、山一證券問題に際して逆恨みした男性によって妻が殺害された(山一証券代理人弁護士夫人殺人事件)。この後、岡村は犯罪被害者の遺族となる[1]。岡村は「人権派弁護士」であったが犯罪被害者問題にそれほど関心があったわけではなかった[2]。しかしこの事件を機に犯罪被害者の権利向上活動に携わるようになり、その後、光市母子殺害事件の被害者遺族である本村洋らと共に全国犯罪被害者の会を設立、代表幹事となる。

2000年に岡村が文藝春秋に寄稿した「私は見た『犯罪被害者』の地獄絵」を読み感銘を受けた瀬戸内寂聴や、大学の同窓の友人だった石原慎太郎(東京都知事)らが代表発起人となり「犯罪被害者の会を支援するフォーラム」が設立され、樋口廣太郎(元経済団体連合会副会長、アサヒビール名誉会長)や、奥田碩日本経済団体連合会名誉会長、元トヨタ自動車社長)も代表発起人として、また高橋宏首都大学東京理事長、如水会副理事長)と、山本千里(元如水会理事・事務局長)がともに事務局長として参加するに至った[3]

2004年12月に犯罪被害者等基本法が成立、2007年6月には刑事訴訟法が改正され被害者参加制度が盛り込まれたが、岡村はこの制度にも関わっている。2009年には、あすの会会員と共に千葉景子法務大臣を訪れ、公訴時効廃止の要望書を提出した。2010年には刑事訴訟法改正により、殺人などの公訴時効が廃止された。

来歴[編集]

この他全国犯罪被害者の会代表幹事や、内閣府犯罪被害者等施策推進会議専門委員、高知県観光特使、株式会社アイワイバンク銀行監査役、財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団理事、社団法人如水会評議員、警察庁取調の適正化に関する有識者懇談会委員等も務める。

著作[編集]

  • 「株主総会決議不存在確認の訴について」一橋論叢一橋大学).36(3),[1956.07]
  • 『手形・小切手の法律実務』(堀口亘と共著),同文館出版, [1982.06]
  • 「訴訟促進・審理の充実問題の展開方向 (訴訟促進・審理の充実<特集>)」ジュリスト.(通号 914)[1988.08]
  • 「弁護士が見た大潟村事件」中央公論. 105(1) [1990.01]
  • 「私は見た「犯罪被害者」の地獄絵--妻を凶刃に奪われて弁護士が知った司法の矛盾」文藝春秋.78(9) [2000.07]
  • 「特別寄稿 犯罪被害者に信用されない刑事司法 (特集 犯罪被害者保護関連二法の成立と展望)」現代刑事法.2(11)[2000.11]
  • 「犯罪被害者の現状と課題 (共通研究テーマ 変動する国際社会と法)」比較法文化駿河台大学比較法研究所).(10) [2001]
  • 「特別講演 警察の被害者対策への期待」Keisatsu koron.56(1) [2001.1]
  • 「犯罪被害者の被害回復、権利擁護を目指して (特集 今、求められる刑事司法)」法律文化東京リーガルマインド).14(2)[2002.2]
  • 『被害者のための正義は日本においてどう実現されるべきか』,常磐大学国際被害者学研究所, [2004.03]
  • 「あすの会設立から犯罪被害者等基本法の成立まで--5年間の歩み (特集 犯罪被害者等基本法)」市民政策.(42) [2005.8]
  • 『犯罪被害者のための新しい刑事司法』,明石書店, [2007.07]
  • 「法律がすべてではない」ケース研究. 2007(4)[2008.2]
  • 「奪った生命を何で償うのか (話題のテーマに賛否両論! 死刑制度)」Voice.(通号 366) [2008.6]

脚注[編集]

  1. ^ 全国犯罪被害者の会 挨拶
  2. ^ 岡村勲、2008、「死刑制度は絶対に必要 奪った生命を何で償うのか」、『Voice』(2008年6月号)、PHP研究所
  3. ^ l 祝辞全国犯罪被害者の会 NAVS【あすの会:シンポジウム】、全国犯罪被害者の会を支援するフォーラム代表/首都大学東京理事長高橋宏氏全国犯罪被害者の会 NAVS【あすの会:シンポジウム】。

関連項目[編集]