2020年代の日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2020年代の日本(2020ねんだいのにほん)では、2020年代日本の予定・出来事・流行・世相などについてまとめる。

日本の元号では、令和2年から令和11年に当たる。

できごと[編集]

2020年[編集]

2021年[編集]

予定・予測されるできごと[編集]

2021年[編集]

2022年[編集]

  • 4月1日 - 日本で成人年齢が18歳に引き下げられる。
  • 2022年度の早期に、九州新幹線の西九州ルート(長崎ルート)が開業予定(在来線活用区間も含む)。
  • 第26回参議院議員通常選挙の実施。
  • この頃から、団塊の世代(1947年から1949年の間に生まれた世代)が後期高齢者(75歳以上)となり、社会保障費が著しく増大すると考えられている。
  • NASAの月試料収集プロジェクトに参加する日本の宇宙ベンチャーispaceが、民間初となる月面探査プログラム「HAKUTO-R」の最初のミッションで、月面着陸船によりの表土サンプルを収集する予定(本年はispace Japan〈東京本社〉が実施予定、さらに翌年にはispace Europe〈ルクセンブルク〉も参加して2回目のミッションを実施予定)[3]

2023年[編集]

2024年[編集]

2025年[編集]

2026年[編集]

  • 丙午 (ひのえうま) 。この頃の出生数は既に減少傾向にあり、1846年1906年1966年の際とは異なり、人口動態に大きな影響は与えないと予測される。
  • 大正時代に生まれた人がこの年から全員100歳以上になる。
  • 昭和改元100周年。

2027年[編集]

2028年[編集]

2029年[編集]

  • 新宿駅西口に高さ約260メートル(地上48階)の超高層ビルが2029年度中に完成予定[15]

文化と芸術[編集]

ゲーム[編集]

コンピュータゲーム[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • 時期不明
    • 作中の数年前に富士山が噴火した影響を受け、箱根温泉の源泉が枯渇し温泉街が放棄されてゴーストタウン化するなど、関東地方の天候や住環境が大きく変化している。また、内燃機関を搭載した自動車が全世界で生産中止となり、電気自動車燃料電池自動車が普及しているが、内燃機関を搭載したスポーツカーによるカーレース「MFG」が日本で開催されて人気を博している。(漫画『MFゴースト』)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈

出典

  1. ^ 地球帰還後の「はやぶさ2」は2031年に小惑星1998 KY26へアストロアーツ 2020年9月15日)
  2. ^ 東京五輪・パラ、「1年程度」の延期決定 「東京2020」の名称は維持 BBC NEWS (2020年3月24日)
  3. ^ NASAが月試料収集プロジェクトに日本のiSpaceなど4社を選抜、宇宙鉱業のパイオニア育成を目指す”. TechCrunch Japan (2020年12月4日). 2020年12月5日閲覧。
  4. ^ 北陸新幹線敦賀開業1年半延期が必要 国交省、与党PTで報告 建設費は2880億円膨らむ - 福井新聞ONLINE (2020年11月11日)
  5. ^ 森ビル、虎ノ門に「日本一」330メートルビル”. 日本経済新聞 (2019年8月22日). 2020年10月31日閲覧。
  6. ^ 日本一の330メートル高層ビル、森ビルが着工 “超高層”は今後10年で大きく変化”. ITmedia ビジネスオンライン (2019年8月22日). 2020年10月31日閲覧。
  7. ^ 新しい日本銀行券及び五百円貨幣を発行します財務省 平成31年〈2019年〉4月9日)
  8. ^ “山手線新駅は「高輪ゲートウェイ」”. 日本経済新聞. (2018年12月4日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO38519830U8A201C1000000?s=0 2018年12月5日閲覧。 
  9. ^ 「品川開発プロジェクト」高輪ゲートウェイ駅周辺に新たな街づくり - 商業&教育施設、ホテルなど - ファッションプレス (2020年3月11日)
  10. ^ トヨタが「2020年代前半に一般道自動運転」を明言した裏事情(ダイヤモンド・オンライン 2017年7月31日)
  11. ^ 国際園芸博覧会 - 横浜市
  12. ^ 三菱地所、「丸の内」死守 東京駅前に高さ日本一ビル発表”. 日本経済新聞 (2015年8月31日). 2020年10月27日閲覧。
  13. ^ 東京駅前に新街区「トウキョウトーチ」。高さ390m「Torch Tower」”. Impress Watch (2020年9月17日). 2020年10月27日閲覧。
  14. ^ “「(仮称)うめきた2期地区開発事業」始動” (PDF) (プレスリリース), 三菱地所・大阪ガス都市開発・オリックス不動産・関電不動産開発・積水ハウス・竹中工務店・阪急電鉄・三菱地所レジデンス・うめきた開発特定目的会社, (2020年3月25日), https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec200325_umekita2.pdf 2020年11月2日閲覧。 
  15. ^ 新宿西口再開発。小田急百貨店の場所に48階・260mの複合施設”. Impress Watch (2020年9月9日). 2020年10月27日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]