田中宏 (漫画家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
市民球場に掲げられる田中宏によるさよなら広告 ちなみに斜め上にはタナカのふりかけの広告がある

田中 宏(たなか ひろし、1970年1月9日[1] - )は、日本漫画家広島県広島市出身。広島山陽高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

1987年、高校在学中に少年画報社ヤングキング』掲載の「FOOL」にてデビュー[要出典]。その後、一時期町田在住になるが、編集長から「広島在住でもいい」といわれ、以降、同県府中町在住にて執筆を続ける。

1988年に故郷の広島を舞台にした“広島暴走グラフィティ”『BADBOYS』を同誌にて連載を開始し、1996年まで続く大ヒットとなる。単行本の累積発行部数は、2011年の時点で4,000万部に達している[2]OVAにもなり後にDVD化もされている。同作品と1990年代後半に広島の祭り「とうかさん」で暴れるヤンキーが度々ニュースで映し出され、“広島はヤンキーの街”のイメージを定着させた[要出典]

作品の大部分が基本的に同一の世界設定の中にあり、複数の作品にまたがり登場するキャラクターも多い。広島を舞台とする作品が大半を占めるが、『莫逆家族』では珍しく関東が舞台となっている。この設定については「ぶっちゃけ映像化してもらうため」とコメントしている[3]。また、同作の舞台「花神町」も『女神の鬼』では同一の世界観に組み込まれている事が明らかになった。

広島東洋カープと、サッカーへの造詣も深い。仕事場には山本浩二のユニフォームが掛かる。2007年、"僕の聖地"というカープの本拠地・広島市民球場の外野の看板広告が空いていると聞き、雑誌社と費用を出し合って右翼席上に看板を上げた。デビュー20周年を記念し田中宏と大きな字と当時連載中の『女神の鬼』の主人公の顔などをあしらっている。個人による看板は奥田民生に続き2人目[4][1]

地元ラジオ局広島FMの番組にたびたびレギュラー出演している。また、同局の交通安全啓蒙CMなどにも出演している。

携帯サイト(会員制)のブログ「田中宏ショー」「宏の部屋」では、サイト開設からほぼ毎日更新が続いている。

主な作品[編集]

  • BADBOYSヤングキング、全22巻)
  • BADBOYS グレアー(ヤングキング、全16巻) - 『BADBOYS』の続編
  • サクレ -聖なる者-(週刊ヤングマガジン、1995年、読み切り)※単行本『PEEK A BOO!!」併録
  • PEEK A BOO!!(週刊ヤングマガジン、全1巻)※1995年から1996年に短期集中連載
  • 莫逆家族(週刊ヤングマガジン、全11巻)
  • 女神の鬼(週刊ヤングマガジン、完結、既刊28巻) - 『BADBOYS』の8年前から本編開始
  • KIPPO(ヤングキング、既刊3巻) - 『BADBOYS グレアー』の続編

出演番組[編集]

  • 旬感テレビ派ッ!広島テレビ)市民球場物語「気になる看板 田中 宏」に出演[5]
  • 庄司悟のリクエスト魂(広島FM)番組中の1コーナー「宏ま魂」「宏ま魂 勝ち抜きH-1グランプリ」にレギュラー出演(2007年3月30日終了)
    • 6週間限定コーナー「田中宏ショー」(2011年8月5日 - 2011年9月9日)[6]
  • LUNCH BREAK☆STYLE(広島FM)「田中宏の廣島オトコ魂」にレギュラー出演(2007年4月10日 - 2008年3月25日)[7][8]
  • 山口雅美のGOGO la GOO★(広島FM)「田中宏の広島アゲ★」にレギュラー出演(2008年4月4日 - 2009年9月25日)[9]
  • (株)段野運輸 presents トラックマン(広島FM)期間限定の特別番組にインタビュアーとして出演(2014年10月27日 - 31日、11月24日 - 28日、12月22日 - 26日)[10]

脚注[編集]

外部リンク[編集]