t-kimura

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
t-kimura
出生名 木村 貴志
別名 Orbitribe
RAVEMAN
Puertronic
Dubby Budda
GENESIS D
THE FROGER
TRAN-X
生誕 (1968-01-25) 1968年1月25日(50歳)
学歴 専門学校
ジャンル J-POP
職業 音楽プロデューサー
作曲家
ミュージシャン
担当楽器 シンセサイザー
ギター
ピアノ
ヴォコーダー
ボーカル
活動期間 1990年 -
共同作業者 m.o.v.e
公式サイト m.o.v.e公式サイト
ケミカル・ブラザーズ

t-kimura(ティーキムラ、本名:木村 貴志(きむら たかし)、1968年1月25日 - )は、音楽プロデューサー作曲家ミュージシャン血液型はB型。作詞作曲アレンジャーキーボーディストギタリストと活動の幅は多岐にわたる。

人物[編集]

クラシックピアニストの母とトランペッターの父を持つ家庭に生まれる。12歳の時ロンドンでムーブメントとなっていたNEWWAVEやNEW ROMANTICSのカルチャーに感銘を受け、その後、80年代中頃までを新宿のディスコツバキハウスや四谷で開催されていた秘密クラブワルプルギスなどで過ごす。併せて自身のバンドを結成の他、SOFT BALLETなどのライブに参加する。

80年代後期は現シンセサイザー協会理事の斎藤久志など、音楽家の仲間と共にウィークエンドクラブ"GAY HANDLE"を運営。またDJ EMMAとコンビを組み、六本木のクラブや新宿ブギーボーイでDJ活動を開始。その後はグラフィックデザイナーとしても活動し、カセットテープのデザインや坂本龍一などが所属していたヴァージンレコードやイベントの広告デザインを手掛ける。

1991年、ビクターレコードのコンピレーションアルバム「DANCE 2 NOIZE Vol.1にドイツ人女性ボーカルと黒人ラッパー2人を起用したレイヴ系ユニットのSUBSONICとして参加。ベルギーのLA STYLEやQuadrophoniの来日公演で共演する。

同年、ボーカルがクリスティーナにメンバーチェンジ、黒人ラッパーと本人による3人組ユニットSUBSONIC FACTORとしてソニーレコードよりデビュー。川崎クラブチッタで英バンドSHAMEN、東京ドームでイタリアのBLACKBOXなどと共演。

デビュー曲がアイルトン・セナの人気で過熱していたF1のCMに起用されるが、デビューライブで解散を発表。その後はF1のオフィシャル・プロモーションビデオの音楽を担当した。

1992年、Groovy Boyfriendsを結成し、1994年にポニーキャニオンからデビューするも、同年の1stアルバムの発売後に脱退する。

1993年、Groovy Boyfriendsの活動と並行してダンスミュージックのユニットRAVEMANを結成、1994年に発売したシングル「PUMPIN'」がジュリアナ東京を初め全国のディスコでパワープレイされ、年間クラブチャートベスト10圏内にオリジナル3曲がランクインする(リミックスを含むと5曲)。

東京ドームで開催されたエイベックスレイヴに出演。またこの頃からTRF安室奈美恵などのリミックスを手掛ける。

1996年、松崎麻矢Favorite Blueを結成。アルバムが2作続けてオリコン1位。レコーディングに世界的にも著名なバンドであるDURAN DURANのベーシストのジョンテイラーを起用。

翌年、Favorite Blueとは対をなすアグレッシブなサウンドのプロジェクトm.o.v.eを結成。デビュー間もなく英国の"HYBRID"などと台湾のフェスに参加。3万人動員。

その後、長期にわたりアニメ『頭文字D』の主題歌とエンディングを手掛け、世界各国でライブを行う。シアトルでのワンマンライブには3000人を動員。

リミックスアルバムのリリースにも精力的でマッドプロフェッサーやマドンナのプロデューサーで知られるジャック・ル・コント(スチュアート・プライス)などをリミキサーに起用した。

2002年、自身のソロプロジェクト「Orbitribe」を旗揚げ。アルバム「TUNE ON」をエイベックスからリリース。

2009年4月、アーティスト活動から引退を宣言。活動を総合的なコンテンツ開発にシフトする。

2010年、ボーカロイドLily」をプロデュース。イベント「ボカロ夏祭り」を企画。このイベント用にAR(拡張現実)のLilyを制作。話題となる。

2013年、音楽制作活動を再開。ハリウッドで活躍する映画監督北村龍平とタッグを組んだAKB48ドームツアーの交響曲やももいろクローバーZのサウンドプロデュースを手掛ける。

2014年 1月、中学校時代からの親友である山岡晃らと共にクロスメディアプロジェクト「Blitzage」を旗揚げし、ニューロマンティクスカルチャーの中核的人物のスティーブストレンジ率いるVISAGEと共演。(BLITZAGE FACEBOOK OFFICIALから転載)

2018年5月、自身がプロデューサーとして携わるマキアダチのミニアルバム「OVERWHELMING」が配信リリースとなる。

来歴[編集]

  • 1990年(平成2年) - SUBSONIC FACTORを結成。ソニーレコードよりデビュー(現在は解散)
  • 1992年(平成4年) - Groovy Boyfriendsを結成。1994年にポニーキャニオンよりデビュー(現在は解散)
  • 1994年(平成6年) - motsu(当時はU.S-TOM名義)、GEE RAVEMANと共にRAVEMANを結成。エイベックスと専属プロデューサー契約を締結(KIM RAVEMAN名義で活動・現在は解散)
  • 1995年(平成7年) - 松崎麻矢Favorite Blueを結成
  • 1997年(平成9年) - motsu、yuriとmoveを結成、同グループのリーダーに就任(後にm.o.v.eへ名称変更)
  • 2000年(平成12年) - Favorite Blue活動停止
  • 2001年 (平成13年) - 結婚。子供を儲ける。
  • 2002年(平成14年) - ソロプロジェクト・Orbitribeを始動し、アルバム『TUNE ON』をリリース
  • 2008年(平成20年) - プロデューサーに専念するためエイベックスとの契約を終了。
  • 2009年(平成21年)4月4日 - SHIBUYA AXでの『LIVE TRANSFORM 2009』をもってm.o.v.eを正式に卒業。同時にアーティスト活動も終了しプロデューサーに専念、併せて株式会社バーニングパブリッシャーズに移籍。

所属の音楽ユニット[編集]

ディスコグラフィ[編集]

Orbitribe名義[編集]

発売日 タイトル 収録曲 備考
1st 2002年3月27日 TUNE ON 1. TUNE ON

2. Terra (Adagio for)

3. Stomper

4. Mirage

5. Evolution

6. Orbitribe

7. Desire

8. Light in motion

10. New horizon

TUNE ON
Orbitribeスタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル avex trax
EANコード
EAN 4515793101118
テンプレートを表示
- 2017年11月3日 MUGEN -般若心経- 1.MUGEN (TRANCE EXTENDED MIX)

2.MUGEN (ORIGINAL MIX)

3.MUGEN (PSYTRANCE MIX)

MUGEN -般若心経-
Orbitribeシングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
時間
テンプレートを表示
- 2018年1月1日 仇桜 - ADA ZAKURA - 1.仇桜 -ADA ZAKURA - (TRANCE EXTENDED MIX)

2.仇桜 -ADA ZAKURA - (ORIGINAL MIX)

仇桜 -ADA ZAKURA -
Orbitribeシングル
リリース
規格 デジタル・ダウンロード
時間
テンプレートを表示

プロデュース・楽曲提供[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]