竜樹諒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竜樹 諒
たつき 諒
生誕 (1954-12-02) 1954年12月2日(67歳)
日本の旗 日本神奈川県[1][2]
職業 漫画家
活動期間 1975年 - 1999年
2021年 - 現在
ジャンル 少女漫画
サブカルチャー
代表作 『私が見た未来[3]
『私が見た未来 完全版[4]
公式サイト 無し
テンプレートを表示

竜樹 諒(たつき りょう、1954年昭和29年〉12月2日 - )は、日本漫画家。女性。神奈川県出身[1]横浜市在住[1]。別名義に「たつき 諒」がある[1]

来歴[編集]

1954年(昭和29年)12月2日、神奈川県で生まれる[1][2]

高校生の17歳のときに交通事故に遭ったことで、卒業後の仕事に「家でできて、生きた証を残せ、顔を出さずに済む仕事」として漫画家を目指した[5]。それから出版社への作品原稿の持ち込みを始め、他の漫画家のアシスタントとして描き続けていた。その後、白泉社の『花とゆめ』で受賞が決まっていたが、秋田書店の編集者からスカウトされ[5]1975年(昭和50年)6月6日刊行の『月刊プリンセス 1975年7月号』(通巻 第7号、秋田書店)に掲載された読み切り『郷ひろみ物語』で漫画家デビューを果たした[6]。刊行時20歳であった。その後、『人形物語』などの作品多数発表している[1]

漫画製作のために記入していたアイデア・ノートをさらに拡大し、1978年(昭和53年)頃から睡眠中の夢の内容を記録し始める。1985年(昭和60年)からは一冊のノートに『夢の記録』と題した夢日記英語版を絵と文章で記述してきた[7]。これがのちの“予言漫画”(cf. ) へと繋がっている。

1982年(昭和57年)には、公式ファンクラブが発足し、クラブ会報誌『クラッシュ』を創刊する[8]

青年誌などでルビが付かないことから、1990年(平成2年)頃から「たつき諒」名義を多用し始める。

1998年(平成10年)9月、作品『白い手』の発表を最後に「充電期間」を名目に休業し、1999年(平成11年)に漫画家を一旦引退した[9]。当時44歳。

後述する単行本『私が見た未来』の話題が広まる前に、2011年(平成23年)から「たつき諒」の偽者SNSなどで散見されたが、2020年(令和2年)頃から「不思議探偵社」のウェブサイトに悪質この上ない成り済ましが登場した[10]。この人物は、出版社にも働き掛け、2021年(令和3年)3月26日発売の週刊誌FRIDAY 2021年4月9日号』(講談社)に「東日本大震災を的確に当てた「予言漫画」次のXデー」「『私が見た未来』の作者が緊急警鐘!幻の”予言漫画”に描かれた衝撃の未来」と題したインタビュー記事を載せ[11][12]、同年6月9日発売の月刊誌ムー 2021年7月号[13]』(ワン・パブリッシング)には「漫画家「たつき諒」が富士山噴火を警告!!」と題した記事を載せるという暴挙に出た[14][15][16]。その上、飛鳥新社から『私が見た未来』の復刻版を同年7月に出版しようと画策していた。この頃、たつき諒本人の下には、親戚(甥・姪)から「(たつき諒が)マスコミで話題になっている」との連絡が入った[17]ため、たつき諒本人はただちに動いて飛鳥新社と連絡を取り、成り済まし犯が進めていた復刻版の発行を辞めさせた[18]。その上で、仕切り直して本人の承認の許、改めて発売を延期し、改訂を入れ、予言の解説を加えた『私が見た未来 完全版』を編集し、同年10月に発刊する運びとなった[19]

2022年(令和4年)3月には、67歳にして、新たな漫画単行本が発刊された[20]。これには、過去の絶版作品のほか、新たな書き下ろし漫画も掲載されており、作家活動の再開が確認された[20]

単行本『私が見た未来』[編集]

漫画単行本『私が見た未来』は、「たつき諒」名義で1999年(平成11年)7月に朝日ソノラマから刊行された作品集である[21]。この本は、1994年(平成6年)から1998年(平成10年)にかけて雑誌『ほんとにあった怖い話』(朝日ソノラマ刊)と『恐怖体験』(スコラ刊)に掲載された漫画をまとめて所収している。表題作は1996年(平成8年)初出。

著者は単行本『私が見た未来』が発売された同じ年に漫画家を引退したが、同書の表紙に「大災害は2011年3月」との一文があることから、2011年(平成23年)3月11日東日本大震災が発生すると、「今回の大震災を予言していた漫画ある」として同書は注目を集めることとなった[1][22]。なお、「大災害は2011年3月」という一文があるは、単行本表紙の中に6枚描かれている「夢日記・夢の記録」の中の1枚であるが、この夢に関する記述は漫画本編には一切登場しない[22]。他の5枚の記述についても、夢が的中した予言は特に見当たらない[22]

「大災害は2011年3月」が話題となった当時、本書は既に過去作品として入手困難な状態にあった。そのため、古本に10万円以上の高値が付き[21][23]、一時は50万円まで高騰した[24]。さらには、前述した「たつき諒」の偽アカウント所持者が独自の予言を流布してブームを煽ったため、復刻してほしいという意見が高まり、2021年(令和3年)10月2日飛鳥新社から復刻・改訂版の『私が見た未来 完全版[4]』が発売された[25]。『私が見た未来 完全版』では、「大災害は2011年3月」の記述について詳しく解説されている。また、2022年(令和4年)3月発売の『たつき諒選集1 怪奇(Mystery)』では、書き下ろし漫画による解説がなされている[26]

著者は1970年代から睡眠時の夢の記憶を記録した夢日記英語版を書き続けており、これらを漫画のネタにしていた。単行本『私が見た未来』、および、復刻版『私が見た未来 完全版』の内容にも、そのネタが盛り込まれている。著者はこれらの著書を通じて2025年(令和7年)7月に発生する大災害を予言しており、とりわけ注目を集めた『私が見た未来 完全版』は発売わずか1か月半で40万部を売り上げるベストセラーになっている[22][25][24][27]。同書は、2022年上半期ベストセラーにもランクインして総合第6位となり(日本出版販売調べ)[1]、販売部数は56万部を突破した[1]。『NHKニュース おはよう日本』(2022年6月1日放送回)を始めとする数多くのテレビ番組でも紹介され、大きな反響を呼んだ[1]

人物[編集]

血液型はO型[2]。趣味は旅行[2]

作品[編集]

1999年(平成11年)までの作品数は、99本ある[28]

連載[編集]

読み切り[編集]

  • 郷ひろみ物語(『月刊プリンセス』1975年7月号[6]) - デビュー作。1975年(昭和50年)6月6日刊行。
  • ふたりのわたし(『月刊プリンセス』1975年夏休み大増刊号)
  • 冬の花(『月刊プリンセス』1976年お正月大増刊号)
  • ザ・タカラヅカ とおい灯(『別冊ビバプリンセス』1976年4月25日 SPRING創刊号)[30]
  • 哀愁(『別冊ビバプリンセス』1976年8月25日 SUMMER号)
  • そよ風のバラード(『別冊ビバプリンセス』1976年10月25日 AUTUMN号)
  • ハローレディー(『月刊プリンセス』1977年2月号)
  • フランクリン・カウンティの誇り(『別冊ビバプリンセス』1977年4月25日 SPRING号)
  • 水中天国(サンリオリリカ』1977年6月号No.8)[31]
  • まわる花時計(『月刊プリンセス』1977年7月号)
  • 夏の夜の怪奇夜話 ミッドナイト・ストーリー(『別冊ビバプリンセス』1977年8月25日 SUMMER号)
  • しんでぇれらぁ(『ボニータ(プリンセス増刊号)』1978年夏の増刊号)
  • カンバーランドの館(『別冊ビバプリンセス』1978年8月25日 SUMMER号)
  • コンサート(『別冊ビバプリンセス』1978年10月25日 AUTUMN号)
  • グッド・ラック・ツー・ユー(『別冊ビバプリンセス』1979年1月25日 WINTER号)
  • 愛情物語(サン出版JUNE』1979年5月号)
  • 夏休みが来るまえに(『プリンセスGOLD(プリンセス増刊号)』1979年5月初夏の増刊号)
  • 少女の花(『別冊ビバプリンセス』1979年8月25日 SUMMER号)
  • アメリカン・キックオフ(『月刊プリンセス』1979年10月号)
  • 時計物語(『別冊ビバプリンセス』1979年10月25日 AUTUMN号)
  • 人形物語(『月刊プリンセス』1979年12月号)
  • ラジカル・ジョーク(『月刊プリンセス』1980年1月号)
  • 星のメルヘン(『月刊プリンセス』1980年3月号)
  • クリスタルギャザー(『別冊ビバプリンセス』1980年4月25日 SPRING号)
  • 時の中の少女(『月刊プリンセス』1980年5-7月号)
  • 雪のジョー王(『別冊ビバプリンセス』1980年8月25日 SUMMER号)[32]
  • 倒錯の森(『月刊プリンセス』1980年9月号)
  • ラブラブ ラプソディー(『別冊ビバプリンセス』1980年10月25日 AUTUMN号)[33]
  • 宝石物語(『別冊ビバプリンセス』1981年1月25日 WINTER号)
  • レインボーカラー(『月刊ボニータ』1981年4月号 創刊号)
  • セレナ(『別冊ビバプリンセス』1981年4月25日 SPRING号)
  • そして誰も死ななくなった(『プリンセスGOLD』1981年5月25日増刊号)
  • 春風シンフォニー(『月刊ボニータ』1981年6月号)
  • 落とし穴 ピット・フォール(『月刊プリンセス』1981年8月号)
  • こわれたタイムマシン(『別冊ビバプリンセス』1981年8月25日 SUMMER号)[34]
  • ふざけたヤツら(『月刊ボニータ』1981年9月号)
  • ロザリアナの肖像(『別冊ビバプリンセス』1981年10月25日 AUTUMN号)[35]
  • 輪廻転生(『月刊プリンセス』1982年2月号)
  • たった3分31秒(『月刊ボニータ』1982年3月号)
  • なめんなよ!(『月刊プリンセス』1982年4月号)
  • シルエット(『月刊プリンセス』1982年6月号)
  • すぷりんぐ さんば(『プリンセスGOLD』1982年7月25日増刊号)
  • タージ・マハル廟のある町(『プリンセスGOLD』1982年9月25日増刊号)
  • 虹色のノクターン(『別冊ビバプリンセス』1982年10月25日 AUTUMN号)
  • ちいさなカラの中(東京三世社SFマンガ競作大全集 PART 17』1983年1月)[36]
  • デビュー(『別冊ビバプリンセス』1983年1月25日 WINTER号)
  • 水色の航空書簡(『月刊プリンセス』1983年3月号)
  • はじめから緒割まで(『別冊ビバプリンセス』1983年4月25日 SPRING号)
  • 記憶の鍵(新書館WINGS (ウィングス)』1983年第5号)
  • だんだん馬鹿になってゆく(『Pino(プリンセス増刊号)』創刊号 1983年6月25日プリンセス初夏の増刊号)
  • オールナイトでぶっとばせ!(『月刊プリンセス』1983年6月号)
  • アトランダム1(『別冊ビバプリンセス』1983年8月25日 SUMMER号)
  • ジャックとジル(『プリンセスGOLD』1983年9月25日増刊号)
  • ロスからシスコへ(『別冊ビバプリンセス』1983年10月25日 AUTUMN号)
  • なよ竹のかぐや姫(『別冊ビバプリンセス』1984年1月25日 WINTER号)[37]
  • アガルタ(集英社ぶ〜け』1984年5月号[38]) - 集英社『ぶ〜け』初登場作品[38]
  • 華物語(集英社『ぶ〜け』1984年8月号[39])※たつき諒名義
  • 時計幻想物語(集英社『ぶ〜け』1984年12月号[40]
  • BLOODY GRASS―血ぬられた草(集英社『ぶ〜け』1985年12月号[41]
  • ERE Junction(集英社『ぶ〜けデラックス』1986年4月増刊号)
  • 誓い(集英社『ぶ〜け』1987年10月号)※たつき諒名義
  • そんな馬鹿な(マガジンボックス月刊パンドラ』1989年7月号)
  • 雨月物語(マガジンボックス『月刊パンドラ』1989年8月号)
  • ガラス窓(講談社『BE・LOVEミステリー(BE・LOVE増刊号)』1990年3月号)※以下、たつき諒 名義
  • さくらのした(講談社『BE・LOVEペア』1990年9月号)
  • 奇妙な現実(講談社『月刊少女フレンド サスペンス&ホラー特集号』1991年9月号増刊号)
  • 妹殺し(講談社『月刊少女フレンド サスペンス&ホラー特集号』1992年1月号増刊号)
  • 地下街(講談社『月刊少女フレンド サスペンス&ホラー特集号』1992年9月号増刊号)
  • 怪電波(講談社『月刊少女フレンド サスペンス&ホラー特集号』1993年1月号増刊号)
  • 磁場(スコラ社『恐怖体験』1994年 VOL.3)
  • 彷徨う霊達の話(スコラ社『恐怖体験』1994年 VOL.4)
  • 闇の中へ(スコラ社『恐怖体験』1994年 VOL.5)
  • 霊がいっぱい(スコラ社『恐怖体験』1994年 VOL.7)
  • 夢のメッセージ(スコラ社『恐怖体験』1995年 VOL.9)
  • 浮遊霊(スコラ社『恐怖体験』1995年 VOL.12)
  • もうひとりの自分(スコラ社『恐怖体験』1995年 VOL.14)
  • 冥界の壁(スコラ社『恐怖体験』1995年 VOL.19)
  • 怪奇夜話(芳文社『ホラーパニック』1995年5号)
  • 便所怪談(芳文社『ホラーパニック』1995年6号)
  • 登山道で…(芳文社『ホラーパニック』1995年7号)
  • 私が見た未来(朝日ソノラマほんとにあった怖い話』1996年9月号)
  • 縁の先(朝日ソノラマ『ほんとにあった怖い話』1996年11月号)
  • 伝えられたメッセージ先(朝日ソノラマ『ほんとにあった怖い話』1997年3月号)
  • 夢の跡(朝日ソノラマ『ほんとにあった怖い話』1997年7月号)
  • 白い手(朝日ソノラマ『ほんとにあった怖い話』1998年11月号)
  • 私が見た未来 創作裏話「夢のキッカケと現実」(飛鳥新社、2022年3月 書下ろし)

単行本リスト[編集]

秋田書店[編集]

  • 『人形物語』(初版)秋田書店〈プリンセス・コミックス 81〉、1980年4月10日。 ISBN 978-4-253-07168-0全国書誌番号:80031797
  • 『時の中の少女』(初版)秋田書店〈プリンセス・コミックス〉、1982年3月10日。 ISBN 978-4-253-07200-7全国書誌番号:82046439
  • 『タージ・マハル廟のある町』(初版)秋田書店〈プリンセス・コミックス〉、1982年11月1日。 ISBN 4-253-07222-4ISBN 978-4-253-07222-9全国書誌番号:83009872
  • 『宝石物語』(初版)秋田書店〈プリンセス・コミックス〉、1983年12月10日。 ISBN 978-4-253-07255-7全国書誌番号:84005264
  • 『水色の航空書簡』(初版)秋田書店〈プリンセス・コミックス〉、1983年7月15日。 ISBN 4-253-07238-0ISBN 978-4-253-07238-0全国書誌番号:83039929

その他[編集]

参考文献[編集]

雑誌
※デビュー誌。読み切り漫画『郷ひろみ物語』を掲載している。なお、この号の寄稿者は、掲載順で、イケスミチエコ、細川知栄子(刊行時40歳)、あしべゆうほ(25歳)、如月亜衣、わたなべまさこ(46歳)、赤塚不二夫(39歳)、仲村計(24歳)、吾妻ひでお(25歳)、田村セツコ(37歳)、南部ひろみ、矢代まさこ(28歳)、吉森みき男(33歳)、竜樹諒(20歳)。
  • 「月刊プリンセス 1980年5月号」『月刊プリンセス』5月号、秋田書店、1980年4月6日。くだん書房[2]
※連載を開始した号。刊行時45歳。作品は『時の中の少女』。カラー扉で飾った。なお、巻頭掲載は細川知栄子の代表作『王家の紋章』であった。
※たつき諒に成り済ました人物のインタビュー記事が掲載された。表紙での見出しは「東日本大震災を的確に当てた「予言漫画」次のXデー」、記事のタイトルは「『私が見た未来』の作者が緊急警鐘!幻の”予言漫画”に描かれた衝撃の未来」であった。
※たつき諒に成り済ました人物の記事「漫画家「たつき諒」が富士山噴火を警告!!」が掲載された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 飛鳥新社 biog-2021年刊.
  2. ^ a b c d mangaseek biog.
  3. ^ 私が見た未来 (1999).
  4. ^ a b 私が見た未来 完全版 (2021).
  5. ^ a b 私が見た未来 完全版 (2021), p. 64.
  6. ^ a b 月刊プリンセス 1975年7月号.
  7. ^ 私が見た未来 完全版 (2021), pp. 50–52.
  8. ^ 私が見た未来 完全版 (2021), pp. 66.
  9. ^ 私が見た未来 完全版 (2021), pp. 69.
  10. ^ レオ (2021年6月28日). “【重要なお知らせ】この1年間、不思議探偵社から公式として情報を発信していた人物がたつき諒先生の「なりすまし」ということが判明しました”. 不思議探偵社. 2021年10月28日閲覧。
  11. ^ 週刊FRIDAY 2021年4月9日号.
  12. ^ 今年8月に富士山大噴火!? 幻の“予言漫画”に描かれた衝撃の未来 東日本大震災の発生を的確に当てたことで話題に 約10万円で取引されている『私が見た未来』の作者が緊急警鐘!”. FRIDAY. 講談社 (2021年3月25日). 2021年4月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年3月25日閲覧。※講談社が虚偽を認めて削除済みの記事。
  13. ^ ムー 2021年7月号.
  14. ^ ムーPLUS (2021年6月28日). “ムー2021年7月号記事「漫画家『たつき諒』が富士山噴火を警告!!」について”. ムー. ワン・パブリッシング. 2022年9月7日閲覧。
  15. ^ 重要なお知らせ「たつき諒」を名乗るTwitterの偽アカウント”. 飛鳥新社 (2021年6月21日). 2021年10月28日閲覧。
  16. ^ オカルト情報誌『ムー』、記事に誤りがあったと謝罪 取材した相手がなりすましだった」『ねとらぼ』アイティメディア株式会社、2021年6月29日。2022年9月7日閲覧。
  17. ^ 私が見た未来 完全版 (2021), p. 214.
  18. ^ 発売延期のお詫びとお知らせ”. 飛鳥新社 (2021年6月25日). 2022年4月18日閲覧。
  19. ^ 商品内容の一部変更のお知らせ”. 飛鳥新社 (2021年6月26日). 2022年4月18日閲覧。
  20. ^ a b たつき諒選集1 (2022).
  21. ^ a b 私が見た未来 (ほんとにあった怖い話コミックス) コミック – 1999/7/1たつき 諒 (著)”. Amazon.com, Inc.. 2021年10月27日閲覧。
  22. ^ a b c d 数々の大災害や著名人の死を警告する予言漫画『私が見た未来』”. 超常現象の謎解き. 本城達也 (2021年12月9日). 2022年6月13日閲覧。
  23. ^ 少女コミック 私が見た未来 / たつき諒”. A-too inc.駿河屋web. 2021年10月27日閲覧。
  24. ^ a b SHINCHOSHA (2021年10月16日). “中古本に50万円の値がついた幻の「予言マンガ」復刻版がベストセラーランキングに登場”. Yahoo ニュース. Yahoo Japan. 2021年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月27日閲覧。
  25. ^ a b 「私が見た未来 完全版」書籍紹介”. 飛鳥新社. 2021年10月27日閲覧。
  26. ^ たつき諒選集1 (2022), pp. 314–320, 「私が見た未来 創作秘話 夢のキッカケと現実」.
  27. ^ 新潮社 (2021年10月16日). “中古本に50万円の値がついた幻の「予言マンガ」復刻版がベストセラーランキングに登場 Book Bang編集部 ニュース”. Book Bang. 新潮社. 2021年10月27日閲覧。
  28. ^ 私が見た未来 完全版 (2021), p. 92.
  29. ^ 月刊プリンセス 1980年5月号.
  30. ^ 別冊ビバプリンセス 1976年SPRING 創刊号 A-too inc.駿河屋
  31. ^ リリカ 1977年 6月号 No.8 「わか葉の号」
  32. ^ コミック雑誌 別冊ビバプリンセス 1980年SUMMER 駿河屋 2021年11月27日閲覧
  33. ^ コミック雑誌 別冊ビバプリンセス 1980年AUTUMN 駿河屋 2021年11月27日閲覧
  34. ^ コミック雑誌 別冊ビバプリンセス 1981年SUMMER 駿河屋 2021年11月27日閲覧
  35. ^ コミック雑誌 別冊ビバプリンセス 1981年AUTUMN 駿河屋 2021年11月27日閲覧
  36. ^ 少年少女SFマンガ競作大全集 PART 17 雑誌 – Amazon
  37. ^ コミック雑誌 別冊ビバプリンセス 1984年WINTER 駿河屋 2021年11月27日閲覧
  38. ^ a b 月刊ぶーけ. 7(5)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年7月9日閲覧。
  39. ^ 月刊ぶーけ. 7(8)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年7月9日閲覧。
  40. ^ 月刊ぶーけ. 7(12)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年7月9日閲覧。
  41. ^ 月刊ぶーけ. 8(12)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2021年11月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]