偽物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

偽物(にせもの、ぎぶつ)とは、本物ではない、および、本物ではないという抽象概念のこと。似せてつくったもの。

対義語は、本物(ほんもの)、真物(しんぶつ、まもの)。また、人間の偽物は偽者(にせもの)と言う。

贋物(がんぶつ、にせもの)、紛い物(まがいもの)、まやかし物(まやかしもの)、もどき(擬、抵牾、牴牾)、フェイク英語fake)などは少しずつ意味が違う類義語である。これらを含めて詳細は以下の記事を参照のこと。

  • 偽造
  • 偽装
  • 贋物 :生物以外で、本物ではない物、および、本物ではないという抽象概念。
  • 影武者武士の要人に対して設けられることのある、敵を欺く身代わりの偽者。加えて、武士社会以外で同等の任務を負う者に当てる一般用語。