チバユウスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チバ ユウスケ
生誕 (1968-07-10) 1968年7月10日(49歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
学歴 明治学院大学経済学部卒業
ジャンル パブロック
ガレージロック
ブルースロック
パンク・ロック
ロカビリー
職業 ミュージシャン
ボーカリスト
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1991年 - 2003年
THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
2001年 - 2006年
ROSSO
2006年 -
The Birthday
レーベル 日本コロムビア
1996年 - 2002年
ユニバーサルシグマ
(2002年 - )
事務所 BAD MUSIC GROUP
TRIPPIN' ELEPHANT RECORDS
base
共同作業者
公式サイト rockin' blues.com
ドクター・フィールグッド
ルースターズ
ダムドなど

チバ ユウスケ1968年7月10日 - )は、日本ミュージシャンボーカリスト作詞家作曲家The Birthdayボーカルギター1991年から2003年まで、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTボーカルとして活動。

参加バンド[編集]

※太字は現在活動中のバンド。かつて所属していたバンド等も含む。

経歴[編集]

幼少の頃はヴァイオリン教室に通う。教室は2回に1回は逃げていたが、発表会で日本武道館のステージに立つまで上達した[要出典]。幼稚園から高校までエスカレーター式に、神奈川県藤沢市湘南学園に学ぶ。音楽に対して本格的に興味を示し出したのは後の高校時代であり、高校在学時にドランカーというパンクロックバンドを結成。「探してよ」という日本語の曲などがあり、当時から作詞を担当していたという。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT・ROSSO[編集]

1988年明治学院大学に入学。学内のサークル「ソング・ライツ」に加入しthee michelle gun elephantを結成。卒業後も活動を継続し、後にメジャー・デビューを果たす。

2000年に解散したBLANKEY JET CITY照井利幸と共に、2001年にROSSOを結成。当時としては期間限定バンドとしての意味合いが強く、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTでの活動を主としていたため一旦活動を休止させるが、以降も照井との交流は絶えず続き、2003年初頭に照井のソロプロジェクトであるRAVENのアルバム『限りなく赤に近い黒』にゲストとして参加。同年9月1日、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの解散を発表し、10月11日に幕張メッセでのライブを以って解散。

解散後、新たにイマイアキノブ、佐藤稔を迎えた形でROSSOの活動を再開。その後も長らくROSSOでの活動が続くが、THE MIDWEST VIKINGSやMidnight Bankrobbersなど新たなグループを次々結成し、また様々なバンド・グループにゲスト参加するといった、ROSSO以外での活動も目立った。2006年6月、ROSSOは再び活動を休止。

The Birthday以後[編集]

ROSSOの活動休止直後、元THEE MICHELLE GUN ELEPHANTのクハラカズユキらと共にThe Birthdayを結成。2009年7月22日にTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのメンバーとして活動を共にしたアベフトシが急逝。7月25日に出演したフジロック・フェスティバルでのライブの冒頭で「今日のライブは、俺達の大親友だったアベフトシに捧げます。」と述べた。

2012年9月1日に公開の映画『I'M FLASH!』の劇中歌を、チバ、中村達也KenKenヤマジカズヒデと共にバンド、I'M FLASH! BANDを結成し担当。また初のソロ・プロジェクト、SNAKE ON THE BEACHを始動させ、同年10月にアルバム『SNAKE ON THE BEACH』をリリース。同時進行としてこのアルバムから生まれた映画『赤い季節』が公開。劇場ではチバ、中村達也、イマイアキノブによる「THE GOLDEN WET FINGERS」が出演。映画の為の結成であったが、2013年には全国ツアーを敢行。

人物[編集]

神奈川県藤沢市出身。湘南学園高等学校明治学院大学経済学部商学科卒。血液型はA型。敬愛するミュージシャンはドクター・フィールグッドザ・クラッシュダムド他多数。自身のバンドでは、自身がガレージロックパンク・ロックブルースロックパブロックからの影響が垣間見られる音楽を展開している[独自研究?]。また、大変なレコード収集家であり、過去にテレビ番組内でレコードを紹介するコーナーを持っていた。非常に強烈なしゃがれ声が特徴。

自身のバンドにおいては、ほぼ全ての楽曲の作詞を手掛ける。thee michelle gun elephantの頃はギターを持たずに歌うことも多かったが、ROSSOのメンバーとして活動してからは多くの楽曲でギターを弾くようになった。自身のバンドのライブ中、たまにギターを放り投げることがある。ROSSO(2期)以降はすべての楽曲でギターを弾いている。

thee michelle gun elephant時に出演したミュージックステーションでは、武内絵美アナから「料理はされないのですか」と質問に「俺は出来ない」と発言。また、タモリから「暇なときは何をしてるの?」と訊かれ、「呑みに行ったり、ギター弾いたり…」と述べた。2010年3月26日に放送された「LIVE H」(NHK札幌)内のトークで、観客から「(名前の)漢字を教えて下さい」と質問されるも、「秘密では無いんだけど…、嫌だ」と回答している。もしミュージシャンになっていなかったら、パイロットになりたかったと述べた[1]FC東京のサポーターであり、FC東京の試合でしばしば目撃される[要出典]

使用機材[編集]

ギターはグレッチの「テネシーローズ」、「ホワイトファルコン」、「ブラックファルコン」、ビンテージの「テネシアン」や「クリッパー」などを中心に使用。The Birthdayではグレッチ・テネシーローズに落ち着いていてメインギターになっている。

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT時代には、イタリアのメーカー「Eko」[2]フェンダー・ジャガーフェンダー・ジャズマスターなどを使用。チバ本人は長い間、自分の持っているジャガーをジャズマスターと勘違いしていたが、イマイアキノブの指摘により判明。THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの楽曲「世界の終わり」のプロモーション・ビデオではジャズマスターを使用していた。

アンプFender HotRod Deville410。エフェクターBOSSのBD-2(Blues Driver)、ARIAのDD-X20(ディレイ)等を使用。

ディスコグラフィ[編集]

発売日 アーティスト名 タイトル 備考
2012年10月10日 SNAKE ON THE BEACH
2013年3月20日 V.A. DVD『赤い季節』の初回限定盤にのみ付属のCD
2013年5月1日 THE GOLDEN WET FINGERS アナログ盤
2013年6月26日

参加作品[編集]

※特筆ない限りボーカルとしての参加。

楽曲 発売日 アーティスト名 収録作品
touch and go 2000年12月16日 PEALOUT touch and go
カナリヤ鳴く空 2001年12月12日 東京スカパラダイスオーケストラ カナリヤ鳴く空
人と光 (feat.チバユウスケ from thee michelle gun elephant) 2002年1月30日 BUGY CRAXONE This is NEW SUNRIZE
All Day and All of the Night 2002年2月21日 チバユウスケ with MURDER KINKY BOOT 〜TRIBUTE TO THE KINKS
NEW RISE 2002年4月24日 TAXY DRIVERS Tribute to THE RYDERS 「LET'S GET TOGETHER」
PARADISE
DOWN DOWN DOWN 2003年5月28日 CLASSIC CHIMES FISHISM
※全曲コーラスで参加 2003年12月8日 the 原爆オナニーズ PRIMAL ROCK THERAPY
旅に出よう 2004年3月17日 SHIGERU FOREVER A.I COMPANY
2004年4月21日 RAVEN 限り無く赤に近い黒
ロミオ(勝手にしやがれ+チバユウスケ) 2004年7月12日 勝手にしやがれ ロミオ
Snowdrops feat.Yusuke Chiba 2006年4月5日 ラヴ・グローサー Across The Valley
The KKK Took My Baby Away 2007年5月23日 DUMB TRIBUTE TO THE RAMONES
Walking On The Moon [Dub Version] feat. Yusuke Chiba 2007年7月4日 Toshiyuki Goto No Illusion
Kick Out The Jams feat. チバユウスケ 2009年1月14日 Disoscillators LAST ROCKERS
ACACIA; 2010年6月23日 Q;indivi ACACIA;
I'M FLASH 2012年8月22日 I'M FLASH! BAND I'M FLASH!
恋のサングラス 2013年10月23日 斉藤和義 和義
WANG DANG DOODLE 2014年10月1日 THE PRIVATES Les beat

提供作品[編集]

  • ローレン (2001年2月16日)
BULLSHITのシングル。プロデュースを担当。
  • nobuchikaeri (2005年12月21日)
信近エリのアルバム。M-3「SING A SONG」の作詞を担当。
PUFFYのアルバム。M-3「君とオートバイ」、M-13「アイランド」の作詞作曲を担当。
PUFFYのシングル。M-1「誰かが」の作詞作曲を担当。

出演作品[編集]

  • 696 TRAVELING HIGH (2001年)
川村カオリ監督によるドキュメンタリー映画

書籍[編集]

  • チバユウスケ詩集「ビート」 (2008年11月6日、ISBN: 9784902943368)
1994年のデビューから現在までの約15年のあいだで書かれた214曲の歌詞の内、「世界の終わり」から「オリーブ」まで、自らがセレクトした125曲を収録。そのうちの半数には、詞に寄せた書き下ろしコメントを併記し、スケッチブックから転写した手書きの歌詞や、詞を作る際に描いたイラストや写真などのビジュアルも収録。

その他関連作品[編集]

occupyプロデュースによる、高さ16cmの塩化ビニールフィギュア。限定受注生産で2009年5月発売・発送[3]。また、タワーレコード限定カラーモデル「チバユウスケ〈TOWER RECORDS LIMITED EDITION〉」(蓄光仕様)もタワーレコード渋谷店、新宿店と@TOWER.JP(オンライン)にて同時発売。

主な出演[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ MUSIC ON! TV「GGTV」より
  2. ^ Numark-Marshall-Dunlop-Korg-PRS-Akai-Sonor:EkoMusicGroup è distributore di questi e molti altri marchi di strumenti musicali(イタリア語)
  3. ^ 受注期間は2009年2月1日から2月28日でその後、2次受付も行われた。
  4. ^ チバユウスケ、TOYOTAのCMでナレーションに挑戦!”. アールオーロック (2015年7月6日). 2015年7月7日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 照井利幸のソロプロジェクト
  2. ^ 自身のソロプロジェクト
  3. ^ 中村達也イマイアキノブとのバンド

外部リンク[編集]