ラファエル・ヴィニオリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はヴィニオリ第二姓(母方の)はベセイロです。
ラファエル・ヴィニオリ
Rafael Vinoly.png
生誕 1944
ウルグアイの旗 ウルグアイ モンテビデオ
職業 建築家
受賞 International Fellow, The Royal Institute of British Architects (2007), Medal of Honor, American Institute of Architects, New York Chapter (1995), National Academician, The National Academy (1994)
所属 Rafael Viñoly Architects PC
建築物 ブルックリン子供博物館, 東京国際フォーラム, キンメル芸術センター, デイヴィッド・L・ローレンス・コンベンション・センター, カラスコ国際空港

ラファエル・ヴィニオリ・ベセイロ(Rafael Viñoly Beceiro、1944年 - )は、ウルグアイモンテビデオ生まれ、アルゼンチンで育ち、アメリカ合衆国ニューヨーク在住の建築家

経歴[編集]

映画・劇場演出家の父と数学教師の母の間に生まれる。ブエノスアイレス大学で、1968年に建築の学位と1969年には建築・都市計画学部で修士を修了。

1964年に、6人の仲間と建築設計事務所を設立。この事務所は後に、短期間に多くの目立った仕事をこなす南米で最大の建築事務所となった。

1978年に、家族と共にアメリカ合衆国に移住。短期間だがハーバード大学設計大学院客員講師を務め、1979年にニューヨークに居を落ち着けた。

1983年に、ラファエル・ヴィニオリ建築事務所を設立。ニューヨークでの最初のプロジェクトは、ジョン・ジェイ法科大学で、1988年に竣工。1989年には東京国際フォーラムの国際公開コンペで採用、1996年に竣工した。ヴィニオリ建築事務所は、ニューヨークのワールド・トレード・センター再建設計コンペでも最終候補に残った。

40年以上のキャリアの中、ヴィニオリはアメリカ合衆国、中南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中近東での建築を手がけた。近年、ヴィニオリ建築事務所は急成長を遂げ、ロンドンロサンゼルスに支店を持ち、アブダビドバイバーレーンなどでも現場事務所を持つ。

ヴィニオリ設計で2010年に建築されたラスベガスのホテルにおいて、ホテルの一面が凹面をしているため、その面のガラスで反射された光がプール周辺に集まり高温になる事件が報じられた。2013年ロンドンでも、ヴィニオリ設計のビルで同じように凹面のガラスの反射で駐車中の車が溶ける事件が報じられた。

ヴィニオリはアメリカ建築学会フェロー、王立英国建築家協会国際フェロー、日本建築家協会会員、アルゼンチン建築家協会会員である。

受賞・栄典[編集]

  • 2007年 サルバドーリ・センター 設計賞
  • 2006年 王立英国建築家協会 国際フェロー
  • 2004年 クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館 ナショナル・デザイン賞 
  • 1997年 メリーランド大学 名誉博士
  • 1995年 アメリカ建築学会 ニューヨーク市区 名誉メダル
  • 1994年 ナショナル・アカデミー(アメリカ合衆国) 会員


主な仕事[編集]

竣工物件[編集]

参考文献[編集]

  1. Rafael Viñoly, Rafael Viñoly, ISBN 1-56898-373-5
  2. Hilary Lewis and Roman Viñoly, THINK NEW YORK A Ground Zero Diary ISBN 1920744-74-6

外部リンク[編集]