鍾路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鍾路
各種表記
ハングル 종로
漢字 鍾路
発音 チョンノ
日本語読み: しょうろ
2000年式
MR式
英語
Jongro
Chongro
Jongno
テンプレートを表示

鍾路 (チョンノ)は韓国ソウル特別市鍾路区にある道路およびその周辺の行政地名。江北漢江の北側)と呼ばれる旧市街の中心地であり、繁華街である。

概要[編集]

道路としての鍾路は、西は光化門交差点から東は東大門市場に至るまで直線状に伸びる大通りであり、その名称は鐘閣があることに由来する。繁華街はこの大通りの両側に発展している。鍾路近辺には明洞仁寺洞東大門市場などの観光地がある。また鐘閣、近代的な西洋的な要素を取り入れた公園として知られるタプコル(パゴダ)公園世界遺産にも指定された宗廟などの史跡も存在し、観光地として人気がある。

大通りの真下にはソウルメトロ1号線が走っている。光化門駅鐘閣駅鍾路3街駅鍾路5街駅など鍾路の大通りに乗降客の多い地下鉄駅があるのと同時にバスの主要路線もソウル各地域から乗り入れていることもあり、市内各所からのアクセスもよい。復元工事が完成した清渓川乙支路と平行しており、条里制の街並みを形成していることも特徴。

沿革[編集]

鍾路は、朝鮮王朝の首都・漢陽の東西軸となる道路として作られた。雲従街などの名称で呼ばれたが、鐘撞き堂(鐘閣)があることから鍾路(鐘路)という呼称が定着した。六矣廛と呼ばれる御用商人の店が集まる商業地区であった。

日本統治時代には、鍾路に京城市電が開通した。現在の明洞付近が日本人中心の繁華街であったのと対照的に朝鮮人居住地域の中心街として発展した。現在の鍾路タワー(ミレニアムタワー)の位置に朝鮮人資本としては初めてとなる近代的デパート・和信百貨店(ファシン-)や、「団成社」をはじめとする映画館街、貴金属店などがあった。現代グループも鍾路にあった自動車整備工場が原点である。このため、韓国ドラマ映画の舞台になることが多い。現在グループ創始者の鄭周永を描いたドラマ「英雄時代」などはその一例である。

大韓民国成立後、日本の経済援助によってソウルメトロ1号線が開通した。これは韓国で初めて建設された地下鉄である。

近年は再開発もさかんである。鐘閣の向かいに立地する近代的高層建築、鍾路タワー(もともと経済危機前にサムスングループが総合ショッピングセンター建設を目的に工事が始まったが、1997年末におきた経済危機で頓挫、一時期、韓国国税庁が建物を間借りしていたこともある)や鍾路1街付近の清進洞の再開発などがその代表に挙げられる。

しかし、ピマッコルをはじめとする昔ながらの飲み屋など韓国の風情がなくなるとの批判の声もあり、鍾路の再開発には疑問を呈する声も少なくない。

外部リンク[編集]