飴屋法水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

飴屋 法水(あめや のりみず、1961年3月22日 - )は、日本の現代美術家演出家劇作家、アートパフォーマーである。動物商であったこともあり、Twitterのプロフィールには、自分の職業がわからないとも書いている。

来歴[編集]

山梨県甲府市生まれ。神奈川県育ち。神奈川県立小田原高等学校卒。高校の演劇部在籍中は安部公房唐十郎戯曲を演出。1978年(17歳)唐十郎の「状況劇場(紅テント)」に参加、5年間、音響を担当。1983年に独立し「東京グランギニョル」を旗揚げ。当時庭師であった嶋田久作やバイト先の同僚、ミュージシャンのコシミハルなど演劇未経験者を起用しながら、発語と音楽、物と身体を等価にあつかうような、その「残酷劇」は、当時の小劇場の中でも異質な存在として注目されるも、4作品で解散。

1987年、大崎の廃工場にアトリエを構え、美術家三上晴子との共同企画により30トンあまりの鉄とコンクリートの中で上演。その後、新たに結成したM.M.Mの「スキン/SKIN」シリーズでは、メンバー自作の台詞を喋るマシンを俳優とした。またこの頃から廃ビルのトイレで暮らし始める。

1990年以降、レントゲン藝術研究所のディレクター池内務の招きもあり、活動を現代美術の場へと移行。テクノクラート名義により、人工的な生命と生活をテーマとした「ダッチライフ/Duch Life」シリーズを発表。延命治療医中の昭和天皇を思わせるロボット、HIV感染者の血液の展示、化学薬品のみで調合した食品、貨幣に付着した雑菌の繁殖、輸血や同居者交換の募集、展示鑑賞時の視力設定など、いずれも販売可能な美術品ではないため、後に飴屋は、結局どれも演劇/上演であった、と述べている。

当時、デビューまもない村上隆会田誠ヤノベケンジ小沢剛、批評家の椹木野衣らが、レントゲン芸術研究所を拠点として生み出した現代美術の流れに参画したが、前述の理由で、飴屋は自らを美術家と名乗ることは躊躇しており、1995年、ヴェネツィア・ビエンナーレに、冷凍保存した精液(遺伝子)を使って人工授精の希望者を募る「パブリックザーメン/公衆精子」にて参加するも、帰国後、ギャラリーでの発表を止める。

同年、異種の生き物と「同居」したい人への斡旋、ミミズ寄生虫などあらゆる生き物を等価に売買対象とする目的で、アニマルストア「動物堂」を東京東中野に開店。動物商を名乗る。「動物堂」は後にフクロウに専門化した「OwlRoom」に発展、異種が同居するうえで、「狼少女」のような別種刷り込みの可能性を考察し始める。

1999年、椹木野衣の企画した「日本ゼロ年」展に参加するも、参加契約書の掲示と、参加作家や来場者に、日本の戦後、高度成長期に刷り込まれたことを問うアンケートをしたのみ。その後、茨城県の水道もゴミの収集もない場所に移住し、別種刷り込みによって人間に発情するフクロウと暮らし始めるが、そのフクロウの死と、自らの父親の死を経て、2004年、東京での活動に戻る。

2005年、「バ ング ント」展にて、全く光の入らない180cm四方の白い箱に、わずかの水と食料を持ち込み、24日間こもり続ける。2006年、大友良英が手掛けた「幽閉者 テロリスト」のサウンドトラックに画鋲をこする音で参加。以後、大友良英の多くのライブに「物音」担当として参加するようになる。この年、1児をもうける。

2007年、飴屋の演劇への復帰を望む宮城聰の企画で、平田オリザの戯曲「転校生」を演出。「転生」をテーマに静岡在住の女子高生18名と老婦人を起用。その「転校生」が2009年のフェスティバルトーキョーに招聘されたのを機に、本格的に演劇活動に復帰。日本に移住した外国人を起用した「サイコシス」、グラウンドの穴や廃屋を舞台にした「わたしのすがた」、夢の島における野外劇「じ め ん」など、4回連続でフェスティバルトーキョーに参加。

2008年、山川冬樹と共作した「原宿パフォーマンスプラス」を機に「吾妻橋ダンスクロッシング」「エクスポナイト」などジャンル横断的なイベントに多く参加。大分など地方の芸術祭への参加、商業演劇的な舞台の演出も手掛ける一方、作家朝吹真理子、山下澄人、本谷有希子らとの共同作業、いわき総合高校の生徒と校庭で上演した「ブルーシート」、家族3人での上演「教室」など、活動は多岐に。2014年「ブルーシート」で第58回岸田國士戯曲賞受賞。2018年『彼の娘』で第31回三島由紀夫賞候補。

また、パフォーマーとしてライブに参加することも多く、大友良英テニスコーツ七尾旅人小山田圭吾ECDMARK青葉市子、空間現代など、世代を超えた多くのミュージシャンと共演。

上演・展示・参加作品[編集]

  • 1977 阿部公房「城塞」演出
  • 1978 唐十郎「ユニコン物語」演出
  • 1978 状況劇場に研究生として入団

1980年代[編集]

  • 1985 東京グランギニョル「マーキュロ」再演 (アートシアター新宿)
  • 1985 東京グランギニョル「帝都物語/ガラチア」演出(原作:荒俣宏/アートシアター新宿)
  • 1985 東京グランギニョル「ライチ・光クラブ」演出(下北沢東演パラータ)
  • 1986 東京グランギニョル「ライチ・光クラブ」再演(都立家政スーパーロフトKINDO)
  • 1986 東京グランギニョル「ワルプルギス」作・演出(大塚ジェルスホール)
  • 1987 エキジビジョン「有機室」 三上晴子とのコラボレーション(西武百貨店池袋本店
  • 1987 三上晴子×飴屋法水共同企画「バリカーデ」演出(大崎高周波鋼業跡)
  • 1988 YBO2解散ライブ参加(インクスティック芝浦)
  • 1988 MMM「スキン/デパートミックス」演出(渋谷パルコ SPACE PART3
  • 1989 MMM「スキン/バッファローミックス」演出(この再演から嶋田久作役をマシンに変更/近鉄アート館)
  • 1989 MMM「スキン/246ミックス」演出(青山246club)
  • 1989 MMM「スキン/パウワウダブ」演出(青山スパイラルホール)

1990年代[編集]

  • 1990 テクノクラート「WAR BAR」展(青山246Club)
  • 1990 「人はパンのみにて生きるにあらず」映像(青山スパイラルホール)
  • 1991 近藤等則ライブ 参加
  • 1991 小竹信節演出「ムュンヒハウゼン男爵の大冒険」参加(青山スパイラルホール)
  • 1991 「ジャパニーズ・ソング」音声作品(ICC電話網の中の見えないミュージアム
  • 1991 「CFTV」「電気ママ」音声作品(ライズシステムによるQ2サービス)
  • 1992 横山サケビ×PBC「Psychotoronic Driving」装置提供(インクスティック鈴江ファクトリー)
  • 1992 黄色舞伎団公演「犬機械」舞台美術(東京国際演劇祭)
  • 1992 テクノクラート「コロニーインザシティ」(ICC出版「Inter Communication」誌上発表)
  • 1992 テクノクラート「私はかわいいアライグマ」(DJバー インクスティック渋谷)
  • 1992 テクノクラート「ダッチライフvol.1 コンタミネイテッド」(レントゲン藝術研究所)
  • 1993 テクノクラート 「私もかわいいアライグマ」映像作品(村上隆「2月1日祭」/原宿マラリアアートショウ)
  • 1993 テクノクラート 「ダッチライフvol.2 ジャンキー・フード」(原宿マラリアアートショウ)
  • 1993 「ダッチライフvol.3 ドナドナ/DONER-DONER」演出(出演:コシミハル・嶋田久作/吉祥寺バウスシアター)
  • 1993 テクノクラート「ヒューマン・ジュース」展示(福居ショウジン監督「ピノキオ√964」上映にて/レントゲン藝術研究所)
  • 1993 テクノクラート「ダッチライフvol.4 カミング・アウト」(レントゲン藝術研究所)
  • 1994 テクノクラート 輸血と刺青のパフォーマンス(大阪のクラブにて)
  • 1994 テクノクラート「ダッチライフvol.5 セックス・アパルトヘイト」(「人間の条件」展/青山スパイラルホール)
  • 1994 テクノクラート「イッツ・ア・スモールワールド」(ペヨトル工房「銀星倶楽部」誌上発表)
  • 1994 テクノクラート「ダッチライフvol.6 メガネドラッグ」 (「アウトオブバウンズ」展/ベネッセアートサイト直島
  • 1994 横山サケビ企画「Psychotoronic Driving2 Tune」参加 ママ(増田セバスチャン)×テクノクラート(川崎クラブチッタ
  • 1995 テクノクラート「ダッチライフvol.7 パブリック・ザーメン/公衆精子」(「909/アノーマリー2」展/レントゲン藝術研究所)
  • 1995 テクノクラート「パブリック・ザーメン/公衆精子」(「トランスカルチャー」展/ヴェネツィアビエンナーレ
  • 1995 アニマルストア「動物堂」開店
  • 1995 第三エロチカ公演「東京トラウマ」美術・出演(演出川村毅/東京芸術劇場
  • 1996 「丸いジャングル」展示(高嶺格ら参加/メキシコシティでのパフォーマンスフェスティバル)

2000年代[編集]

  • 2005 「バ  ング  ント」展(音楽:大友良英/テキスト:椹木野衣/六本木P-House)
  • 2006 ロマンチカ公演「PORN」選曲・音響(演出:林巻子/天王洲スフィアメックス)
  • 2006 Pre Birthday Party 「独身」(ゲスト:ヲダマサノリ・高木完・手塚真/渋谷LUSH)
  • 2009 中原昌也×東野祥子×飴屋法水(ヘッズ+ヒアホン・プレゼンツ「楽しい音楽第1回」/渋谷O-nest)
  • 2009 「3人いる!」12バージョン演出(多田淳之介作/原宿リトルモア地下)
  • 2009 「最後の祭りにつきあって欲しい人達」参加(Sachiko M展クロージングライブ/浅草橋parabolica-bis)
  • 2009 「顔に味噌」作・演出(吾妻橋ダンスクロッシング2009/アサヒ・アートスクエア)
  • 2009 サラ・ケイン作「4.48サイコシス」演出(フェスティバル/トーキョー09秋/池袋あうるすぽっと)
  • 2009 黒田育世×山川冬樹×飴屋法水たち(フェスティバル/トーキョー/池袋西口公園

2010年代[編集]

  • 2010 黒田育世ダンスソロ「ソコバケツノソコ」演出(SePT独舞20/シアタートラム
  • 2010 「顔に味噌」再演 (東京芸術見本市2010/東京芸術劇場)
  • 2010 大友良英「ダブルオーケストラ」指揮者として参加(アサヒアートスクエア)
  • 2010「つるとんたん」作・演出(吾妻橋ダンスクロッシング2010/アサヒアートスクエア)
  • 2010 BUN666×飴屋法水 (DJぷりぷり企画/浅草橋ルーサイトギャラリー)
  • 2010 「小島信夫の馬より」演出 (BLANK MUSEUM/原美術館
  • 2010 「わたしのすがた」演出(フェスティバルトーキョー10 /西巣鴨周辺の4会場)
  • 2010 大友良英ライブ「武満徹トリビュート」参加(オーチャードホール
  • 2011 大友良英ライブ「ONE DAY ENSEMBLES」参加(本郷中央教会
  • 2011 空間現代×ECD×飴屋法水「右の石田さんと左の石田さん」(六本木SuperDeluxe)
  • 2011 大友良英×飴屋法水(大友良英ライブアンサンブル3デイズ/新宿ピット・イン)
  • 2011 石田えり企画「おもいのまま」演出(共演:佐野史郎・山中崇・音尾拓馬/池袋あうるすぽっと)
  • 2011 小山田圭吾×飴屋法水「アポロ11号とみずうみ」(蓮沼執太企画 Music Today/アサヒアートスクエア)
  • 2011 「じ め ん」作・演出(フィスティバルトーキョー11 /夢の島公園多目的コロシアム) - ロメオ・カステルッチとのオムニバス野外劇
  • 2011 大谷能生×飴屋法水「ぽつぽつぽつ」(浅草橋parabolica-bis)
  • 2012 花代×飴屋法水「2人展」展示と路上パフォーマンス(浅草橋ギャラリールルー)
  • 2012 七尾旅人×飴屋法水(七尾旅人「百人組手/日本最高峰即興演芸衝撃的再興乃序曲」/赤坂BLITZ
  • 2012 大友良英×テニスコーツ×飴屋法水 (大友良英3デイズ「見えない境界、見える境界」/新宿ピット・イン)
  • 2012 青柳いづみ企画「マームと誰かさん」出演(演出:藤田貴大/清澄白河snac)
  • 2012 大友良英+飴屋法水「Smile」展示(水と土の芸術祭/新潟県新潟市万代島旧水揚げ場)
  • 2012 core of bells×飴屋法水×小林耕平(WOSK presents vol12/六本木SuperDeluxe)
  • 2012 渋谷慶一郎ジョン・ケージ生誕100年記念コンサートOne(X)Cage→Today」参加(愛知芸術文化センター
  • 2012 「いりくちでくち」演出 テキスト:朝吹真理子(国東アートプロジェクト2012/大分県国東半島各所)
  • 2013 「ブルーシート」作・演出(いわき総合高校表現系列第10期生アトリエ公演/いわき総合高校グラウンド)
  • 2013 青柳いづみ×飴屋法水「キッチンタイマー」作・演出(吾妻橋ダンスクロッシング/アサヒアートスクエア) 
  • 2013 MARK×飴屋法水 (エクス・エクス・ポ・ナイト/渋谷O-nest)
  • 2013 家族劇「教室」作・演出 (共演:コロスケ・くるみ/タクトフェスティバル/大阪阿倍野LOXODONTA BLACK)
  • 2013 黒田育世×飴屋法水「散歩しよう」演出(吾妻橋ダンスクロッシング/アサヒアートスクエア)
  • 2013 工藤冬里×飴屋法水(Sound Live Tokyo 2013/東京文化会館
  • 2013 テニスコーツ×飴屋法水×いわき総合高校の生徒たち「テニスコーツの東北じ〜んじ〜んツアー」 (いわきburrows)
  • 2013 「302号室より」寺山修司展「ノック」におけるパフォーマンス(青山ワタリウム美術館
  • 2013 スガダイロー×飴屋法水(スガダイロー五夜公演「瞬か」/池袋あうるすぽっと)
  • 2013 加藤哲朗「ka na ta のショー」演出(共演:コシミハル・木下美沙都・テニスコーツ他/新宿三丁目どん底)
  • 2013 青葉市子×飴屋法水(「青葉市子(0%)LIVE TOUR 2013」/渋谷WWW
  • 2013 吉増剛造×飴屋法水(×志賀理江子)(「エクス・エクス・ポナイト!」/渋谷O-nest)
  • 2014 山崎阿弥「あわいの静まり」ゲスト朗読 (演出:生西康典/下北沢LADY JANE) 
  • 2014 CANTUSライブ「光のからだvol.3 雪が降る。声が降る。」演出(共演:斎藤陽道/下北沢富士見丘教会)
  • 2014 岸田戯曲賞授賞式にて「ブルーシート」再演(上演後、正賞の時計は帰宅制限区域富岡町に設置、副賞の賞金はいわき総合高校に寄贈)
  • 2014 テニスコーツ「1ウイークテニス」全日参加(共演:立花ハジメ、他/六本木SuperDeluxe)
  • 2014 家族劇「教室」再演(清澄白河snac)
  • 2014 椹木野衣×飴屋法水「グランギニョル未来」演出(作:椹木野衣/出演:山川冬樹、秩父前衛派)
  • 2014 藤田貴大演出「小指の思い出」出演(作:野田秀樹/池袋芸術劇場プレイハウス)
  • 2014 「いりくちでくち」再演(出演:双国高校の生徒と卒業生・吉武蓮太郎/国東アートプロジェクト)
  • 2015 江本順子×飴屋法水「自作自演」(東京芸術劇場シアターウエスト)
  • 2015 グランギニョル未来「Don't Follow the Wind 」展(福島県帰宅困難区域内展示/展示継続中)
  • 2015 「コルバトントリ、」作・演出(原作・出演:山下澄人/清澄白河SNAC)
  • 2015 マームとジプシー「Cocoon」出演(演出:藤田貴大/原作:今日マチ子/音楽;原田郁子/東京芸術劇場シアターイースト)
  • 2015 グランギニョル未来/音声上演「ガマの中の帰宅困難区域」(ワタリウム美術館)
  • 2015 生西康典×山口小夜子「未来を着る人」映像出演(東京都現代美術館)
  • 2015 「ブルーシート」再演(フェスティバルトーキョー15/豊島区旧第十中学校)
  • 2016 「彼の娘」連載開始(別冊文藝春秋・隔月)
  • 2016 青葉市子ライブ「ユキノコロニヰ」参加(共演:青柳いづみ/早稲田教会)
  • 2016 官能教育第9回 三浦直之「「この町にはあまり行くところがない」 出演(原作:山本直樹/西麻布新世界)
  • 2016 吉増剛造展「声ノマ」展示参加(国立近代美術館)
  • 2016 本谷有希子×飴屋法水(作:本谷有希子/共演:くるみ、セバスチャンブロイ/原宿VACANT)
  • 2016 グランギニョル未来「ガマの中の帰宅困難区域」再演(種差デコンタ・赤城修司展にて/八戸市立美術館)
  • 2016 「何処からの手紙」KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭参加

映画・映像出演[編集]

  • 1985 越美晴PV「野ばら」(監督・撮影:久留幸子
  • 1994 「江戸川乱歩劇場 押繪と旅する男」(監督:川島透
  • 1994 「ファーイーストベイビーズ」(監督:安田潤司
  • 1996 「ラバーズ・ラヴァー」(監督:福居ショウジン)
  • 2014 「誘惑として、」(監督:与那覇政之)
  • 2015 「合葬」(監督:小林達夫/脚本:渡辺あや/原作:杉浦日向子/徳川慶喜役)
  • 2015 「サロメの娘」(監督:七里圭/共演:黒田育世、他)

著作物など[編集]

  • 1991『Skin#6 PAPER BACK スキン全記録』大橋二郎共著(演劇ぶっく社)
  • 1997『君は動物(ケダモノ)と暮らせるか?』(筑摩書房)
  • 改題『君は珍獣(ケダモノ)と暮らせるか?』(文春文庫plus)
  • 1998『COMIC CUE vol.4』収録 水野純子/モモンゴの一生 (漫画原作)(イースト・プレス)
  • 2008『stuffed vol.7 からす/幽霊』(BCCK)[1]
  • 2014 「ブルーシート」飴屋法水(白水社)
  • 2016 「彼の娘」(web別冊文藝春秋)連載中

関連書籍[編集]

  • 1985 『東京おとなクラブ別冊 丸尾末広ONLY・YOU』(ペヨトル工房
  • 1995 『ジ・オウム-サブカルチャーとオウム真理教』 プランク編(大田出版)
  • 2001 『2-(トゥマイナス)〈01〉特集 Ameya!style 飴屋法水』(年、ステュディオパラボリカ、ISBN 4-99-008682-1
  • 2005 『美術手帖』2005年10月号「特集:バ ング ント展とはなんだったのか」(美術出版社、ASIN B000B8KID0)
  • 2006 『ライチ☆光クラブ』 古屋兎丸(大田出版、ISBN 4778320174
  • 2007 『美術になにが起こったか 1992-2006』 椹木野衣 (国書刊行会、ISBN 4336048010
  • 2007 『なんにもないところから芸術がはじまる』 椹木野衣 (新潮社、ISBN 4104214027
  • 2011 『フェスティバル/トーキョー 10 ドキュメント』(ISBN-10: 4990518322)
  • 2010『新潮』2010年7月号「[対話]なんか知りたい、この世の秘密を/よしもとばなな+飴屋法水」(年、新潮社、JANコード: 4910049010709)
  • 『新潮』2011年1月号「往復書簡/岡田利規+飴屋法水 無神論者による神さまに向けたパフォーマンス」(新潮社、JANコード: 4910049010112)
  • 2012 『批評時空間』佐々木敦(新潮社)

脚注[編集]


外部リンク[編集]

関連項目[編集]