後藤繁雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

後藤 繁雄(ごとう しげお、1954年 - )は、大阪府出身の美術に関する編集者ディレクタープロデューサー[1]京都芸術大学大学院・芸術研究科教授[2]

略歴・人物[編集]

1954年、大阪府生まれ[1]同志社大学文学部を卒業[2]。大学在学中の京都で、美術・文筆を個人で始め、また学生運動のポスターなどを手掛ける編集事務所「edition archives」を立ち上げた[3]。エディシオン・アルシーブでは幻想文学についての季刊誌『ソムニウム』(1979年から)やミルチャ・エリアーデの本などを出版[4]。また大学祭に文化人を招いて講演会を行っていた際に雑誌『遊』の編集長であった松岡正剛と出会い、工作舎に5年ほど務め、営業と編集の仕事を学ぶ[4]。1970年代以降、広告や美術の演出(ディレクション)の手法を学び、また美術制作(プロデュース)をする様になる[3]

26歳の頃にフリーの編集者となり、中沢新一の著書『チベットのモーツァルト』の編集などを担当[5]。また秋山道男森永博志らと知り合い、共同で仕事を進めるようになる[5]。1988年にはビクターから話を持ち掛けられ、雑誌『ロックンロール・ニューズメーカー』の創刊に携わり編集長を1年ほど務める[5]。1980年代の終わりごろから、音楽関係の企画に数多く携わる[3]。1996年から「編集を開発する私塾スーパースクール」を随時開催[6]、また2003年には京都造形芸術大学の教授に就任するなど[1]、後進の指導にも注力している[6]。2009年から2011年には文化庁メディア芸術祭審査員も務めた[1]

モットーは「独特編集」[6]

著書[編集]

  • 1990年のウェイスティッドランド The day book 1 1990-1992 太田出版 1994.3
  • 東京広告写真 リトル・モア 1994.10
  • トランスパランス The day book 2 1993-1995 リトル・モア 1995.12
  • ニュー・テキスト リトル・モア 1997.10
  • 独特對談 Dialogue 2 1994-1998 リトル・モア 1998.4
  • 天国でブルー(The day book 3(1995-1998)) リトル・モア 1999.1
  • skmt坂本龍一 リトル・モア 1999.8
  • インハバナ ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・ストーリー アーティストハウス 2000.2
  • 彼女たちは小説を書く メタローグ 2001.3
  • 独特老人(インタビュー集)筑摩書房 2001.12
  • 太陽は笑っている(The day book 4(1998-2001)) リトル・モア 2002.1
  • Wasteland guide artbeat publishers 2002.1
  • 写真という名の幸福な仕事 アートビートパブリッシャーズ 2003.10 (Life works 1)
  • 僕たちは編集しながら生きている super-school textbook マーブルトロン 2004.3
  • くろい読書の手帖 アートビートパブリッシャーズ 2004.5 (Life works 2)
  • 五感の友 リトルモア 2005.4
  • 『新しい星へ旅をするために (The day book 5(2002-2006)) 』リトルモア 2007.1
  • 『アート戦略/コンテンポラリーアート虎の巻』光村推古書院 2018年4月
  • 『現代写真アート原論』港千尋・深川雅文共編 フィルムアート社 2019年3月
  • 『超写真論:篠山紀信写真力の秘密』小学館 2019年9月

編著・構成[編集]

  • テクノドン 細野晴臣他 小学館 1993.7
  • Skmt 2 坂本龍一共著 NTT出版 2006.12
  • 『アートを始めるまえにやっておくべきこと』 椿昇共著 光村推古書院 2009.4 (アート新書アルテ)
  • 『デザインの未来』 日本グラフィックデザイナー協会企画・編集 ピエ・ブックス 2009.9
  • 在本彌生『MAGICAL TRANSIT DAYS』アートビートパブリッシャーズ、2006年5月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d PROFILE”. gotonewdirection. 2019年3月19日閲覧。
  2. ^ a b 教員紹介>後藤 繁雄”. 京都芸術大学. 2021年3月19日閲覧。
  3. ^ a b c メディアからプラットフォームへ・後藤繁雄インタビュー”. GOLIGA Books. GOLIGA (2020年5月7日). 2021年3月19日閲覧。
  4. ^ a b 菅付雅信『東京の編集』ピエブックス、2007年、pp.56-57
  5. ^ a b c 菅付雅信『東京の編集』ピエブックス、2007年、pp.58-62
  6. ^ a b c 編集者・後藤繁雄氏が教える “セルフイメージの作り方”「人間力最大化計画」講義より”. CREATIVE VILLAGE. クリーク・アンド・リバー社 (2020年9月7日). 2021年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]