名和晃平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名和晃平
生誕 1975年
国籍 日本の旗 日本
公式サイト KOHEI NAWA

名和 晃平(なわ こうへい、1975年 - )は、日本の現代美術家京都造形芸術大学大学院特任准教授、総合造形コース主任。ガラスビーズプリズムシートを使って彫刻の事物としてのリアリティを問い直す作品を制作。

略歴[編集]

主な展覧会[編集]

  • 1999年 グループ展 "OSMOSIS", Royal College of Art, Gulbankian Gallery, ロンドン
  • 2000年 グループ展,個展 Boomerang Art Project, First Throw, Galerie WeissRaum, 京都 "Art Synapse 2000", ギャラリーマロニエ, 京都 "Wool in Wool IWATE", 小岩井農場まきば園, 岩手 Boomerang Art Project in Kyoto, 京都芸術センター, 京都 "FEEDBACK", ギャラリーそわか, 京都
  • 2003年 "京都府美術工芸新鋭選抜展", 京都文化博物館, 京都 "trans-", 京都芸術センター, 京都 (共同企画)"OMAMORI展", ギャラリーマロニエ, 京都 "Art Court Frontier 2003", アートコート ギャラリー, 大阪 "キリンアートアワード 2003 Tokyo", ヒルサイドフォーラム, 東京 "Take Art Collection", スパイラル, 東京 "キリンアートアワード 2003 Osaka", KPOキリンプラザ, 大阪 "PixCell", ノマルエディション/プロジェクト・スペース, 大阪 "PixCell", Studio J, 大阪 "CELL-osmosis", アップリンク・ギャラリー, 東京
  • 2004年 "WINTER SHOW", SCAI THE BATHHOUSE, 東京 "Premonition-S", ギャラリーそわか, 京都 OSAKA・ART・KALEIDOSCOPE, "OSAKA 04", 海岸通ギャラリー・CASO, 大阪 "Multiples", ノマルエディション/プロジェクト・スペース, 大阪 "Hi-energy field 大阪展", KPOキリンプラザ大阪, 大阪 "カフェ・イン・水戸2004", 水戸芸術館, 茨城 "Hi-energy field 東京展", タマダプロジェクトアートスペース, 東京 "Accessible / SCAI meets CLASKA", Gallery CLASKA, 東京 "Take Art Collection", スパイラル, 東京 "HAVE WE MET?", 国際交流基金フォーラム, 東京 "Jahres Gaben", ノマルエディション/プロジェクト・スペース, 大阪 "名和晃平展", INAXギャラリー, 東京 "Catalyst", ノマルエディション/プロジェクト・スペース, 大阪
  • 2005年 銀座メゾンエルメス ウィンドウディスプレイ 空間デザイン, 東京愛知万博 ”愛・地球博アートプログラム”, 愛知 "超(メタ)ヴィジュアルー映像・知覚の未来学", 東京都写真美術館, 東京 "Open Weekend", ISCP, ニューヨーク "Nimbi and Penumbrae" d.u.m.b.o. arts center (dac) gallery, ニューヨーク 第三回バレンシア・ビエンナーレ, バレンシア "Drawings", Studio J, 大阪
  • 2006年 "アートスコープ 2005/2006", 原美術館, 東京 "Banquet : A Feast for the Senses", パシフィック・アジア・ミュージアム, パサディナ"Smooth Sailing for BEARING" NSKベアリングアート展, スパイラル, 東京 A MUSE LAND 2007"ビューティフル・ドリーマー", 北海道立近代美術館, 札幌 "素材:本" Material:White Book, ノマル・プロジェクトスペース cube & loft, 大阪 "GUSH", SCAI THE BATHHOUSE, 東京 "AIR",ノマル/プロジェクト・スペース, 大阪
  • 2007年 "ArtScope", DaimulerChrysler contemporary, ベルリン "SHANGHAI ART FAIR", ShanghaiMART, 上海 "六本木クロッシング2007:未来への脈動", 森美術館, "PixCell", IERIMONTI GALLERY, ミラノ
  • 2008年 "Vivid Material", 東京藝術大学 ,東京 "Great New Wave", Contemporary Art from Japan ,ハミルトン アートギャラリー ,カナダ "SENJIRU - INFUSION", GALERIE KASHYA HILDEBRAND ,スイス・チューリッヒ "パラレルワールド もうひとつの世界", 東京都現代美術館 ,東京 "The Echo展", ZAIM ,神奈川"Black State", studio J ,大阪 "TORSO", ノマル・プロジェクトスペース キューブ&ロフト ,大阪 "The poetry of bizarre", ミロ美術館 ,バルセロナ・スペイン "PixCell", Pekin Fine Arts ,北京・中国
  • 2010年 "G-tokyo 2010", 森アーツセンターギャラリー ,東京

脚注[編集]

外部リンク[編集]