やなぎみわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やなぎみわ
生誕1967年
国籍日本の旗 日本
公式サイトwww.yanagimiwa.net

やなぎ みわは、兵庫県神戸市生まれの美術作家。舞台演出家。

来歴[編集]

兵庫県神戸市生まれ[1]京都市在住[2]現代美術家中ハシ克シゲに絵を教わり[3]京都市立芸術大学工芸科に入学。同大学卒業、大学院美術研究科修了。在学中より布を使った造形やインスタレーション(空間芸術)を制作。

1988年、京都で初個展。1993年、エレベーターガールをモチーフに生身の女性を使った作品を発表し、話題となる。1990年代後半より、写真・ビデオ映像等を使った作品で国内外の展覧会に参加。

2004年から2009年にかけて、ドイツグッゲンハイム美術館原美術館丸亀市猪熊弦一郎現代美術館東京都写真美術館国立国際美術館など個展のほか、国内外で多数の展覧会を開催。

2009年、第53回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表となる[4]

2010年より舞台公演を手がけ、2011年から2012年にかけて、大正期の日本を舞台に新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作を美術館と劇場で上演[5]

2013年、脚本・演出・美術を手がけた戯曲「ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ」を上演。同作は2015年1月~2月にかけてアメリカ、カナダにて計10公演が上演され、ニューヨーク・タイムズに劇評も掲載されるなど現地での注目を浴びた[6]。                

台湾にて移動舞台車(ステージトレーラー)を製造し、2014年の横浜トリエンナーレで日本に初輸入[7]

2016年には、その舞台車で中上健次原作の「日輪の翼」を、熊野はじめ各地で上演。

2006~2011年、神戸芸術工科大学准教授、2012年からは京都造形芸術大学(現・京都芸術大学)教授[8]

受賞歴[編集]

主な個展[編集]

  • 『The White Casket』アートスペース虹 1993年
  • 『MIWA YANAGI』グッゲンハイム美術館 2004年
  • 『少女地獄極楽老女』丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、
  • 『無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語』原美術館 2005年
  • 『マダム・コメット』大原美術館有隣荘
  • 『MIWA YANAGI Deutsche Bank Collection』チェルシーアートミュージアム ニューヨーク 2007年
  • 『MIWA YANAGI Deutsche Bank Collection』The Museum of Fine Arts テキサス 2008年
  • 『マイ・グランドマザーズ』東京都写真美術館 2009年
  • 『Windswept Women:老少女劇団』 ヴェネツィア・ビエンナーレ 美術展 53回 日本館 2009年
  • 『婆々娘々!』巡回展 国立国際美術館(大阪) 2009年
  • 『神話機械』高松市美術館 アーツ前橋 福島県立美術館 神奈川県民ホール 静岡県立美術館 2019年2月〜2020年2月

演劇作品[編集]

  • 『桜の守茶会』 2010年
  • 『カフェ・ロッテンマイヤー』 池袋西口公園、フェスティバル/トーキョーインフォメーションカフェ 2010年
  • 『1924 Tokyo-Berlin』 京都国立近代美術館 2011年
  • 『1924 海戦』 神奈川芸術劇場 2011年
  • 『1924 人間機械』 京都国立近代美術館・高松市立美術館・世田谷美術館 2012年
  • 『PANORAMA〜パノラマ〜』 鳥の劇場 2012年
  • 『ゼロ・アワー 東京ローズ最後のテープ』 神奈川芸術劇場・愛知県芸術劇場 2013年 北米・カナダツアー 春秋座 2015年
  • 『日輪の翼』(原作:中上健次)〈横浜、新宮、高松、大阪、京都、神戸など旅巡演中〉2016年〜
  • 『MM』 (原作:ウィリアム・シェイクスピア ハイナー・ミュラー より引用)高松市美術館 アーツ前橋 福島県立美術館 神奈川県民ホール 静岡県立美術館 2019年2月〜2020年2月

主な写真集・図録[編集]

  • 『My Grandmothers 001』(アートビートパブリッシャーズ、2002年
  • 『MIWA YANAGI GRANDDAUGHTERS』(資生堂ギャラリー、2002年
  • 『MIWA YANAGI』(Deutsche Bank、2004年
  • 『WHITE CASKET』(月曜社、2004年
  • 『少女地獄極楽老女』(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、2004年
  • 『無垢な老女と無慈悲な少女の信じられない物語』(原美術館、2005年
  • 『マダム・コメット』(大原美術館、2005年
  • 『Fairly Tale 老少女綺譚』(青幻舎、2007年3月) ISBN 4861520983 ISBN 978-4861520983
  • 『Elevator Girls』(青幻舎、2007年5月15日) ISBN 4861521076 ISBN 978-4861521072
  • 『マイ・グランドマザーズ』(淡交社、2009年3月) ISBN 978-4-473-03575-2
  • 『神話機械』(羽鳥書店、2019年2月)

脚注[編集]

外部リンク[編集]