スガダイロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スガダイロー
生誕 (1974-03-19) 1974年3月19日(44歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 洗足学園音楽大学
バークリー音楽大学ジャズ科卒
ジャンル ジャズ
担当楽器 ピアノ
活動期間 1996年 -
事務所 VELVETSUN PRODUCTS
共同作業者 山下洋輔坂田明田中泯夢枕獏中村達也志人、 ほか
公式サイト https://www.sugadairo.com/


スガダイロー1974年3月19日 - )は、日本のジャズピアニスト。本名は須賀大郎。神奈川県鎌倉市出身。ボストンバークリー音楽大学卒業。

人物[編集]

幼少の頃よりクラシックピアノに親しむ。中学校時代に山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)ジョン・ルイスモダン・ジャズ・カルテットのピアニスト)を聴いてジャズに目覚める。生物学者を目指し大学で生物学を専攻し学ぶも、その道を断念しピアニストに転向[1]。当時客員教授だった山下洋輔に教えを請うため洗足学園短期大学(当時)ジャズコースに第1期生として入学。卒業後バークリー音楽大学に4年間留学。バークリー音楽大学の同期生に、同じくジャズピアニストの上原ひろみがいる[2]。帰国後は「渋さ知らズ」や「鈴木勲OMA SOUND」で活躍し、自己のトリオでの活動のほか、ジェイソン・モラン(en:Jason Moran)、田中泯夢枕獏京極夏彦飴屋法水近藤良平コンドルズ)、酒井はなcontact Gonzo向井秀徳ZAZEN BOYS)、七尾旅人中村達也LOSALIOS、ex:BLANKEY JET CITY)、志人降神TriuneGodstempleATS)、灰野敬二U-zhaan仙波清彦MERZBOW吉田達也(RUINS是巨人ZENI GEVA)らと即興対決を行うなど、様々なアーティストと共演している。

経歴[編集]

2006年7月 『BOYCOTT RHYTHM MACHINE II VERSUS(DVD)』では、ギタリストAxSxENATSUMEN)と即興セッションを繰り広げる。

2008年8月 初のリーダー作品『スガダイローの肖像』を発表(二階堂和美ヴォーカルで3曲参加)。山下洋輔から「双子の銀河系の誕生を目撃しているような体験をした。その中にスガダイローの世界が姿を現わし始めている。戦慄だ。」というコメントが贈られた。

2010年9月 荻窪「ベルベットサン」にて「スガダイロー七夜連続七番勝負」と題して、志人(降神)、山本達久松下敦ZAZEN BOYS)、U-zhaan七尾旅人本田珠也The Sun calls Stars伊藤大助オータコージ)と即興セッションを繰り広げる。

2011年5月 青山CAYにて向井秀徳(ZAZEN BOYS)と即興セッションを繰り広げる。

2011年8月 「スガダイロー七夜連続七番勝負」はOTOTOYからDSDで配信されるとともに、同年に開催された仙波清彦、向井秀徳との即興セッションを加え、ポニーキャニオンから『八番勝負』として発表された。

2011年10月 ポニーキャニオンから『スガダイローの肖像・弐』を発表しメジャー・デビューを果たす。[3]

2012年4月 廃墟写真家中筋純の個展「黙示録チェルノブイリ」の為に録り下ろした初のソロ・ピアノ作品『春風』を発表。

2012年8月 降神のメインMCである志人との共作『詩種』を発表。

2013年1月 中村達也LOSALIOS、ex:BLANKEY JET CITY)の生誕祭をきっかけにデュオユニット「赤残月」を結成(2015年「赤斬月」へ改名)。以後、定期的に活動を行う。

2013年10月 星野源地獄でなぜ悪い』のレコーディングに参加。

2013年11月 池袋にある劇場「あうるすぽっと」主催にて、N/Rプロジェクト・スガダイロー五夜公演「瞬か」を開催。飴屋法水近藤良平コンドルズ主宰)、酒井はなcontact Gonzo岩渕貞太田中美沙子喜多真奈美と即興セッションを繰り広げる。[4]

2013年12月 後藤まりこ 2ndアルバム『m@u』収録、「だいろーちゃんとまりこちゃん」のレコーディングに参加。

2014年7月 山下洋輔とのピアノデュオ作品『山下洋輔 × スガダイロー』を発表。

2014年7月 50周年を迎えるテレビ朝日系列「題名のない音楽会」にて、「巨匠から若手へジャズ編 山下洋輔がスガダイローに伝える事」放送。

2014年9月 田中泯・スガダイロー 二夜公演『虚水脈 -瞼闇抄/幻繭抄-』を、北とぴあ・花やしきにて開催。

2015年4月 FMヨコハマにてラジオ番組「中野ビルディング presents スガダイローのジャズニモマケズ」放送開始。※2016年3月 放送終了

2015年7月 KAAT神奈川芸術劇場にて、白井晃 演出「ペール・ギュント」総合音楽を担当。出演:内博貴藤井美菜加藤和樹堀部圭亮橋本淳三上市朗 他 スタッフ:構成・演出 白井晃 翻訳・上演台本 谷賢一 音楽 スガダイロー 振付 小野寺修二

2015年8月 サントリーホール主催公演『サマーフェスティバル2015』ベルント・アロイス・ツィンマーマンある若き詩人のためのレクイエム(1967-69) ※日本初演」のジャズコンボ・パートに、スガダイロークインテット-東保光(ベース)、服部マサツグ(ドラムス)、吉田隆一(サクソフォン)、類家心平(トランペット)-にて出演。指揮:大野和士、ナレーター:長谷川初範塩田泰久、ソプラノ:森川栄子、バリトン:大沼徹新国立劇場合唱団東京都交響楽団、エレクトロニクス:有馬純寿、プロデューサー:長木誠司

2015年11月 1940年代に製造されたYAMAHAのグランドピアノを使用し、「Suga Dairo Solo Piano at Velvetsun」を発表。DSD11.2MHz 録音[5]

2016年1月 テレビ朝日系列「題名のない音楽会・ジャズ新世紀の音楽会 出演:スガダイロー、黒田卓也」放送。

2016年9月 KAAT神奈川芸術劇場にて、白井晃 演出「舞台 マハゴニー市の興亡」音楽監督を担当。[6]作:ベルトルト・ブレヒト 作曲:クルト・ヴァイル出演:山本耕史マルシア中尾ミエ上條恒彦古谷一行細見大輔櫻井章喜 他 スタッフ:演出・上演台本・訳詞 白井晃 翻訳 酒寄進一 音楽 スガダイロー 振付 Ruu 

2016年9月 夢枕獏とのコラボーレーション作品「蝉丸-陰陽師の音-」BOOK+CDを発表。

2016年10月 水戸芸術館 主催、SUGADAIRO PROJECT(全3回)『vol.1 スガダイロー × 山下洋輔/狂演』を開催。

2016年12月『BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLD WIDE VERSUS I 』ニューヨーク スタインウェイ・アンド・サンズ (en:Steinway & Sons)ピアノ製造工場にて、ジャズ・ピアニスト ジェイソン・モラン(en:Jason Moran)と即興対決を行う。[7]

2017年1月 水戸芸術館 主催、SUGADAIRO PROJECT(全3回)『vol.2 秘境/魔境』出演:田中泯近藤岳(パイプオルガン)、有馬純寿(エレクトロニクス)を開催。

2017年4月 ジャズ・ピアニスト ジェイソン・モラン(en:Jason Moran)との日本公演『スガダイローとJASON MORANと東京と京都』を草月ホールロームシアター京都にて開催。ゲスト:東京 田中泯、京都 鈴木ヒラク[8][9][10][11]

2017年7月 水戸芸術館 主催、SUGADAIRO PROJECT(全3回)『vol.3 大群青』ゲストねば〜る君など総勢26名からなる和洋折衷オーケストラ公演を開催。[12]

2017年10月 『陰陽師』30周年記念公演『蟬丸』を下鴨神社にて開催。

2018年3月 ピアノソロ作品「季節はただ流れて行く」発売。(7/25全国一般発売)[13][14][15][16][17][18]

2018年5月 ゲーテ・インスティトゥート東京ドイツ文化センター×BLACK SMOKER RECORDS主催『BLACK OPERA - Hole On Black -』にて、KILLER-BONGJUBERUMI志人鎮座ドープネスOMSBSIMI LAB)、呂布カルマ伊東篤宏山川冬樹マヒトゥ・ザ・ピーポー東野祥子片山真理 等と共演。

2018年6月 NHK首都圏ネットワーク」にて、『スガダイロー特集』放送。

作品[編集]

リーダー作品[編集]

  • スガダイロー
    • スガダイローの肖像(2008年8月20日、DLCP-2090、CooL FooL)
    • 八番勝負(2011年8月17日、POCY-30188、ポニーキャニオン
    • 春風(2012年4月18日、VSP-0002、VELVETSUN PRODUCTS.)
    • Suga Dairo Solo Piano at Velvetsun(2015年11月13日、VSP-0013、VELVETSUN PRODUCTS.)
    • 季節はただ流れて行く (2018年3月19日、VSP-0017、VELVETSUN PRODUCTS.)
  • スガダイロートリオ(東保光 Bass、服部マサツグ Drums)
    • 坂本龍馬の拳銃 -須賀大郎短編集-(上)(2009年7月1日、CLFL-0001、Cool FooL)
    • 黒船・ビギニング -須賀大郎短編集-(下)(2009年11月14日、CLFL-0002、Cool FooL)
    • 渋さ知らズを弾く(2010年10月6日、CLFL-0004、CooL FooL / velvetsun)
    • Suga Dairo plays Shibusashirazu ver.vs(2010年10月、VSP-0001、VELVETSUN PRODUCTS、ベルベットサン店舗限定商品)
    • スガダイローの肖像・弐(2011年10月19日、POCY-30194、ポニーキャニオン)
    • 刃文(2013年7月6日、VSP-0005、VELVETSUN PRODUCTS)
    • GOLDEN FISH(2014年10月13日、VSP-0009、VELVETSUN PRODUCTS)
    • ペール・ギュント/イメージ・アルバム(2015年7月11日、VSP-0011、VELVETSUN PRODUCTS)
  • Little Blue(Mr.Lonely Blue Sax、池澤龍作 Drums)
    • Summer Lonely(2017年10月21日、VSP-0016、VELVETSUN PRODUCTS)

ユニット作品[編集]

  • OKHP
    • ok.hp(2005年10月、uwan music)
    • いきものの記録(2016年8月7日、VSP-0014、VELVETSUN PRODUCTS)
  • EMiKO VOiCE×スガダイロー
    • Phase 1(2007年1月24日、ECLC-0003、エクレティックレコード)
    • Phase 2 -twist & shout-(2009年11月4日、CLFL-0003、Cool FooL)
    • 上野の杜、真夏の午後のジャズ!2012 CUTE JAZZ LIVE!/ DVD(2013年5月12日、ZIPD-0044、ZIPANGU PRODUCTS)
    • 上野の杜、真夏の午後のジャズ!2012 CUTE JAZZ LIVE!/ CD(2013年6月23日、ZIP-0046、ZIPANGU PRODUCTS)
  • スガダイロー×加藤真一
    • ジャズ・テロリズム(2008年6月18日、CLFL-0003、Roving Spirits)
    • ジャズ・テロリズム<豪快篇>(2009年2月18日、RKCJ-2040、Roving Spirits)
    • ジャズ無宿(2009年12月16日、RKCJ-2042、Roving Spirits)
    • RIKU with JAZZ SAMURAI / 平陸 参加作品(2011年8月4日、MK001、MAHCOME HALL)
  • blacksheep
    • blachsheep(2008年8月10日、dmf-122、doubtmusic)
    • 2(2011年3月13日、dmf-140、doubtmusic)
    • ∞-メビウス-(2013年8月18日、VSP-0006、VELVETSUN PRODUCTS)
    • +-Beast-(2015年9月16日、VSP-0012、VELVETSUN PRODUCTS)
  • 小山彰太スペシャルユニット
    • なまったらん(2009年5月1日、JMCK-1038、おーらいレコード)
    • うすったらん(2009年12月31日、JMCK-1039、おーらいレコード)
    • KSSU-外伝-(2010年7月7日、HIRO-1004、HIRAKATA-syuku records)
  • AKETA・ミーツ・ダイロー
    • アケダイロ・オーケストラ・BLACK(2010年11月21日、MHACD-2631、メタ花巻アケタズディスク)
    • アケダイロ・オーケストラ・BLUE(2010年11月21日、MHACD-2632、メタ花巻アケタズディスク)
  • 秘宝感
    • 秘宝感(2011年3月30日、RKCJ-2047、Roving Spirits)
  • 志人・スガダイロー
    • 詩種(2012年8月2日、VSP-0003、VELVETSUN PRODUCTS)
  • 山下洋輔×スガダイロー
    • 山下洋輔×スガダイロー(2014年7月2日、DQC-1297/VSP-0007、VELVETSUN PRODUCTS)
  • 多田誠司・スガダイロー
    • We See!!(2014年12月10日、STLR-010、株式会社ラルゴ音楽企画)
    • 残照(2017年2月10日、STLR-014、株式会社ラルゴ音楽企画)
  • スガダイローx夢枕獏
    • 蝉丸-陰陽師の音- BOOK+CD(2016年9月21日、DDCB-13033、Cloud)

参加作品[編集]

  • BOYCOTT RHYTHM MACHINE(2004年12月15日、VSAC-2002、vinylsoyuz)
  • BOYCOTT RHYTHM MACHINEII VERSUS(2006年7月20日、LACDV-0002、Lastrum)
  • 徳田雄一郎 Quintet
    • Initial Impulse(2006年8月27日、GNPR-1139、GoodNessPlus Records)
    • Urban Lights/海時風色(2007年8月22日、GNPR-1140、GoodNessPlus Records)
  • 渋さ知らズ
    • 片山広明 With 渋さ知らズ(2006年1月29日、SW401、Stadio Wee)
    • 渋響(2007年1月10日、IOCD-20200、avex io
  • 美山夏蓉子
    • Circle Step(2007年12月12日、RKCJ-2033、ROVING SPIRITS)
  • STERUSS
    • 円鋭(2008年1月30日、LSTCD-003、LOCKSTOCK)
    • 尖 -unreleased ver.- 7(2017年10月30日、ZPLP005、LOCKSTOCK)★ディスクユニオン完全限定盤 フォーマット:7"(レコード)
  • Miya
    • Oriental sun(2009年11月18日、QACK-35006、T&Kエンタテインメント)
  • YAMP KOLT (a.k.a mai fujinoya)
    • yes(2011年3月28日、DDCZ-1738、Cemetery Records/FAR)
    • チュウイング(2015年3月18日、DQC-1446、Cemetery Records/FAR)
  • 小泉高之
    • My Man's Gone Now(2013年11月14日、KOI001)
  • Orquesta Libre + Suga Dairo + RONxII
    • plays Duke / CD(2013年10月16日、GLAM-0002、GLAMOROUS
    • plays Duke / LP Record(2014年9月20日、GLAM-0003LP、GLAMOROUS)
  • 黒木渚
    • 君が私をダメにする(2015年6月、LASCD-0063、Lastrum Music)
  • Band of Eden
    • Band of Eden(2015年8月8日、SUISUI001、SUISUI RECORD)
  • 福原千鶴
    • 文の鼓 Ayano Tsuzumi(2016年9月7日、ORZR-0001、折鶴レコード)

脚注[編集]

  1. ^ インタビュー:【スガダイロー】 ジャズ界に新風を巻き起こす侍ピアニスト - CDJournal.com テキスト:佐藤英輔
  2. ^ INTERVIEW#86:JAZZTOKYO
  3. ^ 孤高のフリージャズ・ピアニスト スガダイローインタビュー CINRA.jp テキスト:金子厚武
  4. ^ 超絶技巧ピアニスト・スガダイローの新たな欲望 CINRA.jp テキスト:柳樂光隆
  5. ^ 彼にしか為し得ない、繊細かつ狂気的なタッチ—スガダイロー、11.2MHz DSDピアノ・ソロ作を発表 テキスト:原雅明
  6. ^ 「マハゴニー市の興亡」スガダイロー単独インタビュー テキスト:川西真理
  7. ^ BOYCOTT RHYTHM MACHINE WORLD WIDE VERSUS
  8. ^ ジェイソン・モランを語るスガダイロー。その人物像と音楽性とは CINRA.jp テキスト:柳樂光隆
  9. ^ 4月に東京と京都でジェイソン・モランと奇跡のデュオ TOKYO HEADLINE
  10. ^ スガダイローとジェイソン・モラン、日米ジャズ・ピアニストが共演する意義とは? 晴れやかに〈逸脱〉する2人の異才を再考 テキスト:村井康司
  11. ^ ジェイソン・モランに死角なし テキスト:佐藤英輔
  12. ^ スガダイローが語る理想の演奏。渋さ知らズから学んだ美しさとは CINRA.jp テキスト:島貫泰介
  13. ^ 【前編】ピアノが激しく揺れるほどの情熱的な演奏! フリージャズピアニスト・スガダイローインタビュー テキスト:今榮くみこ
  14. ^ 【後編】ジャズピアニストインタビュー。「スガダイローと○○」を徹底解剖! テキスト:今榮くみこ
  15. ^ 音楽と再び出会える場所へ。スガダイロー、人生初の「名曲喫茶」を体験 テキスト:島貫泰介
  16. ^ スガダイロー ソロピアノ作品「季節はただ流れて行く」リリース
  17. ^ 四季を感じる13曲収録 スガダイローがアルバムリリース
  18. ^ “暦”が宿るピアノの調べ、季節が巡るイマジネーションの発露──スガダイロー『季節はただ流れて行く』 テキスト:土佐有明

外部リンク[編集]