酒井はな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒井 はな(さかい はな、1974年8月23日 - )は、日本バレエダンサーである。

略歴[編集]

アメリカ合衆国ワシントン州シアトル生まれ。日本に帰国後に鎌倉で育つ。5歳からバレエを始め、畑佐俊明に師事。橘バレヱ学校牧阿佐美バレヱ団出身。受賞歴は多数。中学・高校時代には、雑誌「オリーブ」のモデルとしても活動した。文化学院出身。

1997年から新国立劇場バレエ団に参加し、2009年の時点では、登録ダンサー(オノラブル・ダンサー=名誉ダンサー)の地位にある[1]。新国立劇場の開場公演『眠れる森の美女』『くるみ割り人形』に主演して、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞した[2]

写真家篠山紀信撮影のDVDも発表している。

近年は、バレエの舞台に留まらず、劇団四季ミュージカル『コンタクト』『アンデルセン』にも出演し、その活躍の場を広げている。平成20年度(2008年)芸術選奨文部科学大臣賞【舞踊】*「カルメンby石井潤」でこの年の受賞者中最年少で受賞した[3]

受賞[編集]

脚注[編集]

(2.3.4.がリンク切れ)

[ヘルプ]
  1. ^ 他に小嶋直也逸見智彦などがオノラブル・ダンサーの地位にある。
  2. ^ 芸術選奨歴代受賞者一覧 (PDF) 文化庁ウェブサイト 2011年7月30日閲覧。
  3. ^ 平成20年度芸術選奨 受賞者及び贈賞理由 文化庁ウェブサイト 2011年7月30日閲覧。
  4. ^ 服部智恵子賞歴代受賞者一覧 公益社団法人日本バレエ協会ウェブサイト 2011年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]