塩田泰久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しおだ やすひさ
塩田 泰久
生誕1952年
子供塩田将大(三男)
塩田剛三

塩田泰久(しおだ やすひさ、1952年 - )は、日本の合気道家。父は養神館合気道創始者・塩田剛三

略歴[編集]

1952年(昭和27年)11月15日、埼玉県所沢市に塩田剛三の三男として生まれる。

13歳のときから合気道を始め、中央大学卒業後、養神館にて広く合気道普及活動を行なうと共に、父の塩田剛三に就いて合気道修行に専念。

1981年(昭和56年)より3年間イギリスに在住し、海外における合気道普及の基盤をつくる。

2007年(平成19年)、養神館三代目館長に就任。

2012年(平成24年)6月14日付けで養神館館長を辞任。

2014年(平成26年)、塩田国際合気道連盟(SIAF)を設立、代表に就任する。

著書[編集]

(その他多数の本の監修も行なっている。)

外部リンク[編集]