EMiKO VOiCE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

EMiKO VOiCE(エミコ ヴォイス)は日本のジャズ、ボサノバ歌手。早稲田大学バークリー音楽大学卒業。東京都出身。

経歴[編集]

5歳の時出場した八王子の「のど自慢大会」で、司会だったビートたけしから「観音様みたいな子」と言われる。

小学生時代、東京放送児童合唱団に所属し、「ワンツーどん」「笛はうたう」「うたってゴ―」などNHKテレビ番組にレギュラー出演の他、ラジオ音楽番組に多数出演。

早稲田大学在学中に旅したニューヨークでジャズに目覚め、米バークリー音楽大学に留学。ボストン、ニューヨークでジャズ歌手として活躍し、2003年帰国。

帰国後は、神戸ジャズボーカルクィーンコンテスト 準グランプリ (2004年)、さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト グランプリ (2007年)、吉祥寺音楽祭 吉音コンテスト グランプリ(2008年)受賞。一躍脚光を浴びる。

また、ジャズピアニスト、スガダイローとの「普通の曲が普通じゃない」Phase DUOは大きな反響を呼び、2012年日本最大のジャズフェスティバルの一 つ、UENO JAZZ INNにて満場のスタンディングオベーションを浴びた。 現在までに3枚のCDと1枚のライブDVDを発表している。

一方、2003年から継続する、ギタリスト助川太郎とのブラジル系音楽ユニット「メヲコラソン」では、オリジナル日本語ボサノバから、本格的な古典サンバ まで幅広く歌いこなす。

7年連続ソールドアウトの、夏の「なま音ホールコンサート」は人気企画となり邦人最高峰のブラジル音楽ユニット(by ディスクユニオン)と称されている。

2017年7月、初のソロ名義アルバム”Carta~手紙~”を発表。ピアニスト佐藤浩一をアレンジャーに起用しジャズ・ブラジル・邦楽をミックスした選曲でEMiKO VOiCEワールドを展開している。

作品[編集]

EMiKO VOiCE ソロ名義

・Carta‐手紙‐(2017年7月16日、ZIP-0058、ZIPANGU PRODUCTS)


メヲコラソン

・ボサノバレシピ(2003年11月 BWCP1020、Blow Wind Records/Colombia Music Entertainment)

・カンタプラタナス(2005年11月、シュクレ)

・Hall Tone (2009年4月、Coo-Records)

・Hall Tone 2~アントニオカルロスジョビンをうたう~(2012年10月、Coo-Records)

・a Tempo(2016年10月、ECLC-101、エクレクティックレコード)


EMiKO VOiCExスガダイロー

・Phase 1(2007年1月24日、ECLC-0003、エクレティックレコード)

・Phase 2 -twist & shout-(2009年11月4日、CLFL-0003、Cool FooL)

・上野の杜、真夏の午後のジャズ!2012 CUTE JAZZ LIVE!/ DVD(2013年5月12日、ZIPD-0044、ZIPANGU PRODUCTS)

・上野の杜、真夏の午後のジャズ!2012 CUTE JAZZ LIVE!/ CD(2013年6月23日、ZIP-0046、ZIPANGU PRODUCTS)


参加作品

・TOKYO BOSSA NOVA∼madeira∼(2005年9月23日、HRCD-031,Happiness Records)

・MOONKSTYLE(2005年10月26日、MOK-001 DiscUnion)

・TOSHIYUKI YASUDA  -MONOPHONIC-ENSEMBLE-(2006年09月23日 MD0604、MEGADOLLY)

・助川太郎 Noturuno(2009年、ECLC0004、エクレクティックレコード)

・虹(2009年7月8日、SOWCP-200901、Songs On the Web)

・オクタビスト石塚勇  2012★ふるさと(2013年2月8日、coo0031,Coo-Records)

・ムジカ・ピッコリーノ ピッコリ―の号の冒険Ⅰ(2016年11月23日、COCP-39771 、コロンビア)

外部リンク[編集]