酒寄進一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

酒寄 進一(さかより しんいち、1958年1月22日[1]- )は、日本ドイツ文学者翻訳家和光大学表現学部教授[2]児童文学ファンタジーなどを中心に、ドイツ語の小説作品を数多く日本語に翻訳紹介している[3][4]

経歴[編集]

茨城県生まれ[4][5]。全寮制の高等学校に学んでいたころからドイツ語を学び始めた[3]。当時から、J・R・R・トールキンの『指輪物語』や、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの作品などに親しんでいた[6]上智大学を卒業後、ドイツに留学し、ケルン大学ミュンスター大学に学んだ[5]。上智大学独文学専攻博士課程満期退学[7]し、新潟大学講師を経て、和光大学助教授[8]、のち教授に就任。

1991年ジクリト・ホイク (Sigrid Heuck)『砂漠の宝』の翻訳が、第38回産経児童文化賞を受賞[9]。次いで2012年フェルディナント・フォン・シーラッハ犯罪』の翻訳が、本屋大賞の特別企画「翻訳小説部門」で大賞となった[4]

著書[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

  • 『くまおとこ グリムどうわより』フェリクス・ホフマン画 福武書店 1984
  • 『ほしのぎんか グリム童話』坂本知恵子画 福武書店 1986
  • 『しらゆきとべにばら グリム童話』横田稔画 福武書店 1987
  • ジクリト・ホイク『月の狩人 アマゾンでみたわたしだけの夢』福武書店 1987
  • イリーナ=コルシュノフ『緑の髪の小人バブッシェル』全3冊 堤直子絵 講談社青い鳥文庫 1987-88
  • イリーナ=コルシュノフ『大きくなりたい小さなペルツ』ラインハルト=ミヒル絵 講談社 1988
  • リザ・テツナー黒い兄弟 ジョルジョの長い旅』福武書店 1988 のち文庫- アニメ『ロミオの青い空』のもとになった作品
  • イリーナ=コルシュノフ『小さなペルツ』ラインハルト・ミヒル絵 講談社 1988
  • L.ベヒシュタイン『ヘンゼルとグレーテル ベヒシュタイン童話』坂本知恵子絵 福武書店 1988
  • アンネゲルト・フックスフーバー『わすれられた庭』福武書店 1988
  • ユルゲン・ローデマン『最後の惑星』新評論 1989
  • イリーナ・コルシュノフ『ちびドラゴンのおくりもの』伊東寛絵 国土社 1989
  • バルバラ・ゲールツ『二度とそのことはいうな?』中釜浩一郎画 佑学社 1989
  • ハンス=ユルゲン・ペライ『過去への扉をあけろ』佑学社 1990
  • ジクリト・ホイク『砂漠の宝 あるいはサイードの物語』福武書店 1990
  • グードルン・パウゼヴァング文 アンネゲルト・フックスフーバー絵『ちきゅうの子どもたち』ほるぷ出版 1990
  • アヒム・ブレーガー著 ギーセラ・カロウ絵『ボクの12月24日』ほるぷ出版 くれよん文庫 1990
  • 『白雪と紅ばら グリム童話』ロラン・トポール絵 西村書店 1991
  • イリーナ・コルシュノフ『マレンカ』福武書店 1991
  • イリーナ・コルシュノフ『モジャクマくんのいえで』ラインハルト=ミヒル絵 講談社 1991
  • ラプンツェル グリム童話』マイケル・ヘイグ絵 西村書店 1991
  • シャルロッテ・ケルナー『一九九九年に生まれて』福武書店 1992
  • クヴィエタ・パツォウスカー『あか、あお、きいろ、色いろいろ 色であそぶ本』ほるぷ出版 1993
  • クリスティーネ・ネストリンガー『ママのおむこさん』偕成社 1993
  • ガブリエレ・M.ゲーベル『壁の向こうのフリーデリケ』荒井良二絵 国土社 1994
  • モニカ・ペルツコルチャック 私だけ助かるわけにはいかない!』ほるぷ出版 1994
  • ハンス=ユルゲン・ペライ『セリョージャ、放浪のロシア』藤川秀之絵 佑学社 1994
  • ラフィク・シャミ『蠅の乳しぼり』西村書店 1995
  • ルイス・キャロル不思議の国のアリス』ユーリア・グコーヴァ絵 西村書店 1995
  • エーディト・ターベット『あやつり人形ピッパ』ユーリア・グコーヴァ絵 西村書店 1996
  • ヴォルフラム・ヘーネル『森のなかでみつけたよ』アレックス・デ・ヴォルフ絵 ほるぷ出版 1997
  • 『砂糖菓子の男 ギリシアのむかしばなし』ユーリア・グコーヴァ絵 アルニカ・エステル再話 西村書店 1998
  • ラルフ・イーザウ「ネシャン・サーガあすなろ書房
  • ハイケ&ヴォルフガング・ホールバイン『あくまくん』カロリーネ・ケーア絵 徳間書店 2001
  • クラウス・コルドン(Klaus Kordon)『ベルリン1933』理論社 2001
    • クラウス・コルドン『ベルリン1919』理論社 2006
    • クラウス・コルドン『ベルリン1945』理論社 2007
  • ラルフ・イーザウ『盗まれた記憶の博物館』あすなろ書房 2002
  • ラルフ・イーザウ「暁の円卓」長崎出版
  • ラルフ・イーザウ『パーラ』佐竹美保絵 あすなろ書房 2004
  • ラルフ・イーザウ『ファンタージエン秘密の図書館』ソフトバンククリエイティブ 2005
  • ミヒャエル・エンデ『影の縫製機』ビネッテ・シュレーダー絵 長崎出版 2006
  • ペーター・フロイント『ファンタージエン 忘れられた夢の都』ソフトバンククリエイティブ 2006
  • ベルトルト・ブレヒト三文オペラ』長崎出版 2007
  • ウルリケ・シュヴァイケルト『ファンタージエン 夜の魂』ソフトバンククリエイティブ 2007
  • ラルフ・イーザウ『見えざるピラミッド 赤き紋章の伝説』あすなろ書房 2007
  • ラルフ・イーザウ『銀の感覚』長崎出版 (2008)
  • ラルフ・イーザウ『ミラート年代記』全3巻 あすなろ書房 2008-10 
  • ラルフ・イーザウ『わらいかたをおしえてよ』長崎出版 2008
  • フランク・ヴェデキント春のめざめ―子どもたちの悲劇』長崎出版 2009 のち岩波文庫
  • クルト・ヘルト『赤毛のゾラ』長崎出版 2009 のち福音館文庫
  • クルト・ヘルト『ジュゼッペとマリア』長崎出版 2009
  • 丸楠早逸『怒矮夫(ドワーフ)風雲録 闇の覇者』ソフトバンククリエイティブ 2009
  • ミヒャエル・エンデ原作 ベアーテ・デリング再話 長崎出版 2010
ジム・ボタンがやってきた
ジム・ボタンのたびだち
  • ペーター・フィッシュリ,ダヴィッド・ヴァイス アートワーク『幸福はぼくを見つけてくれるかな?』フォイル 2011
  • フレドゥン・キアンプール『この世の涯てまで、よろしく』東京創元社 2011
  • テア・フォン・ハルボウ『新訳メトロポリス中公文庫 (2011
  • フェルディナント・フォン・シーラッハ犯罪』東京創元社 (2011 のち文庫 
  • ラルフ・イーザウ『緋色の楽譜』東京創元社 (2011)
  • フィリップ・ヴェヒター『ロージーのモンスターたいじ』ひさかたチャイルド 2011
  • フェルディナント・フォン・シーラッハ『罪悪』東京創元社 (2012) のち文庫 
  • ネレ・ノイハウス『深い疵』創元推理文庫 (2012)
  • ヨッヘン・シュトゥーアマン作・絵『せかいいっしゅうビッグラリー』フレーベル館 2012
  • フォルカー・クッチャー『濡れた魚』創元推理文庫 (2012)
  • ハイケ・B. ゲルテマーカー『ヒトラーに愛された女 真実のエヴァ・ブラウン』東京創元社 2012
  • フランツ・カフカ変身』翻案 牧野良幸画 長崎出版 2012
  • アンドレアス・グルーバー『夏を殺す少女』創元推理文庫 (2013) 
  • フェルディナント・フォン・シーラッハ『コリーニ事件』東京創元社 (2013)
  • ネレ・ノイハウス『白雪姫には死んでもらう』創元推理文庫 (2013)
  • ハンス = ユルゲン・ペライ『過去への扉をあけろ』童話館出版 2013
  • フォルカー・クッチャー『死者の声なき声』創元推理文庫 2013
  • イザベル・アベディ『日記は囁く』東京創元社 2013
  • ラフィク・シャミ『愛の裏側は闇』全3巻 東京創元社 (2014)
  • アンドレアス・グルーバー『黒のクイーン』創元推理文庫 2014
  • フォルカー・クッチャー『ゴールドスティン』創元推理文庫 2014
  • ネレ・ノイハウス『悪女は自殺しない』創元推理文庫 2015
  • フェルディナント・フォン・シーラッハ『カールの降誕祭(クリスマス)』東京創元社 2015
  • フェルディナント・フォン・シーラッハ『禁忌』東京創元社 2015
  • ハラルト・ギルバース『ゲルマニア』集英社文庫 2015
  • ペトラ・ブッシュ『漆黒の森』創元推理文庫 2015
  • ライナー・レフラー『人形遣い 事件分析官アーベル&クリスト』創元推理文庫 2015
  • カイ・マイヤー『嵐の王 1 魔人の地』遠山明子共訳 創元推理文庫 2015
『嵐の王 2 第三の願い』2016
『嵐の王 3 伝説の都』2016
  • フレドゥン・キアンプール『幽霊ピアニスト事件』創元推理文庫 2015
  • ウルズラ・ポツナンスキ『古城ゲーム』創元推理文庫 2016
  • アンドレアス・セシェ『囀る魚』西村書店東京出版編集部 2016
  • アンドレアス・グルーバー『月の夜は暗く』創元推理文庫 2016
  • フェルディナント・フォン・シーラッハ『テロ』東京創元社 2016
  • ハラルト・ギルバース『オーディンの末裔』集英社文庫 2016
  • ネレ・ノイハウス『死体は笑みを招く』創元推理文庫 2016
  • ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ原作 バルバラ・キンダーマン再話 クラウス・エンジカート絵『ファウスト』西村書店東京出版編集部 2016
  • ローベルト・ゼーターラー『キオスク』東宣出版 はじめて出逢う世界のおはなし オーストリア編 2017
  • アンドレアス・グルーバー『刺青の殺人者』創元推理文庫 2017
  • トーマス・ラープ『静寂 ある殺人者の記録』東京創元社 2017
  • ヘルマン・ヘッセ『デーミアン』光文社古典新訳文庫 2017
  • ヴェデキント春のめざめ岩波文庫 2017

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 総合文化学科 教員紹介 酒寄進一”. 和光大学. 2012年6月7日閲覧。
  3. ^ a b やまねこ翻訳クラブ 資料室 酒寄進一さんインタビュー”. やまねこ翻訳クラブ (2002年). 2012年6月7日閲覧。
  4. ^ a b c ドイツ文学翻訳家・酒寄進一さん 日本文学翻訳者よ結集せよ”. msn 産経ニュース (2012年5月21日). 2012年6月7日閲覧。
  5. ^ a b ロージーのモンスターたいじ - 紀伊国屋BookWeb
  6. ^ 酒寄進一 (2011年12月5日). “ドイツミステリへの招待状”. 2012年6月7日閲覧。
  7. ^ ベルリン1945 - 紀伊国屋書店BookWeb
  8. ^ ネシャン・サーガ 作者・訳者紹介”. あすなろ書房. 2012年6月7日閲覧。
  9. ^ 「産経児童出版文化賞」過去の受賞作品をご紹介いたします”. 産經新聞. 2012年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]