フェルディナント・フォン・シーラッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェルディナント・フォン・シーラッハ、2009年

フェルディナント・フォン・シーラッハ(Ferdinand von Schirach、1964年 - )は、ドイツの小説家、弁護士。

生涯と業績[編集]

ミュンヘンの商人ロベルト・フォン・シーラッハ Robert von Schirach (1938–1980)の息子として生まれる。祖父はナチ党全国青少年指導者バルドゥール・フォン・シーラッハボンの大学で学び、ケルンでの研修を経て1994年よりベルリンで刑事事件弁護士として活動。元東ドイツ政治局員ギュンター・シャボフスキーや、ドイツ連邦情報局工作員ノルベルト・ユレツコde:Norbert Juretzko)の弁護に携わり、ドイツでも屈指の弁護士と見なされている。2009年、自身の事務所が扱った事件をベースにした物語集『犯罪』を刊行し、45万部を越えるベストセラーとなった。既に30カ国で出版権が獲得されており、シーラッハはこの作品によってクライスト賞など複数の文学賞を受賞している。2011年には第二作『罪悪』を刊行しており、こちらもすでに映画化が決定している。

作品リスト[編集]

単行本
邦題 原題 ドイツの旗
刊行年
日本の旗
刊行年月
訳者 出版社 日本の旗 ISBN
犯罪 Verbrechen 2009年 2011年6月 酒寄進一 東京創元社 ISBN 978-4-488-01336-3
罪悪 Schuld 2010年 2012年2月 ISBN 978-4-488-01344-8
コリーニ事件 Der Fall Collini 2011年 2013年4月 ISBN 978-4-488-01000-3
カールの降誕祭 Carl Tohrbergs Weihnachten 2012年 2015年11月 ISBN 978-4-488-01050-8
禁忌 Tabu 2013年 2015年1月 ISBN 978-4-488-01040-9
Die Würde ist antastbar 2014年
テロ Terror 2015年 2016年7月 酒寄進一 東京創元社 ISBN 978-4-488-01056-0
短編
  • パン屋の主人 (酒寄進一訳、『ミステリーズ!』51号、2012年2月、東京創元社) - カールの降誕祭に収録

参考文献[編集]

  • フェルディナント・フォン・シーラッハ 『犯罪』 酒寄進一訳、東京創元社、2011年
  • フェルディナント・フォン・シーラッハ 『罪悪』 酒寄進一訳、東京創元社、2012年

外部リンク[編集]