ベルント・アロイス・ツィンマーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベルント・アロイス・ツィンマーマンBernd Alois Zimmermann, 1918年3月20日-1970年8月10日)はドイツ現代音楽作曲家

略歴[編集]

ケルン近郊のビースハイムで生まれる。途中戦争による中断があったがケルン音楽大学ケルン大学で学んだのち、ダルムシュタット夏季現代音楽講習会に参加、ルネ・レイボヴィッツからセリエリズムの影響を受ける。1956年にISCMドイツのプレジデントに昇格。1957年に母校の音大でフランク・マルタンの後任として作曲科の教授を勤め、篠原眞ヨハネス・フリッチェなどを育て、後年のシュトックハウゼン体制の橋渡しをする。晩年には結局自分の音楽が理解されないとして謎のピストル自殺を遂げている。

作風[編集]

「弦楽オーケストラの為の協奏曲」、「ピアノトリオ」、「無伴奏ヴィオラソナタ」、「一楽章の交響曲」などで新古典的書法を成熟させていた彼は、1950年代に突如現れた前衛の世代と対峙する。「遠近法 - 想像上のバレエの為の音楽」「コンフィグラツィオーネン」などでセリー的な書法を導入するも、彼の興味は「時間」の様々な表現に常にあった。

「無伴奏チェロソナタ」は一つのセリーで全曲が構成され、なおかつ超名人芸を要求する作品として秀作の誉れが高い。1965年の前衛の時代に書かれた優れたオペラと評価され、極度に難解な「兵士たち」では既に等拍パルスが用いられているなど、先駆的な楽器法が光る。同じ頃、前年の2台のピアノのための「モノローグ」の編曲版である2台のピアノのための協奏曲「ディアローグ」も書かれたが、その巨大性と複雑性が極度に開花した時期だった。

やがてシュトックハウゼンの言う「正しい軌道」という思考に激怒し、全曲が「引用」で構成される1966年の「ユビュ王晩餐の音楽」でシュトックハウゼンを引用してその上に罵倒する文句を重ねるなど、前衛音楽の姿勢に挑発的な態度を示す。しかしながら、前衛イディオムを身にまといながらの批判は当然様式上の矛盾を抱えることとなり、「モノローグ」、「ディアローグ」、「アンティフォネン」、「パ・ド・トロワの様式による協奏曲」では苦悩の影が漂い始め、聴きづらい音楽へと変わってゆく。彼の引用技法は後年の隅々にまで徹底している。

1967年の「インテルコムニカツィオーネ」、1968年の「フォトプトーシス」では静止した持続音がD音に現れる部分が多く、「静止主義」の様相を濃くしてゆく。1969年の「若い詩人の為のレクイエム」で創作の総決算を行い、1970年の「伝道行為」と「静止と反転」の2作品を完成させた。全体としてのツィンマーマンの創作態度は、どの派閥にも属さない孤立した人生だった。

最晩年はジークフリート・パルムに「同時に三弦を演奏する弓があれば、、」とタイプ打ちの手紙で訴えており、生前にこれが果たされることがなかったがバッハ弓の復興に繋がった。

受容と評価[編集]

前衛イディオムと過去の音楽文化を折衷した独自の様式は、1920年代から1930年代生まれの作曲家たちの嘲笑の的となり、ツィンマーマンを苦しめることと成った。しかし、1970年代は前衛の停滞が叫ばれ、作曲上の進歩が疑わしくなったその時、多様式主義を掲げる作曲家たちが現れる。不幸にも、ツィンマーマンの時代は没後に始まってしまったのであった。演奏困難のために信頼に値する音盤も少なく、CDリリースで作風の全容が理解されるのは1990年代に入ってからである。

なお傑作とも難解複雑の代名詞とも評されるオペラ『兵士たち』は、2008年5月10日新国立劇場において、ウィリー・デッカーの演出、若杉弘指揮、東京フィルハーモニー交響楽団によって日本初演された。近年は、オーケストラの演奏が困難であるにもかかわらず、「兵士たち」の再演は日常的に行われておりDVDあるいはBDのリリースで新演出が何度となく重ねられている。インゴ・メッツマッヒャースチーブン・スローンSteven Sloane、ベルンハルト・コンタルスキーミヒャエル・ギーレンキリル・ペトレンコゾルト・ハマー(Zsolt Hamar)の指揮による音源は定評がある。現在は彼の功績をたたえベルント・アロイス・ツィンマーマン若手作曲家奨励賞が創設され、人種の壁を越えて若い作曲家を顕彰することが定められており、ドイツ人に限定されない国際作曲賞の先鞭をつけている。

主要作品[編集]

  • Extemporale for piano (1946)
  • Capriccio for Piano
  • Lob der Torheit (burlesque cantata by Johann Wolfgang von Goethe), for solo, choir and large orchestra (1947)
  • Enchiridion I for piano (1949)
  • Märchensuite for orchestra (1950)
  • Alagoana (Caprichos Brasileiros) Ballet Suite (1950)
  • Rheinische Kirmestänze (1950, rearranged in 1962 for 13 wind instruments)
  • Concert for Violin and orchestra (1950)
  • Sonata for solo violin (1951)
  • Symphony in one movement (1951, revised 1953)
  • Enchiridion II for piano (1951)
  • Concerto for oboe and chamber orchestra (1952)
  • Des Menschen Unterhaltsprozeß gegen Gott (lit. The People's Maintenance Suit Against God) Radio opera in three acts with text from Pedro Calderón de la Barca and adapted by Matthias Bungart.
  • Nobody knows the trouble I see Concert for trumpet and chamber orchestra (1954)
  • Sonata for Viola solo (1955)
  • Konfigurationen (Configurations) for piano (1956)
  • Perspektiven — Musik für ein imaginäres Ballet (Perspectives — Music for an imaginary ballet.) for 2 pianos (1956)
  • "Die fromme Helene" after Wilhelm Busch sounded as a "Rondo popolare" for narrator and *instrumental ensemble (1957)
  • Canto di speranza Cantata for cello and small orchestra (1957)
  • Omnia tempus habent Cantata for soprano and 17 instruments (1957)
  • Impromptu for orchestra (1958)
  • Dialoge Concerto for two pianos and orchestra (1960)
  • Re-written with the title Monologue for two pianos (1964)
  • Sonata for solo cello (1960)
  • Présence, ballet blanc for piano trio and narrator (with words from Paul Pörtner) (1961)
  • Antiphonen for viola and 25 instrumentalists (1961)
  • Tempus Loquendi for solo flute (1963)
  • Musique pour les soupers du Roi Ubu (Ballet noir en sept parties et une entrée) Ballet after "Ubu Roi" by Alfred Jarry (1966)
  • Die Soldaten Opera in four acts, libretto by the composer after the drama of the same name by Jakob Michael Reinhold Lenz (1965)
  • Concerto for Cello and Orchestra en forme de pas de trois (1966), dedicated to Siegfried Palm
  • Tratto Electronic composition (1967)
  • Intercomunicazione for cello and piano (1967)
  • Die Befristeten for jazz quintet (1967)
  • Photoptosis Prelude for large orchestra (1968)
  • Requiem für einen jungen Dichter — Lingual for narrator, soprano, baritone, three choirs, electric tape, orchestra, jazz combo and organ (1969)
  • Vier kurze Studien for solo cello (1970)
  • Stille und Umkehr orchestra sketches (1970)
  • Tratto 2 Electronic composition (1970)
  • Ich wandte mich um und sah alles Unrecht das geschah unter der Sonne — Ekklesiastische Aktion for two narrators, bass and orchestra (1970)

遺稿集[編集]

  • Intervall und Zeit. Aufsätze und Schriften zum Werk. Mainz 1974

参考文献[編集]

  • H. Beyer, Siegfried Mauser (Hrsg.): Zeitphilosophie und Klanggestalt – Untersuchungen zum Werk Bernd Alois Zimmermanns. Mainz 1986
  • Patrick van Deurzen: Tijdsaspecten in het werk van Bernd Alois Zimmermann. In: Tijdschrift voor Muziektheorie, Jg. 1 (1996), Nr. 2, Juni 1996, S. 98–106
  • Klaus Ebbeke: Sprachfindung – Studien zum Spätwerk von Bernd Alois Zimmermann. Mainz 1986. ISBN 3-7957-1793-0
  • Klaus Ebbeke: Zeitschichtung - Gesammelte Aufsätze zum Werke von Bernd Alois Zimmermann, Mainz 1998. ISBN 3-7957-0345-X
  • Heribert Henrich: Bernd Alois Zimmermann. Werkverzeichnis. Verzeichnis der musikalischen Werke von Bernd Alois Zimmermann und ihrer Quellen. / Erstellt unter Verwendung von Vorarbeiten von Klaus Ebbeke (†). – Mainz: 2013 [!], richtig: 2014, ISBN 978-3-7957-0688-3. Rezension[6]
  • Jörn Peter Hiekel: Bernd Alois Zimmermanns „Requiem für einen jungen Dichter“ (= Archiv für Musikwissenschaft. Beiheft 36). Stuttgart 1995.
  • Martin J. Junker: Nobody knows … Alagoana – Untersuchungen zu zwei Frühwerken Bernd Alois Zimmermanns. Frankfurt am Main 2007
  • Wulf Konold: Bernd Alois Zimmermann – Der Komponist und sein Werk. Köln 1986
  • Oliver Korte: Zu Bernd Alois Zimmermanns später Reihentechnik. In: Musiktheorie, Heft 1/2000, S. 19–40
  • Oliver Korte: Die Ekklesiastische Aktion von Bernd Alois Zimmermann. Untersuchungen zu einer Poetik des Scheiterns. Sinzig 2003 (= Berliner Musik Studien, Band 29)
  • Aloyse Michaely: Toccata – Ciacona – Nocturno. Zu Bernd Alois Zimmermanns Oper „Die Soldaten“. In: C. Floros, H. J. Marx, P. Petersen (Hrsg.): Musiktheater im 20. Jahrhundert, Laaber 1988 (= Hamburger Jahrbuch für Musikwissenschaft, Band 10), S. 127–204
  • Ralph Paland: „… ad usum delphini“? Bernd Alois Zimmermanns „Monologe“ für 2 Klaviere als Transkription und Transformation der "Dialoge" für 2 Klaviere und großes Orchester. In: A. Edler, S. Meine (Hrsg.): Musik, Wissenschaft und ihre Vermittlung. Bericht über die internationale Musikwissenschaftliche Tagung der Hochschule für Musik und Theater Hannover 26.-29. September 2001, Augsburg 2002, ISBN 3-89639-342-1 (= Publikationen der Hochschule für Musik und Theater Hannover, Band 12), S. 267–271.
  • Ralph Paland: „Work in Progress“ und Werkindividualität. Bernd Alois Zimmermanns Instrumentalwerke 1960–1965. Mainz 2006, ISBN 3-7957-1898-8 (= Kölner Schriften zur Neuen Musik, Band 9).
  • Dörte Schmidt: „Es ist genug …“ B. A. Zimmermanns Ekklesiastische Aktion: opus summum oder opus ultimum? In: Archiv für Musikwissenschaft, Jg. 46 (1989), S. 121–154
  • Momente. Konzerte der Saison 2007–2008. Stadt Bochum und Bochumer Symphoniker, Bochum 2007, S. 18–22
  • Franz-Bernhard Stammkötter: Eine musikalische Interpretation Augustins. Motive der Augustinischen Zeitphilosophie in Bernd Alois Zimmermanns Requiem für einen jungen Dichter. In: A. Zumkeller OSA, A. Krümmel (Hrsg.): Traditio Augustiniana. Studien über Augustinus und seine Rezeption. Festgabe für Willigis Eckermann OSA. Würzburg 1994, S. 415–440
  • Ulrich Tadday (Hrsg.): Musik-Konzepte Sonderband Bernd Alois Zimmermann. München 2005

外部リンク[編集]