中筋純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中筋 純(なかすじ じゅん、1966年 -)は、写真家フリーライター編集者和歌山県出身。東京外国語大学中国語学科卒業。東京都八王子市在住。

略歴[編集]

  • 1966年和歌山県生まれ
    • 東京外国語大学中国語学科卒
    • 出版社勤務後フリー写真家
    • ファッション、オートバイ、舞台、映画スチールなどの商業、廃墟/産業遺構の撮影
  • 2006年 - 静岡県焼津市国道150号沿いに所在する現役営業中の飲食店を著書『廃墟街道』(2005年 二見書房)にて廃墟として掲載したため、その飲食店より訴えられる。その後謝罪及び慰謝料の支払いを行い、『廃墟街道』は回収・絶版となった[1]
  • 2007年 チェルノブイリ原発のその後を記録開始
  • 2011年 3.11後、福島の原発被災地記録開始
  • 2016年 チェルノブイリと福島の写真展を全国巡回開始

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

写真展[編集]

  • 中筋純写真展 『黙示録チェルノブイリ』(2009年4月〜8月)
  • 「黙示録チェルノブイリ 再生の春」(2011年4月)
  • 「チェルノブイリ曼荼羅」(2012年3月)
  • 「流転チェルノブイリ」(2014年4月、7月)
    • 「流転」(2014年5月〜7月)
  • 「流転・チェルノブイリ&福島 」巡回展 (2016年2月〜)

脚注[編集]

  1. ^ 「コラム3 廃墟取材のイタイ失敗談」『廃墟本2』(2007年 ミリオン出版)などより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]