イワモトケンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

イワモト ケンチ(Kenchi Iwamoto、1961年 - )は日本の映像作家映画監督漫画家およびイラストレーター愛知県春日井市出身。

経歴[編集]

1982年、横浜放送映画専門学院(現、日本映画学校)シナリオ・ゼミ卒業。

1985年から1989年にかけては漫画家及びイラストレーターとしての活動。「平凡パンチ」や「ヤングマガジン海賊版」などに漫画作品を掲載。連載漫画として『サイボーグ花ちゃん』などがある。作品は『精神安定剤』、『ライフ』にまとめられた。

1990年、漫画家としての活動を終了し、映画監督に転身。初監督作品『菊池』が完成。1991年、『菊池』はドイツベルリン国際映画祭・フォーラム部門に正式出品され、「ヴォルフガング・シュタウテ賞」(新人賞)を受賞。その後、日本で単館公開され、ロンドンパリニューヨークシカゴでも公開された。

1991年3月29日、個人事務所である有限会社イワモケを東京都にて創業。映画監督、映像作家としての活動を本格化。

1993年、監督第2作目の『行楽猿』が完成。スイスロカルノ国際映画祭・コンペティション部門にてオープニング作品として上映された。

1997年、『じょうじなまはげ』を制作。1998年5月、カリフォルニア・サン・インターナショナルアニメーションフェスティバル(California SUN International Animation Festival)にて「ゴールデン・サン」アワード(ベスト・オブ・ザ・フェスティバル)を受賞。1999年1月、The NewYork Festivalsのクラフトアニメーション部門にて「ファイナリスト」アワード(ベスト4)受賞。

単行本作品[編集]

共著

  • THE DICTIONARY OF PEOPLE 001(クラブキング)

監督作品[編集]

  • 菊池(監督・脚本)
    • 1990年製作
    • ベルリン国際映画祭・フォーラム部門正式出品作品。「ヴォルフガング・シュタウテ賞」(新人賞)受賞。
  • 行楽猿(監督・脚本)
    • 1993年制作
    • ロカルノ国際映画祭・コンペティション部門オープニグ作品。
  • CONFIG.SYS(総合演出)
  • サイボーグ花ちゃん(原作・キャラクターデザイン・監督・脚本)
  • ラブラブ・トンマ計画(監督・脚本)
  • 日立爆裂アワー・棒つき人形劇・冒険@アナログ島(監督・脚本)
    • 1996年3月18日及び3月19日、フジテレビにて1話60分、二夜連続放送。
  • ドラマ1996 TOKYO23区の女.#13 北区の女(監督・脚本)
    • 1996年6月28日、フジテレビにて放送。
  • 金曜エンタテイメント 恐い女シリーズ(3) 親切な女(監督・脚本)
    • 1996年8月16日、フジテレビにて放送。
  • じょうじなまはげ(監督・脚本)
    • 1997年に制作されたクレイ・アニメーション作品。
    • 1998年12月23日、株式会社テレビ東京にて放映。
    • カリフォルニア・サン・インターナショナルアニメーションフェスティバル「ゴールデン・サン」アワード(グランプリ)受賞。
    • ザ・ニューヨーク・フェスティバル「ファイナル」アワード(ベスト4)受賞。
  • 美少女H3 〜少女たちの異常体験〜 美人三姉妹心霊ツアー]](監督・脚本)
    • 1999年6月7日 - 6月28日、フジテレビにて全4話放送。

CM作品[編集]

  • サンモール(株式会社サンモール)
  • プローバ(株式会社プローバ)
  • いらっしゃいマシーン(プロミス株式会社)
    • 1995年の作品。
  • トレン太くん(東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本))

等々

脚注[編集]

外部リンク[編集]