岩井秀人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

岩井 秀人(いわい ひでと、1974年6月25日 - )は日本の劇作家演出家俳優。既婚。

経歴[編集]

東京都小金井市出身。大学病院の医師である父と兄から暴力をふるわれる家庭環境から、友人を平気で殴るような子供だった。あるとき友人に殴られたのをきっかけに人の目が気になるようになり[1]、16歳から20歳まで対人恐怖症からひきこもり状態となった[2]。ひきこもっていた間にゲームや映画をたくさん見たことから、俳優になることを決心し、進学のために予備校に通い始める[3]大検を取得し、2001年桐朋学園大学演劇科を卒業。2002年竹中直人の会「月光のつつしみ」に代役として参加したことから口語演劇に目覚める。

2003年に劇団「ハイバイ」を旗揚げ。以後全作品の作・演出を担当。ひきこもりであった自身の経験に基づく自伝的要素を含んだ作品が多い。2007年より平田オリザの劇団「青年団」の演出部に所属する。

2012年、初めて手がけたテレビドラマであるNHKハイビジョン特集ドラマ『生むと生まれる それからのこと』で第30回向田邦子賞を受賞。2013年、『ある女』で第57回岸田國士戯曲賞受賞。

作品[編集]

舞台[編集]

  • ヒッキー・カンクルートルネード(2003)2014年に河出書房新社から同名の小説も発表。
  • ヒッキー・エンゲキリョウホウ(2003)
  • ひどい稽古場(2003)
  • とっとこハムレット!(2004)
  • 五月のマリ(2004)
  • 加納の鼻(2004)
  • クライオー・クライオー(2005)
  • ポンポンお前の自意識に小刻みに振りたくなるんだポンポン(2005)
  • ナナイロニ(2005)
  • ヒッキー・カンクーンエンゲキリョウホウ(2006)
  • 無外流、津川吾郎(2006)
  • おねがい放課後(2007)
  • て(2008)
  • オムニ出す(2008)
  • リサイクルショップKOBITO(2009)
  • て 再演(2009)
  • て(2009)
  • ヒッキー・カンクーントルネードの旅2010(2010)
  • 投げられやすい石(2011)
  • その族の名は家族(2011)
  • 七つのおいのり(2011)
  • ある女(2012)

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

著書[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

脚注[編集]

http://performingarts.jp/J/art_interview/1108/1.html

外部リンク[編集]