ぼぎわんが、来る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぼぎわんが、来る
著者 澤村伊智
発行日 2015年10月30日
発行元 KADOKAWA
ジャンル ホラー小説
日本
言語 日本語
形態 単行本四六判上製
ページ数 352
公式サイト 特設サイト
コード ISBN 978-4-04-103556-6
ISBN 978-4-04-106429-0(文庫判)
Portal.svg ウィキポータル 文学
Portal.svg ウィキポータル 映画
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ぼぎわんが、来る』(ぼぎわんがくる) は、澤村伊智による日本ホラー小説。2015年に「澤村電磁」名義『ぼぎわん』のタイトルで第22回日本ホラー小説大賞の大賞を受賞[1]。後に改題して10月30日、澤村の小説家デビュー作として刊行された。本書に登場する霊媒師姉妹を主人公とした「比嘉姉妹シリーズ」の第1作目。また、2018年に漫画化されている。

2018年12月7日、『来る』のタイトルで実写映画が公開された(詳細は後述)。

執筆背景[編集]

2012年にフリーライターとなった澤村伊智は趣味として執筆を始め、2014年春時点で10作の短編を書き上げていた。そして34歳の節目に自身初めての長編小説に挑戦する。これは都筑道夫『都筑道夫のミステリイ指南』にあった長編執筆の教えと、澤村の好きな作家・殊能将之のデビュー作執筆が34歳のときだったことが理由である。澤村は自身が最も好きな「怖い話」をテーマに書き、友人らに読ませたところ評判がよかったため日本ホラー小説大賞へ応募した[2]

構成[編集]

語り手[編集]

本作は3章構成であり、第1章「訪問者」では新婚でイクメンになったサラリーマン・田原秀樹、第2章「所有者」では彼の妻・田原香奈、第3章「部外者」ではオカルトライター・野崎昆の視点で描かれている[3][4]。澤村は300枚の原稿を書き上げるにあたって、自身が得意とする一人称視点でその長さの長編を書くのが困難であったため、語り手を三交替制とした[2]

恐怖の描写[編集]

本作のタイトルであり、作中にも登場する「ぼぎわん」は澤村オリジナルのおばけである[5]。作中では三重県に伝わる妖怪とされ[6]、古文書による言及が存在する[3]。しかしこれは数世代にわたって「ぼぎわん」が人々から恐れられていたことを表してはいるが[6]、実在の伝承ではない[2]。作中では室町時代に宣教師によって『ブギーマン』と名付けられたものが当時の日本人の発音のなまりで「ぼぎわん」と呼ばれるようになったと説明されている。

本作は"恐怖"を描くことに専念して執筆されている[4]。澤村は執筆にあたって"恐怖"とは何かを考え[2]、人に"恐怖"を与えるのは対象それ自体の姿形や性格ではなく、「人々に恐れられている」ということ自体ではないかと仮説を立てた[6]。つまり、おばけの由来や実害そのものよりも、名前とそれが「怖いという触れ込み」が不気味さと恐怖を掻き立てると考えた[2]。作中では不可解なできごとが重なるが、澤村によると"恐怖"を生み出すのは「何が起こったかより、誰がどんな反応をしたか」である[4]。仮説を実証するために澤村は架空のおばけ「ぼぎわん」を創作し、登場人物たちがそれを恐れる姿を描くことで、読者に"恐怖"を生み出すことを目指した[2][5]。そのため本作では語り手たちのリアクションに重点を置いた描写が徹底されている[6]

批評[編集]

本作は第22回日本ホラー小説大賞にて大賞を受賞している。同賞史上初めて審査員全員の最高評価によって予備選考を通過[3]綾辻行人貴志祐介宮部みゆきによる最終選考でも全会一致で受賞を勝ち取った[3]。「“得体の知れない脅威”が忍び寄るホラーの王道」のみならず、「"今まで正義だと思っていた人間が、角度を変えてみた時に全くの別人に変わる"という人間の怖さ」を描き、高い評価を得たとされる[7]

文芸評論家の東雅夫は、視点人物を変えた3章それぞれに序破急が存在する「構成の見事さ」と、得体のしれない恐怖を読み手に感じさせる「怪異描写の巧みさ」を評価し、「これこそは、文芸ならではのホラー表現の極み」と述べた[3]

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

田原秀樹
第1章の語り手。イクメンに成り立てのサラリーマン。
田原志津
秀樹の祖母。感情を表に出さないが恐ろしい過去を胸に秘めている。
田原銀二
秀樹の祖父。秀樹が物心ついたころには既に寝たきり状態で、認知症を患っていた。
田原久則
秀樹の叔父に当たる人物。幼いころに交通事故に遭い既に故人。
田原澄江
秀樹の母。祖母の志津からある事を受け継いだことがことの発端となる。
高梨重明
秀樹の会社の同僚。秀樹の不審な電話を受け取ったために変死する。
田原香奈
第2章の語り手。秀樹の妻。ノイローゼ気味。
田原知紗
秀樹と香奈の娘。
唐草大悟
大学で民俗学を教えている准教授。秀樹の旧友。
比嘉真琴
野崎が信頼を寄せる霊能力者。髪の色をピンクに染め、パンク系のファッションに身を包んでいる。普段はバー(映画版では風俗嬢)に勤める巫女。
野崎崑
第3章の語り手。オカルトライター、唐草の仲介で秀樹を紹介される。冷静な性格。
逢坂勢津子
琴子に紹介された霊媒師。普段は普通の主婦で家族に隠して冷媒を行っている。温厚な性格。
比嘉琴子
真琴の姉。警察本部及び政府にもコネクションがあり、日本で最強と呼ばれている霊能力者。全国の霊媒師及び除霊師に顔が利き秀樹のために口利きを行う。
村木
福岡県警の刑事で一連の事件で野崎に疑いを向ける。

書誌情報[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

映画[編集]

来る
監督 中島哲也
脚本 中島哲也
岩井秀人
門間宣裕
原作 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」
製作 川村元気(企画・プロデュース)
西野智也
兼平真樹
佐藤満(制作プロデューサー)
製作総指揮 山内章弘
出演者 岡田准一
黒木華
小松菜奈
青木崇高
柴田理恵
太賀
志田愛珠
蜷川みほ
伊集院光
石田えり
松たか子
妻夫木聡
撮影 岡村良憲
編集 小池義幸
制作会社 東宝映画
ギークサイト
製作会社 「来る」製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2018年12月7日
香港の旗 2019年1月23日(予定)
上映時間 134分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

来る』(くる) のタイトルで、小説を原作とした実写映画が2018年12月7日に公開。監督は中島哲也。主演は岡田准一[8]

制作[編集]

本作は中島哲也の自身5年ぶりの監督作品である。中島は原作小説を読んですぐに映画化のオファーを受け[7]、ハイバイの岩井秀人と共同で[8]1年以上かけて脚本を執筆している[7]

2018年2月11日に映画の制作を発表。同時点で映画はクランクインしており、主演の岡田准一は2月中旬から撮影開始が予定された[9]

2018年8月14日には特報が解禁された[10]。なお、宣伝時は「ぼぎわん」という名が隠されている。

2018年11月22日には漫才師の今くるよとのコラボレーション映像が公開された[11]

あらすじ(映画)[編集]

オカルトライター・野崎和浩は身の回りで不可解な出来事が続いているという男・田原秀樹からの依頼を受ける。野崎は、霊媒師の血を引くキャバ嬢・比嘉真琴らと共に調査に乗り出すが、そこで正体不明の訪問者と対峙することになる。

キャスト[編集]

ここでは、映画(映画版オリジナル以外)での設定について記す。

野崎和浩
演 - 岡田准一[8]
フリーのオカルトライター。秀樹に依頼され、得体のしれない脅威に立ち向かう。
田原秀樹
演 - 妻夫木聡[8]
身の回りで怪奇現象が多発するイクメンパパ。子育てブログを書いている。
田原香奈
演 - 黒木華[8]
秀樹の妻。育児ノイローゼ気味。
田原知紗
演 - 志田愛珠
秀樹と香奈の幼い一人娘。オムライスが好物。
比嘉真琴
演 - 小松菜奈[8]
霊媒師の血を引くキャバ嬢で、琴子の妹。野崎のパートナーでもある。
比嘉琴子
演 - 松たか子[8]
日本最強の霊媒師。真琴の姉。
津田大吾
演 - 青木崇高
民俗学者。秀樹とは大学からの知り合いで、親友を自称している。
逢坂セツ子
演 - 柴田理恵
TV出演もしていた有名なタレント霊媒師。近年はメディア露出が減っている。
高梨重明
演 - 太賀
秀樹の後輩社員。社内のムードメーカー的存在で、秀樹によくいじられている。
店長
演 - 伊集院光
香奈が勤務しているスーパーマーケットの店長。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 澤村伊智「ぼぎわんが、来る」(角川ホラー文庫
  • 監督 – 中島哲也
  • 脚本 – 中島哲也、岩井秀人[8]、門間宣裕
  • 製作 - 市川南
  • エグゼクティブ・プロデューサー - 山内章弘
  • 企画・プロデュース – 川村元気[8]
  • プロデューサー - 西野智也、兼平真樹
  • 制作プロデューサー - 佐藤満
  • ラインプロデューサー - 内山亮
  • 撮影 - 岡村良憲
  • 照明 - 高倉進、上野敦年
  • 録音 - 矢野正人
  • 美術 - 桑島十和子
  • 装飾 - 西尾共未
  • スタイリスト - 申谷弘美
  • チーフヘアメイク - 山﨑聡
  • 音楽プロデューサー - 冨永恵介、成川沙世子
  • キャスティングディレクター - 元川益暢
  • VFXスーパーバイザー - 柳川瀬雅英、桑原雅志
  • 編集 - 小池義幸
  • 記録 - 長坂由起子
  • 助監督 - 髙土浩二
  • 制作担当 - 大塚健
  • 配給 – 東宝
  • 製作プロダクション – 東宝映画ギークサイト
  • 製作 - 「来る」製作委員会

ロケ地[編集]

夫の故郷が三重県であるという設定のため、四日市市津市など三重県内6か所でロケーション撮影が行われ、四日市市では2018年2月より円光寺や旧平田家住宅などで撮影された[12]四日市市立図書館では映画を紹介するパネル展を同年11月28日から1か月間開催する[12]

田原一家が住むマンションは埼玉県和光市周辺という設定だが、撮影はJR武蔵野線吉川美南駅近くのマンションで行われた。クライマックスの悪霊祓(はら)いの儀式も同じマンション前の児童公園で行われた。ラストシーンで使用された駅ホームも吉川美南駅が使用されている。

関連商品[編集]

  • オリジナルサウンドトラック(CD1枚組 RBCP-3306)
    • 発売日: 2019年01月09日
    • レーベル:Rambling RECORDS
  • ソフト化
    • Blu-ray豪華版(Blu-ray2枚組 TBR-29153D)
    • DVD通常版(DVD1枚組 TDV-29154D)
    • 発売日: 2019年07月03日
    • 発売・販売元:東宝株式会社

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第22回日本ホラー小説大賞 澤村電磁さん『ぼぎわん』が受賞!”. KADOKAWA. PR TIMES (2015年4月20日). 2018年3月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f タカザワケンジ (n.d.). “著者インタビュー 澤村伊智『ぼぎわんが、来る』”. カドカワストア. KADOKAWA. 2018年3月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e 東雅夫 (n.d.). “澤村伊智『ぼぎわんが、来る』名状しがたい恐怖が肉迫する、最恐の新人デビュー!”. 『本の旅人』2015年11月号. KADOKAWA. 2018年3月18日閲覧。
  4. ^ a b c 朝宮運河 (2015年11月6日). “第22回日本ホラー小説大賞受賞『ぼぎわんが、来る』澤村伊智インタビュー”. ダ・ヴィンチニュース. 2018年3月18日閲覧。
  5. ^ a b 日常の一コマが、恐怖を呼び起こす。「怖いとは何か?」への回答がここにある 『ぼぎわんが、来る』 (澤村伊智 著)”. 本の話WEB. 別册文藝春秋2016年3月号 (2016年3月2日). 2018年3月18日閲覧。
  6. ^ a b c d “「怖い」のはシチュエーション 「ぼぎわんが、来る」著者 澤村伊智さん”. SankeiBiz. (2015年11月8日) (1/3)/(2/3)/(3/3)
  7. ^ a b c 岡田准一×中島哲也監督で恐怖映画!黒木華&小松菜奈&松たか子&妻夫木聡も参戦”. 映画.com (2018年2月12日). 2018年3月18日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i 岡田准一×中島哲也のホラー「来る」、共演に黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡”. 映画ナタリー (2018年2月12日). 2018年3月18日閲覧。
  9. ^ “岡田准一、主演映画「来る」でミステリーホラー初挑戦「脚本怖い」”. スポーツ報知. (2018年2月12日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180212-OHT1T50062.html 2018年3月18日閲覧。 
  10. ^ “岡田准一主演『来る』特報映像&劇中カット初解禁 ついに“来た!””. ORICON NEWS. (2018年8月14日). https://www.oricon.co.jp/news/2117477/full/ 2018年8月14日閲覧。 
  11. ^ “今くるよ×ホラー映画『来る』笑撃のコラボ!”. シネマトゥデイ. (2018年11月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105110 2018年12月26日閲覧。 
  12. ^ a b ホラー映画「来る」 全国公開に合わせ、パネルなどで紹介 津など県内6カ所でロケ 四日市”. 毎日新聞 (2018年11月29日). 2018年11月29日閲覧。
  13. ^ 2018年度日本インターネット映画大賞最終結果”. 日本インターネット映画大賞ブログ (2019年2月8日). 2019年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]