岩谷健司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いわや けんじ
岩谷健司
生年月日 (1970-02-25) 1970年2月25日(51歳)
出生地 日本の旗 日本青森県
ジャンル 俳優
事務所 ディケイド(BIRD LABEL)
テンプレートを表示

岩谷 健司(いわや けんじ、1970年2月25日 - )は、日本俳優青森県出身。ディケイド(BIRD LABEL)所属。

WAHAHA本舗出身。1999年に退団後は「フキコシ・ソロ・アクトライブ」演出助手のほか、村松利史プロデュース公演、山内ケンジがプロデュースする舞台「城山羊の会」[1]などに出演。2010年代中盤より、ドラマ、映画など映像作品への出演も増えている。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

  • ゴッドタン 「私の落とし方発表会」(2016年8月13日・10月29日・2017年2月25日・7月29日、テレビ東京) - カメラマン・岩谷 役[注 1]

配信ドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 岩谷健司プロデュース『隠し砦の三悪人ショー』(2000年)
  • 岩谷健司プロデュース『ソムリエのはらわた』(2000年)
  • 九十九一プロデュース『祭り』(2000年)
  • 岩谷健司プロデュース『SORAOTOKO』(2002年)
  • 岩谷健司プロデュース『零点大将』(2002年、村松利史演出)
  • 岡部たかしプロデュース『着メロにご用心』(2003年、村松利史演出)
  • 午後の男優室『午後の男優室発表会』(2003年、村松利史演出)
  • 午後の男優室『もずく酢』(2003年、村松利史演出)
  • 山内健司の演劇『葡萄と密会』(2004年、山内ケンジ演出)
  • 午後の男優室『登戸』(2004年、村松利史演出)
  • 城山羊の会『新しい歌』(2008年、山内ケンジ演出)
  • たけだあき遅刻『それで、』(2010年、たけだあき演出)
  • 城山羊の会『微笑の壁』(2010年、山内ケンジ演出)
  • 岡部たかし・大地輪子プロデュース『切実』(2011年、岡部たかし演出)
  • 城山羊の会『探索』(2011年、山内ケンジ演出)
  • 城山羊の会『効率の優先』(2013年、山内ケンジ演出)
  • ミステリーナイト『イスカの嘴』(2013年、岡部たかし演出)
  • 城山羊の会『身の引きしまる思い』(2013年、山内ケンジ演出)
  • 昨日の祝賀会『冬の短編』(2013年、岡部たかし演出)
  • 射手座の行動『行動・1』(2014年、ふじきみつ彦演出)
  • 城山羊の会『トロワグロ』(2014年、山内ケンジ演出)
  • 切実『ふじきみつ彦・山内ケンジ傑作短篇集』(2015年、岡部たかし演出)
  • 城山羊の会『仲直りするために果物を』(2015年、山内ケンジ演出)
  • 城山羊の会『水仙の花 narcissus』(2015年、山内ケンジ演出)
  • 城山羊の会『自己紹介読本』(2016年、山内ケンジ演出)
  • 城山羊の会『自己紹介読本』(再演)(2018年、山内ケンジ演出)
  • 城山羊の会『テアトロコント vol.25』(2018年)
  • 切実『切実』(2018年、岡部たかし演出)
  • 城山羊の会『埋める女』(2018年、山内ケンジ演出)
  • 切実『テアトロコント vol.38』(2019年、ふじきみつ彦作、岡部たかし演出)
  • 明後日ホームルーム『業者を待ちながら』(2019年、森岡龍脚本・演出)
  • 首都演劇部旗揚げ公演『スティングガールズ』(2020年、岩崎う大作、仁同正明演出)
  • 城山羊の会『石橋けいのあたしに触らないで!』(2020年、山内ケンジ演出)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]