山崎哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山崎 哲(やまざき てつ、1946年6月21日 - )は、日本の劇作家、評論家。本名・渡辺康徳。

来歴[編集]

宮崎県宮崎市生まれ。宮崎県立宮崎大宮高等学校時代から演劇活動を始める。1970年広島大学文学部中退。上京して、唐十郎状況劇場に入団。

1971年、劇団「つんぼさじき」を旗揚げ。1979年にこれを解散し、流山児祥の「演劇団」を経て、1980年藤井びん竹内一郎らと劇団「転位・21」を旗揚げ。

1981年、『うお伝説』『漂流家族』で岸田国士戯曲賞受賞。1987年、『エリアンの手記』『ジロさんの憂鬱』『まことむすびの事件』で紀伊國屋演劇賞受賞。

1994年水戸芸術館運営委員に就任。「転位・21」の活動を休止。以降は、犯罪、恋愛などに関するテレビのコメンテーター、評論活動を行う。1997年、委員を退任。2001年、「転位・21」を再開し、2002年から「新転位・21」を率いて演劇活動を続けている。

著書[編集]

  • うお傳説 漂流家族 山崎哲戯曲集 深夜叢書社、1982
  • 勝手にしやがれ 克美茂トルコ嬢殺人事件 白水社、1983
  • 子供の領分 戯曲集 思潮社、1983
  • 失語の現在形 深夜叢書社、1984
  • 異族の歌 伊藤素子オンライン詐欺事件 戯曲集 新水社、1984
  • 犯罪の向う側へ 80年代を代表する事件を読む 朝倉喬司 洋泉社、1985
  • エリアンの手記 戯曲集 思潮社、1986
  • 犯罪と家族のあいだ 未來社、1987
  • 子どもの犯罪と死 芹沢俊介 春秋社、1987
  • 事件ブック 春秋社、1989
  • <恋愛>事件 part 1-3 芹沢俊介 春秋社、1989-90
  • 山崎哲戯曲集 思潮社
  1. 「子供の領分」
  2. 「エリアンの手記」
  3. マーちゃんの神曲 1990
  4. 1/2の少女 1990
  5. 骨の鳴るお空 1991
  6. ぼくは十七才 1993
  • 浮遊する殺意 消費社会の家族と犯罪 岸田秀 晩成書房、1990
  • 平成「事件」ブック 春秋社、1993
  • きのうきょうあした 私たちは今どこに立っているのか 近代文芸社、1994
  • 「少年」事件ブック 居場所のない子どもたち 春秋社、1998
  • <物語>日本近代殺人史 春秋社、2000
  • 俳優になる方法 青弓社、2001(寺子屋ブックス)

外部リンク[編集]