タニノクロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タニノ クロウ(たにの くろう、1976年6月13日 - )は、日本劇作家演出家精神科医昭和大学医学部卒業。富山県出身。本名、谷野 九郎(読み同じ)。庭劇団ペニノ所属。

妻は女優安藤玉恵[1]

略歴・活動[編集]

幼少時代は絵画彫刻などを嗜む。

大学入学後に演劇部に所属。2000年、同部のメンバーと「庭劇団ペニノ」を結成・旗揚げ。劇団名の由来は「ペニス」+「タニノ」。

以後、同劇団の脚本演出を担当(初期はチラシ画、美術なども担当)。

2002年、ガーディアンガーデン演劇フェスティバルに参加。

2003年、医師免許取得。以後、病院勤務(精神科)と並行して演劇活動を継続。

通常の劇場での公演とは別に、自宅マンションや野外に劇場を建て込んだり、インスタレーションの様な舞台を嗜好するなど 常に演劇の枠組みを広げる活動を行っている。2007年より、劇団以外での活動(演出)を本格的に開始する。

また、2004年の台湾招聘公演を皮切りに、近年はEU圏(ドイツ・スイス・オランダ・ベルギー・フィンランド・オーストリア・デンマーク・フランスなど)の演劇祭や北米5都市の劇場から招聘を受け、ツアー公演を頻繁に行っており現地での高い評価を受けている。

2008年に「笑顔の砦」、2009年に「星影のJr.」が第52、53回岸田國士戯曲賞白水社)の最終候補作品にノミネートされ、 2016年に自身の出身である富山県を舞台にした作品「地獄谷温泉 無明ノ宿」において第60回岸田國士戯曲賞、2016年度北日本新聞芸術選奨を受賞した。

著書[編集]

  • 『地獄谷温泉無明ノ宿』白水社 2016

脚本・演出作品歴[編集]

  • 『優勝あつかまSLAVES』(作・演出)
  • 『箱庭で傷、採取。』(作・演出)
  • 『僕ら三人夏近くして』(作・演出)
  • 『環と紫煙のアンギュラム』(作・演出)
  • 『PreGardeniaPeningophilia』(作・演出)
  • 『まるでウルトラマリンの鶏肉』(脚本・演出)
  • 『ダークマスター』(脚本・演出/原作:狩撫麻礼泉晴紀
  • 『Mrs.P.P.overeem』(作・演出)
  • 『小さなリンボのレストラン』(作・演出)
  • 『小さなリンボのレストラン(映画版)』(脚本・編集・監督)
  • 『黒いOL』(作・演出)
  • 『Mrs.P.P.overeem(中国語バージョン)』(作・演出)
  • 『ダークマスター』(新版)(脚本・演出)
  • 『アンダーグラウンド』(作・演出)
  • 『笑顔の砦』(作・演出)
  • 『苛々する大人の絵本』(作・演出)
  • 『星影のJr.』(作・演出・構成)
  • 『苛々する大人の絵本』(新版)(作・演出)
  • 『太陽と下着の見える町』(作・演出)
  • 『アンダーグラウンド』(再演)(作・演出)
  • 『チェーホフ ?!』(作・演出)
  • 『エクスターズ』(作・演出)
  • 『誰も知らない貴方の部屋』(作・演出)
  • 『大きなトランクの中の箱』(作・演出)
  • 『水の檻』(作・演出)
  • 『地獄谷温泉 無明ノ宿』(作・演出)
  • 『タニノとドワーフ達によるカントールに捧げるオマージュ』(作・演出)
  • 『ダークマスター2016』(脚本・演出)
  • 『野鴨』(共同脚本・演出/原作:ヘンリック・イプセン
  • 『前と後』(リーディング演出)(作:ローラント・シンメルプフェニヒ、翻訳:大塚直)
  • 『ちっちゃなエイヨルフ』(演出/原作:ヘンリック・イプセン)
  • 『ちいさなブリミロの大きな冒険』(演出/作:ファブリス・メルキオ、翻訳:友谷知己)

脚注[編集]

  1. ^ 川村毅 (2009年12月14日). “そしていろいろ”. 彷徨亭日乗〜川村毅の日記〜. 2012年10月3日閲覧。

外部リンク[編集]