安藤玉恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あんどう たまえ
安藤 玉恵
本名 谷野 玉恵(旧姓:安藤)
生年月日 (1976-08-08) 1976年8月8日(45歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都荒川区西尾久
身長 161 cm
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
配偶者 タニノクロウ
所属劇団 ポツドール(2001年 - 2007年)
事務所 マッシュ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
深夜食堂
さばドル
都市伝説の女
あまちゃん
映画
松ヶ根乱射事件
ぐるりのこと。
夢売るふたり
そらのレストラン
 
受賞
受賞歴の節を参照
テンプレートを表示

安藤 玉恵(あんどう たまえ、1976年8月8日 - )は、日本女優東京都荒川区西尾久出身[1]。本名、谷野 玉恵(たにの たまえ)[2]、旧姓安藤。マッシュ所属。

夫は、劇団「庭劇団ペニノ」主宰で劇作家演出家タニノクロウ[3]。1児の母。

身長161cm、体重53kg。

来歴[編集]

荒川区西尾久の、『孤独のグルメ』にも登場したことのあるとんかつ店「どん平」の娘として生まれる。荒川区立尾久宮前小学校、荒川区立尾久八幡中学校、日本大学第二高等学校卒業。外交官に憧れ、上智大学外国語学部ロシア語学科に進学するも中退[1][2]早稲田大学第二文学部卒業。早大在学中は演劇サークル「早稲田大学演劇倶楽部」にて活動。

大学卒業後、三浦大輔の劇団「ポツドール」に所属し、看板女優として活躍。舞台を見た廣木隆一監督に声をかけられ、2003年、『ヴァイブレータ』で映画デビューし、以後多数の映画に出演[1]2004年には舞台『激情』で日本インターネット演劇大賞最優秀女優賞を受賞。2007年にポツドールを退団。2013年、映画『夢売るふたり』(2012年公開)での演技により第27回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞。

過激な性描写を特色とする「ポツドール」の看板女優だったこともあり、『松ヶ根乱射事件』『夢売るふたり』をはじめ、映画でも大胆な濡れ場を多く演じてきた。

受賞歴[編集]

  • 2004年 日本インターネット演劇大賞最優秀女優賞(舞台『激情』)
  • 2013年 第27回高崎映画祭 最優秀助演女優賞(映画『夢売るふたり』)

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • ポツドール
    • 「身体検査」(2001年)
    • 「メイク・ラブ」(2001年)
    • 「熱帯ビデオ」(2002年)
    • 「男の夢」(2002年)
    • 「激情」(2004年、2007年)
    • 「ANIMAL」(2004年)
    • 愛の渦」(2005年)
    • 「夢の城」(2006年)
    • ポツドール女シリーズ「女のみち」(2006年)
  • 庭劇団ペニノ
    • 「Mrs.P.P.overeem」(2003年、2005年)
    • 「アンダーグラウンド」(2006年)
  • 東京コメディア/狂言「雲水」(2005年)
  • ニセS高原から(2005年)
  • 劇団、江本純子「セクシードライバー」(2009年)
  • 劇団、本谷有希子「甘え」(2010年、青山円形劇場
  • 「クレイジーハニー」(2011年、PARCO劇場
  • ブス会*
  • 直人と倉持の会「夜更かしの女たち」(2013年、本多劇場)
  • M&Oplaysプロデュース公演「結びの庭」(2015年、本多劇場)
  • 東京成人演劇部 vol.1「命、ギガ長ス」(2019年、下北沢ザ・スズナリ 他[30]
  • KUNIO15『グリークス』(2019年11月1日 - 2日、森下スタジオ / 11月10日、京都芸術劇場 春秋座 / 11月21日 - 30日、KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ)
  • 安藤玉恵による"とんかつ"と"語り"の夕べ Vol.1 (2020年)

オリジナルビデオ[編集]

  • THE3名様(2005年)- ウェイトレス役
    • THE3名様 秋は恋っしょ!(2005年)
    • THE3名様 春はバリバリバイトっしょ!(2006年)
    • THE3名様 いい意味でアイラブユー(2007年)

CM[編集]

PV[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 海電(2011年5月、NHK-FM

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 第228回 荒川の人 女優 安藤玉恵さん (PDF)”. ACCほっとタウン (2013年10月). 2014年2月12日閲覧。
  2. ^ a b 桜朋 vol.54 2012”. 日本大学第二学園同窓会. p. 6 (2012年10月1日). 2013年9月14日閲覧。
  3. ^ 川村毅 (2009年12月14日). “そしていろいろ”. 彷徨亭日乗〜川村毅の日記〜. 2013年5月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月3日閲覧。
  4. ^ “「深夜食堂」2015年1月に映画化 ドラマ第3弾も10月放送決定”. 映画.com. (2014年8月15日). http://eiga.com/news/20140815/3/ 2014年12月9日閲覧。 
  5. ^ 橋口亮輔監督「恋人たち」、光石研ら個性派の共演者たちが明らかに!”. 映画.com (2015年5月11日). 2015年5月11日閲覧。
  6. ^ バースデーカード” (2016年5月1日). 2016年5月1日閲覧。
  7. ^ ガンバレルーヤよしこ主演作「Bの戦場」に有村藍里、おのののか、山田真歩ら出演” (2018年4月3日). 2019年3月2日閲覧。
  8. ^ “恒松祐里、濱正悟、浜野謙太が「酔うと化け物になる父がつらい」に出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月8日). https://natalie.mu/eiga/news/327090 2019年4月9日閲覧。 
  9. ^ “「バイプレイヤーズ」新プロジェクト始動!ドラマ24にて1月ドラマ放送&来年春映画化決定!総勢100人超の個性派俳優が本人役で大暴れ!”. (2020年11月27日). https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/drama/entry/2020/022866.html 2020年12月2日閲覧。 
  10. ^ “名脇役100人で「バイプレイヤーズ」映画化! 第1弾キャスト41人を一挙発表”. 映画.com. (2020年11月27日). https://eiga.com/news/20201127/2/ 2020年12月20日閲覧。 
  11. ^ "林遣都×中川大志「犬部!」メンバーは大原櫻子&浅香航大 田中麗奈&岩松了ら新キャスト発表". 映画.com. エイガ・ドット・コム. 23 April 2021. 2021年4月24日閲覧
  12. ^ "林遣都×中川大志『犬部!』に大原櫻子、浅香航大、田中麗奈、岩松了ら追加キャスト10名が集結!". MOVIE WALKER PRESS. ムービーウォーカー. 23 April 2021. 2021年4月24日閲覧
  13. ^ 貫地谷しほり主演『女くどき飯』続編決定 深夜に胃袋と恋心を刺激”. ORICON STYLE (2015年12月11日). 2015年12月11日閲覧。
  14. ^ “滝藤賢一主演 三重発地域ドラマ制作スタート”. NHK PR. (2016年11月30日). http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=06481 2016年11月30日閲覧。 [リンク切れ]
  15. ^ “滝藤賢一 番組主演に「すぐやります」、演技も自信”. 日刊スポーツ. (2016年11月30日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1745393.html 2016年11月30日閲覧。 
  16. ^ 今週の警視庁・捜査一課長 輪ゴムをはめた遺体が連続で発見 大岩&萌奈佳が捜査”. ニュースサイト「毎日新聞」. 毎日新聞社 (2018年6月7日). 2018年6月8日閲覧。
  17. ^ “ドラマ10透明なゆりかご 第1話あらすじ”. (2018年7月21日). https://www.nhk.or.jp/drama10/yurikago/html_yurikago_story_01.html 2018年7月21日閲覧。 
  18. ^ “金子大地がゲイ役で主演「腐女子、うっかりゲイに告る。」、パートナー役に谷原章介”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年2月5日). https://natalie.mu/eiga/news/318767 2019年4月8日閲覧。 
  19. ^ マッシュ - Twitter 2020年4月5日
  20. ^ 原作・内館牧子×主演・三田佳子「すぐ死ぬんだから」8月23日(日)スタート!”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年7月10日). 2020年7月10日閲覧。
  21. ^ “竹内涼真主演「君と世界が終わる日に」追加キャストに大谷亮平、笹野高史、マキタスポーツら (1/2)”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年11月20日). https://thetv.jp/news/detail/1011437/ 2021年1月1日閲覧。 
  22. ^ 松坂桃李さん主演 土曜ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」制作開始”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年11月24日). 2020年11月26日閲覧。
  23. ^ “松坂桃李×渡辺あや、名門大学の不祥事を描く風刺ドラマでタッグ”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年11月25日). https://natalie.mu/eiga/news/406172 2020年11月26日閲覧。 
  24. ^ “松坂桃李、渡辺あやのオリジナル脚本作で主演に 『今ここにある危機とぼくの好感度について』制作決定”. Real Sound (blueprint). (2020年11月25日). https://realsound.jp/movie/2020/11/post-660793.html 2020年11月26日閲覧。 
  25. ^ "阿佐ヶ谷姉妹のエッセイがドラマ化、木村多江と安藤玉恵がのほほんふたり暮らし". 映画ナタリー. ナターシャ. 2 September 2021. 2021年9月2日閲覧
  26. ^ 【よるドラ・のほほん】第1回・場面写真を先行公開”. ドラマスタッフブログ. NHKドラマ (2021年10月5日). 2021年10月20日閲覧。
  27. ^ 木村多江、安藤玉恵が阿佐ヶ谷姉妹役に! よるドラ「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」”. NHK_PR. NHKオンライン (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  28. ^ "木村多江×安藤玉恵 よるドラ「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」11/1(月)スタート!". NHKドラマトピックス. 日本放送協会. 2 September 2021. 2021年9月2日閲覧
  29. ^ “ブス会*「女のみち2020」開幕、安藤玉恵が元カリスマAV女優役でサプライズ出演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2020年10月1日). https://natalie.mu/stage/news/398861 2020年10月2日閲覧。 
  30. ^ [matsuo-suzuki.com “命ギガ長ス|松尾スズキプロデュース 東京成人演劇部 vol.1”]. matsuo-suzuki.com 2021年8月8日閲覧。 
  31. ^ コンバット「ゴキブリ目線」篇”. KINCHO. 2020年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]