佐々木敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐々木 敦(ささき あつし、1964年7月8日 - )は、日本の評論家、元早稲田大学教授。HEADZ代表。雑誌「エクス・ポ」「ヒアホン」編集人。

愛知県名古屋市生まれ。名古屋市立桜台高等学校を経て、早稲田大学卒業。映画、音楽、時評、小説評などを多数の媒体に寄稿する一方、自らの事務所であるHEADZで海外ミュージシャンの昭凱やコンサート、フェスティバルなどの企画制作を手掛ける。2001年、慶応大学環境情報学部の非常勤講師に着任。2002年から慶応大学湘南藤沢キャンパスおよび武蔵野美術大学で非常勤講師。2006年、東京藝術大学非常勤講師。2007年、慶応大学を退職。2010年10月より早稲田大学文化構想学部、教育学部に出講(教育学部の授業は翌年3月まで)。2012年12月、9年務めた武蔵野美術大学を退職。2013年4月より3年間、宮沢章夫の後任として、早稲田大学文学学術院文化構想学部表象・メディア論系の客員教授。2015年6月から、ゲンロン批評再生塾の主任講師。2017年春から多摩美術大学と東京工業大学で非常勤講師。

経歴[編集]

  • 1991年11月に刊行された『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』2号に荒井晴彦畑中佳樹梅本洋一との座談会「映画に向かい合うために 「政治」を失った作家主義、そして90年代の映画批評へ」が掲載される。
  • 1992年6月刊行の『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』4号に寄稿。
  • 1993年、6月発行の『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』8号および12月刊行の同誌10号に寄稿。
  • 1995年5月、編集者原雅明とともに事務所「HEADZ」を立ち上げる。
  • 1997年、音楽誌「Fader」を創刊。
  • 1998年、畠中実企画によるシンポジウム「ポスト・サンプリング音楽論」に、クリストフ・シャルル半野喜弘、久保田晃弘らとともに参加。同年8月発売の『KAWADE夢ムック―'90年代 J-文学マップ』に「'90年代J文学マップ」を寄稿。
  • 1999年11月発売の『KAWADE夢ムック―総特集Jコミック作家ファイルBEST145』にて、一條裕子、砂のインタビューを担当。
  • 2001年3月30日、ミニコミ誌『EsPresso』のイベント企画「NO BLEND Vol.2」として早稲田大学第二学生会館402号室にて「インプロヴィゼーションの起源と根源」と題した講義を行った。
  • 2002年、慶応大学湘南藤沢キャンパスにて春学期の「ポップメディア史」講義を担当。
  • 2002年7月、Akufenを昭凱。
  • 2005年下期、菅聡子とともに『文學界』「新人小説合評」を担当。
  • 2006年、慶応大学湘南藤沢キャンパスにて春学期の「ポップメディア史」講義を担当。
  • 2006年12月11日(月) 「ストリーム」(TBSラジオ)の1コーナー「サウンドパティスリー」で年間ベストソングとして、絢香「三日月」、Salyu「プラットホーム」、曽我部恵一「土曜の夜に」を選曲。
  • 2007年9月~2008年2月、自身の主宰するインディペントレクチャー・スクール「BRAINZ」にて第1期講座「批評家養成ギブス」を開催。大谷能生、木村覚、仲俣暁生、畠中実、森山裕之、そして佐々木自身が講師を務めた。
    • 講座の内容は「ブレインズ叢書」として書籍化されている。
      • 佐々木敦『「批評」とは何か? 批評家養成ギブス』ブレインズ叢書1(メディア総合研究所、2008年12月)
      • 大谷能生『散文世界の散漫な散策 二〇世紀の批評を読む』ブレインズ叢書2(メディア総合研究所、2008年12月)
      • 木村覚『未来のダンスを開発する フィジカル・アート・セオリー入門』ブレインズ叢書3(メディア総合研究所、2009年10月)
      • 松江哲明『質疑応答のプロになる! 映画に参加するために』ブレインズ叢書4(2010年10月)
    • 講座の受講生有志は2008年5月の『春の文学フリマ2008』で批評文集『アラザル』を制作販売した。
  • 2007年12月、「ベクトルズ」(CD-R形式の対談・インタビュー集)第1号発売。
  • 2007年12月20日、雑誌「エクス・ポ」創刊。
  • 2008年1月21日より青山ブックセンター本店にて「エクス・ポ」フェア開催。
  • 2008年2月、「BRAINZ」2期講座の募集開始。講師は小田昌房越川道夫津田大介松江哲明、佐々木。
  • 2008年10月、「BRAINZ」の第3期講座について発表される。赤坂大輔ばるぼら荻原孝文、畠中実、佐々木が講師を務めた。
  • 2009年3月3日、音楽誌「ヒアホン」を創刊。
  • 2013年、月刊文庫情報誌『IN★POCKET』にて阿部和重にインタビュー。
  • 2013年5月、「エクス・ポナイト」開催。
  • 2015年3月、東浩紀とともに「ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾」を始動させる。
  • 2017年4月、『すばる 5月号』にて連載「アートートロジー」を開始。

イベントへの出演、または主宰イベント[編集]

  • 2006年7月29日~30日、渋谷アップリンクファクトリーにて佐々木の企画による「第一回批評サミット:批評家トライアスロン!」を開催。
  • 2007年10月21日(日)17:00~19:00 青山ブックセンター本店にて「ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3 発売記念トークショー」と題して渋谷慶一郎東浩紀とトークショー。
  • 2008年3月15日(土)13:00~ 「『エクス・ポ』第2号発刊記念インストア・イベント」タワーレコード新宿店
    • 2部構成で、前半はホース(宇波拓、泉智也)のライブ、後半は佐々木、アート・ディレクター戸塚泰雄、ホースによるトーク・セッション。
  • 2008年3月29日(土)18:00~20:00 「文芸批評から遠く離れて」青山ブックセンター本店
    • 『絶対安全文芸批評』刊行を記念した、東浩紀との対談。
  • 2009年1月17日(土)15:00~16:30 「佐々木敦さん×大谷能生さんトークイベント&サイン会」ブックファースト新宿店
    • ブレインズ叢書『「批評」とは何か?』『散文世界の散漫な散策』の刊行を記念した対談。
  • 2009年1月22日(木) 「ながくトーク(さよなら地獄)」ジュンク堂新宿店
    • 『批評とは何か? 批評家養成ギブス』および前田司郎『大木家のたのしい旅行』の刊行を記念した、前田との対談。
  • 2009年6月21日(日) 「リターン・オブ・ザ・エクス・ポナイト!!!」渋谷O-nest
  • 2010年1月20日(水) 「『クォンタム・ファミリーズ』刊行記念トーク」ジュンク堂書店新宿店
  • 2010年11月7日(日) 早稲田祭にてUNKNOWNMIXER a.k.a. 佐々木敦としてDJ。
  • 2011年12月17日 「未知との遭遇は如何にして可能か?」と題して千葉雅也と対談。
  • 2011年12月22日 「テン年代のリアルとは?」と題して大澤真幸と対談。
  • 2014年9月8日 「「音楽」の「出口」とは何か?」と題して小沼純一と対談。
  • 2014年9月26日 「ホセ・ドノソとラテンアメリカ文学ブームの作家たち」と題して寺尾隆吉と対談。
  • 2014年9月28日(日) 青山ブックセンター本店にて「メタフィクションの極意と掟、そしてパラフィクションの誕生?」と題して筒井康隆と対談。
  • 2014年10月22日 「読むことのはじまりに向かって?」と題して渡部直己と対談。
  • 2015年1月10日~11日 「エクス・ポポポポナイト!」TSUTAYA O-nest
    • 「エクス・ポナイト」を復活させたイベント。
    • 10日には毛玉、工藤冬里×豊田道倫のライブ、杉本佳一×バストリオのライブとパフォーマンスが行われるほか、さやわか速水健朗、佐々木によるトーク『ニッポンの音楽のゆくえ』、椹木野衣と佐々木によるトーク『アート、音楽、そして批評』、豊崎由美矢野利裕、佐々木によるトーク『テン年代の小説論』が開催された。11日には、ju seiに中川理沙と村野瑞希(ザ・なつやすみバンド)、テンテンコと滝沢朋恵のユニット「フロリダ」などが参加したju sei et fillesのライブと、ニューヨークから帰国した蓮沼執太のライブ、東葛スポーツのパフォーマンス、菊地成孔と佐々木によるトーク『ゴダールは3Dの夢を見るか?』、磯部涼九龍ジョー、佐々木によるトーク『音楽の“現場”はどこにあるか?』が行われた。
  • 2015年9月28日 講談社にて「日本のロックを語り尽くそうぜ!」と題して川﨑大助と対談。
  • 2017年9月9日 武蔵野美術大学美術館にて長沢秀之と対談。

人物[編集]

  • 中学校でも高校でも生徒会長であった。
  • 早稲田大学での教え子に深沢レナがいる。佐々木は深沢の第一詩集『痛くないかもしれません』(七月堂、2017年10月)の帯文にコメントを寄せている。
  • アニメーション作家の山村浩二は高校時代の同級生。
  • 武蔵野美術大学ノイズ研究会の顧問を務めた。
  • 映画監督清原惟は武蔵野美術大学での教え子である。
  • 2018年5月9日にゲンロンカフェで開催された「批評再生塾 第4期キックオフ&第3期大反省会!!!!!!──ゲンロン 佐々木敦 批評再生塾 第4期 募集説明会」において、「人は失敗もするし、運命から逃れられないけれど、そんな自分やこの世界が自分にとって正しいものであるという理論をどうやって自分の中に構築していくかが問題だ。詭弁で自分に納得させていくということではなく、他者にとっても正しいものにできれば、もう世界は組み変わっているといえる。批評の力は自分だけを救うものではなく、社会を変える可能性をもつ」と自らの批評観を語った[2]
  • 1994年に活動をスタートした、オーストリアのウィーンに本拠を置く音楽レーベル「メゴ」からリリースされた作品を「エクストリミズム」と呼んでいる。また、『InterCommunication』No.26 特集=音楽/ノイズ「テクノイズ・マテリアリズム??メタ=エレクトロニクス・ミュージック」で、「メゴの電子音響作品は、高周波、低周波ともに可聴範囲ぎりぎり(あるいはそれを超える範囲)までカヴァーしているだけでなく、音量的にも微小から爆音まで異常なまでに幅広い。リスナーの聴覚を拡張させ、ときには多大なダメージを強いることもある、その極端さへの志向は、既存の電子音楽プロパーよりも、いわゆるノイズ・ミュージックとの親近性を強くもっている」と述べた。

著書[編集]

  • 『映画的最前線 1988-1993』水声社 1993
  • 『カルト・ムービーズ こだわりの映画読本』キーワード事典編集部共編 洋泉社 1993
  • ゴダール・レッスン あるいは最後から2番目の映画』フィルムアート社 1994
  • 『テクノイズ・マテリアリズム』青土社 2001
  • 『ポスト・テクノ(ロジー)ミュージック―拡散する「音楽」、解体する「人間」』久保田晃弘, 椹木野衣との共著 大村書店、2001年12月。
  • 『ex-music』河出書房新社 2002
    • 2014年7月、新編集版として『ex-music〈L〉ポスト・ロックの系譜』『ex-music〈R〉テクノロジーと音楽』に分冊された(ともにアルテスより)。
  • 『テクノ/ロジカル/音楽論 シュトックハウゼンから音響派まで』リットーミュージック 2005
  • 『ソフトアンドハード ラジカル・ポップ・クリティック1995-2005』太田出版 2005
  • 『(H)ear ポスト・サイレンスの諸相』青土社 2006
  • 『絶対安全文芸批評』Infasパブリケーションズ 2008
  • 『Linernotes』青土社 2008
  • 『「批評」とは何か? 批評家養成ギブス』メディア総合研究所 2008(ブレインズ叢書)
  • 『ニッポンの思想』講談社現代新書 2009
  • 『文学拡張マニュアル ゼロ年代を超えるためのブックガイド』青土社 2009
  • 『即興の解体/懐胎 演奏と演劇のアポリア』青土社 2011
  • 『小説家の饒舌』メディア総合研究所 2011
  • 『未知との遭遇 無限のセカイと有限のワタシ』筑摩書房 2011 ISBN 4480842985
  • 『批評時空間』新潮社 2012
  • 『シチュエーションズ 「以後」をめぐって』文藝春秋 2013
  • 『「4分33秒」論』Pヴァイン 2014
  • 『あなたは今、この文章を読んでいる。 パラフィクションの誕生』慶應義塾大学出版会 2014
  • 『ニッポンの音楽』講談社現代新書 2014
  • 『ゴダール原論 映画・世界・ソニマージュ』新潮社 2016
  • 『ニッポンの文学』講談社現代新書 2016

評価[編集]

  • 朝日新聞社の藤生京子は、2009年9月の記事「思想をもっと「つまる」ものに 批評家・佐々木敦さん」において佐々木の活動を「業界の外側に立って、世間に知られていないマイナーな作品を発見」し「マージナル(周縁的)でとっぴな表現を取り上げていく」ものだとした[3]
  • 美学・聴覚文化論研究者の金子智太郎はHeadz「ヒアホン」および佐々木の一連の著作について、『インターコミュニケーション』や、大谷能生「EsPresso」、針谷周作「salon」(1999年創刊)などとともに日本におけるサウンド・アート批評の蓄積をなすものとして評価している[4]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “ポップメディア史でミュージシャンのDCPRG・菊地成孔氏が講演 | SFC CLIP” (日本語). SFC CLIP. https://sfcclip.net/2002/07/4129/ 2018年7月4日閲覧。 
  2. ^ 批評とはなにかを定義せよ。 – 新・批評家育成サイト” (日本語). 新・批評家育成サイト. 2018年6月28日閲覧。
  3. ^ Company, The Asahi Shimbun. “asahi.com(朝日新聞社):思想をもっと「つまる」ものに 批評家・佐々木敦さん - 文化トピックス - 文化” (日本語). www.asahi.com. 2018年6月28日閲覧。
  4. ^ [シリーズ6:“音”の現在形]聴くこと、見ること、知覚すること──音=楽=アートの現在形:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形|美術館・アート情報 artscape” (日本語). artscape.jp. 2018年6月30日閲覧。