高嶺格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高嶺 格(たかみね ただす、1968年 - )は、日本の演出家美術家。パフォーマンス、映像、彫刻などの作品を国内外で発表している。 秋田公立美術大学ビジュアルアーツ専攻准教授

経歴[編集]

1991年京都市立芸術大学工芸科漆工専攻卒業。1999年岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー卒業。

1993年から1997年まで、ダムタイプのパフォーマーとして参加した。

主な作品にNPO丹波マンガン記念館内坑道跡「在日の恋人」2003年、せんだいメディアテーク「[大きな休息]明日のためのガーデニング1095㎡」2008年など。

展覧会[編集]

  • NPO丹波マンガン記念館内坑道跡「在日の恋人」2003年
  • ベネチアビエンナーレ2003年
  • 釜山ビエンナーレ2004年
  • せんだいメディアテーク「『大きな休息』明日のためのガーデニング1095㎡」2008年
  • 水戸芸術館「高嶺格のクールジャパン」2013年
  • 秋田県立美術館県民ギャラリー「てさぐる展」2014年
  • 霧島アートの森「とおくてよくみえない」2015年
  • PARASOPHIA(京都国際現代芸術祭)「地球の凸凹」インスタレーション2015年

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 『境界線上の開拓者たち18 高嶺格』斎藤環 美術手帖 2006年3月(Vol.58 No.877)
  • 『ARTIST INTERVIEW 高嶺格』美術手帖 2011年4月(Vol.63 No.950)
  • 『PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭2015 公式カタログ』2015年3月、京都国際現代芸術祭組織委員会
  • 『美術家・高嶺格氏鹿児島で個展開催』読売新聞、2011年11月22日夕刊
  • 『社会に潜む「抑圧」を表現 現代美術家・高嶺格さん、水戸で個展』朝日新聞、2013年1月11日

外部リンク[編集]