坂口博信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかぐち ひろのぶ
坂口 博信
Hironobu Sakaguchi 20070706 Japan Expo 2.jpg
Japan Expo 2007(フランスパリ)にて
生誕 (1962-11-25) 1962年11月25日(54歳)
日本の旗 日本 茨城県日立市
出身校 横浜国立大学工学部電子情報工学科中退
職業 ゲームクリエイター
シナリオライター
映画監督
活動期間 1983年 -
代表作 ファイナルファンタジーシリーズ
クロノ・トリガー
活動拠点 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ハワイ州ホノルル

坂口 博信(さかぐち ひろのぶ、1962年11月25日 - )は、日本ゲームクリエイターシナリオライター映画監督。ゲーム制作会社ミストウォーカーCEO茨城県日立市[1]出身。愛称はヒゲ。『ファイナルファンタジーシリーズ』の生みの親である。

経歴[編集]

茨城大学教育学部附属中学校を経て茨城県立水戸第一高等学校卒業、横浜国立大学工学部電子情報工学科中退。

小学校ではピアノを、中学校ではフォークギターを、高校ではミュージシャンを目指していた(その当時はテレビゲームは嫌いで、触りもしなかった)[2]。大学では、Apple IIで『ウィザードリィ』『ウルティマ』の虜になり、オールBASICアドベンチャーゲームなどを作り、当時設立して間もないスクウェアに応募[2]

  • 1983年 - 電友社のソフト開発部門であったスクウェアに入社。
  • 1986年 - 株式会社スクウェア設立。取締役企画・開発部長に就任。
  • 1991年 - 同社代表取締役副社長に就任。開発部門を統括する立場となる。
  • 1995年 - Square LA,Inc(後にSquareUSA,Inc)取締役社長兼任。
  • 2001年 - スクウェアを退社。
  • 2004年 - ミストウォーカー設立。CEOに就任。
  • 2015年 - ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス(GDC、ゲームクリエイターを対象とした世界最大規模のカンファレンス)2015で生涯功績賞を受賞[3]

スクウェアにて[編集]

1983年アルバイトとして大学の同級生だった田中弘道と共にスクウェアに入社。その後PCソフトやファミコンソフトを制作していたが振るわず、市場からの撤退を考えていた時期に最後の望みを託して彼の総指揮の下制作されたのが、『ファイナルファンタジー』である。このソフトの大ヒットの結果、スクウェアは大手ゲーム開発会社として成長していった。

FF3』制作時、実家が火災に遭い母親を亡くしたこと、編集者鳥嶋和彦に「なぜFFはだめなのか」説教されたことをきっかけに、物語を重視するようになった[4]

長年開発トップとして『FF』シリーズ、『クロノ・トリガー』などの制作を主導した。優秀な人材を集める事でも成果を発揮し、タイトルラインナップや作品クオリティが強化されたスクウェアは90年代にかけて黄金時代を築く事になる[要出典]

当時の『FF』チームは体育会系のノリであり、新人がこのチームに入ると「甲子園を目指すような気分になる」と話すことから、熱気・パワーがゲームの中に入っていたと答えていた[2]。また、仕様書・企画書を書かず、坂口自身は古いやり方を壊すのが好きだった[2]

2001年に同社の経営が創業初の赤字に転落する見通しとなったため、2月に責任を取って代表取締役会長らと共に副社長を辞任。以後スクウェアとは専属契約のエグゼクティブプロデューサーとして関わるようになった[5]

ミストウォーカー設立[編集]

2004年ゲーム制作会社ミストウォーカーを設立。

同社はタイトル開発前の準備作業に時間をかける事が可能な少数規模体制であり、実開発作業は外部とのコラボレーションを基本として、フリーのクリエイターとも積極的に提携していく事を旨としているようである[要出典]坂口はミストウォーカーに関して「クリエイターが集まれる宿のようになれれば」と語っている[要出典]

ミストウォーカー始動後には、これからの自身のゲームクリエイターとしてのゲーム作品に対するスタンスの一部を明かしている[要出典]その要旨は作品において、坂口がみずからシナリオ・ゲームデザインを手掛けるというもの。坂口はそれらシナリオ、システムに散りばめた要素を、ユーザーに伝えたい自身の「こだわり」であると位置づけている。また、システム面も含めた坂口のシナリオライティングでは、その連動性も図られる。[要出典]

加えて、近年においても映画の制作は機会があれば挑戦したい、といった発言も度々見られた[要出典]

ファミ通』との共同でコンテストが開催され、そこから幾人かのクリエイターと契約をしている[要出典]

Xbox 360用ソフト『ブルードラゴン』、『ロストオデッセイ』、Wii用ソフト『ラストストーリー』などを制作した。Xbox 360用ソフトとして発売が予定されていたアクションRPG『クライオン』は開発中止となった。

現在はハワイ在住。ハワイと日本、それぞれに制作スタッフがおり開発を行なっている。

作品[編集]

ゲーム[編集]

スクウェア在籍時代[編集]

ミストウォーカー在籍時代[編集]

映画[編集]

作詞[編集]

  • 封印解放 (ブルードラゴン)
  • 亡魂咆哮 (ロストオデッセイ)
  • 翔べるもの (ラストストーリー)
  • High Sky (テラバトル)

脚注[編集]

  1. ^ 熊本 故郷の風景 MISTWALKER (2009年4月22日) 2014年3月閲覧。インターネットアーカイブ 2016年4月閲覧。
  2. ^ a b c d 柴尾英令笠井修 『ゲームデザイナー入門』 小学館、1994年ISBN 4092202059 [要ページ番号]
  3. ^ GDCアワード・生涯功労賞を受賞した、坂口博信氏のコメントをお届け【GDC 2015】 ファミ通.com (2015年3月5日)
  4. ^ "運命のようなもの"が働いていた?……坂口博信が自作ゲームからFINAL FANTASYに辿り着くまで ニコニコ自作ゲームフェス (2015年4月20日) 2016年4月閲覧。 ウェブ魚拓 2016年4月閲覧。
  5. ^ 坂口博信氏がスクウェアを辞任! ファミ通.com (2001年2月8日) 2015年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]