六道神士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

六道 神士(りくどう こうし、1970年11月16日 - )は、日本漫画家福岡県太宰府市出身。九州産業大学卒業[1]。代表作は『エクセル・サーガ』など。

経歴など[編集]

1990年代から同人サークル「げんこつ団(18禁)」「下僕堂(18禁)」に参加、「六道館」を主宰する[2]

1994年、『カイザーペンギン』(辰巳出版)に掲載の『ダブルインテンション』でデビュー。同年同誌上で『市立戦隊ダイテンジン』の連載が始まる。この作品は全9話が連載されるが、同誌の休刊に伴い終了。

その後、1996年に『市立戦隊ダイテンジン』の設定を一部流用、エロ要素を徹底的に排除した形で『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)誌上にて『エクセル・サーガ』の連載を開始。本作は、1999年にテレビアニメ化される。同じく1996年から始まった『ホーリーブラウニー』も『激漫』掲載の短編に端を発している。

また同人活動においては、男性向け作品をはじめ、自身が描いた作品に登場するキャラクターについての解説本などを発行している[2]

作品リスト[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 卒業生 - 九州産業大学芸術学部”. 九州産業大学 芸術学部. 2013年6月12日閲覧。
  2. ^ a b 伊藤真広、村中宣彦(編)、2006、「【プロ作家】→【同人名義】データベース」、『ゲームラボ特別編集「現代視覚文化研究」』、三才ブックス ISBN 4-86199-061-0 p.193 「六道館」を主宰し始めたのが1990年代からであったこと・同人活動の内容について参照した。

外部リンク[編集]