假屋崎省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かりやざき しょうご
假屋崎 省吾
生誕 (1958-12-17) 1958年12月17日(58歳)
東京都練馬区
国籍 日本の旗 日本
出身校 早稲田大学文学部
職業 フラワーアーティスト

假屋崎 省吾(かりやざき しょうご、1958年12月17日 - )は、日本フラワーアーティスト東京都練馬区出身。AB型。

略歴[編集]

園芸好きの両親のもとに生まれ、自称「園芸少年」であった小学生の頃から、NHK趣味の園芸』『きょうの料理』『婦人百科』を定期購読していた。明治大学夜間学部を経て、早稲田大学文学部に入学。在学中の1983年、「自分を表現するための職業を考えたとき、好きな花で自己表現できるのではないか」と考え、いけばな「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏に師事する。映画監督でもあった宏が「いけばなで、それを仕事として独立する気概を持った人」を育てるべく設けた「男子専科」の初期メンバーであった。

早稲田大学卒業間近の1985年末に父親が急逝し、一旦は就職するが3か月で退職し、アルバイトをしながらいけばなに専念。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞など数々の賞を受賞し、財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任。1992年に現在の事務所を設立する。「假屋崎省吾 花・ブーケ教室[1]」を主宰し、草月流の基本に留まらず、ブーケなどの指導もしている。

1996年アメリカ合衆国大統領クリントン来日時、1997年チリ大統領来日時、1998年イタリア大統領来日時や、1999年今上天皇在位10周年記念式典に於いて、花の総合プロデュースを務める。単に花を生けるということだけでなく、空間芸術家としての視点を持った作品を手がけている。

日本各地で個展を開催しているが、毎年秋の目黒雅叙園での個展は本人の企画で、教室展も催される。目黒雅叙園の保存建築「百段階段」は、国の登録有形文化財に登録されており、普段は公開されていない。その華美な装飾で埋め尽くされた空間に大がかりな作品も生ける。近年は地方の歴史的建築物にも意欲的に挑んでおり、まちおこしにも貢献している。

人物[編集]

  • 個展の開催、教室での指導、本の出版、花に関わるビジネス、そしてタレントという5つの仕事をしている。
  • 「花は心のビタミンです」がモットー。
  • 美輪明宏のおっかけ(本人公認)を自認しており、美輪から「美をつむぎ出す手を持つ人」と評される。
  • 10代の頃はピアニストを目指していたこともあり、クラシック音楽を好む。舞台美術を手掛けることはもとより、音楽会での演奏家とのコラボレーションとして、演奏とともに舞台上で花を生けることも多い。
  • 料理が得意で、近年はレシピ本も執筆している。
  • ガラス花器の制作を長年やっており、個展ではガラス工場で自ら成型した花器にも作品が生けられる。
  • 假屋崎という苗字は鹿児島県にあり、鹿児島県日置市が父親の出身地である。假屋とは薩摩藩代官所を指すが、本人は假屋崎という地名があったと話している。ちなみに、鹿児島県出身の綾小路きみまろの本名も假屋である。

母親は長野県上田市の出身である。

主な活動[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2009年8月までは「假屋崎省吾花教室」と称していた。
  2. ^ シネマトゥデイ記事
  3. ^ ‘Au-dela de l'espace-temps, la magie de Shogo Kariyazaki’
  4. ^ a b c d e f 假屋崎省吾のTV出演履歴一覧”. ORICON STYLE オリコン芸能人事典. オリコン. 2013年5月25日閲覧。

外部リンク[編集]