1951年の日本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1951年の日本(1951ねんのにほん)では、1951年昭和26年)の日本出来事流行・世相などについてまとめる。

他の紀年法[編集]

日本では、西暦の他にも以下の紀年法を使用している。なお、以下の紀年法は西暦と月日が一致している。

在職者[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

社会[編集]

政治[編集]

女性史[編集]

交通[編集]

道路[編集]

鉄道[編集]

航空[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

音楽[編集]

演劇[編集]

宝塚歌劇団

映画[編集]

ラジオ[編集]

コマーシャル[編集]

キャッチフレーズなど 商品名 メーカー 出演者 音楽
精工舎の時計がただいま7時をお知らせしました
※日本初のラジオコマーシャル
- 服部時計店 - -
♪僕はアマチュア・カメラマン
※日本のコマーシャルソング第1号
- 小西六写真工業 - 三木鶏郎(曲)・灰田勝彦(歌)

スポーツ[編集]

野球
相撲
バレーボール

誕生[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

(+ 2021年

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

崩御・死去[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 31e「民間航空再開」
  2. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 31f「アジア陸上競技大会参加」
  3. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 31b「マ元帥の解任」
  4. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 31d「国電桜木町の惨事」
  5. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 32b「追放解除の加速」
  6. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 31c「貞明皇后ご逝去」
  7. ^ a b c 32名が犠牲に…バス爆発事故を引き起こしたのは「映画のフィルム」だった現代ビジネス、講談社、2020年11月13日
  8. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 31a「平和条約締結」
  9. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 32d「社民党分裂」
  10. ^ 読売新聞世論調査部 1996, p. 32a「日米親善野球」
  11. ^ 本日テナーの片山広明が亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。”. 地底レコード (2018年11月13日). 2020年11月13日閲覧。
  12. ^ 斎藤洋介さん急逝 体調急変、救急搬送も 所属事務所「急なことで、実感わかない」 - Sponichi Annex 2020年9月20日
  13. ^ “斎藤洋介さん死去 亡くなる前日には来年の仕事の話もしていた”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2020年9月20日). https://www.daily.co.jp/gossip/2020/09/20/0013712363.shtml 2020年12月15日閲覧。 
  14. ^ “名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病”. sanspo. (2020年9月20日). https://news.yahoo.co.jp/articles/f3b51990c012e65269fac3938c78c4a75bfe03e9 2020年11月10日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 読売新聞世論調査部、1996、『10大ニュースに見る 戦後50年』、読売新聞社 ISBN 4-643-96018-3

関連項目[編集]