荒川真嗣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒川 眞嗣(あらかわ まさつぐ、1964年3月4日[1] - )は宮城県出身[1]監督アニメ演出家アニメーター荒川真嗣クレジットされることがある。

経歴[編集]

学校法人南光学園 東北高等学校1982年に卒業。宮崎駿のファンで、テレコム・アニメーションフィルムの新人募集に応募して落選するも、大塚康生から亜細亜堂を紹介されて入社[1]1985年に亜細亜堂からテレビアニメおねがい!サミアどん』でデビュー。1988年にIGタツノコ(現・Production I.G)へ移る。以後、同社を拠点に活動し[2]シンエイ動画を中心に数多くの他社制作作品に携わる。

1996年からProduction I.Gで押井守が主宰していた押井塾に参加。いくつもの企画を提出して、同塾で初のA評価を押井守から下された。同塾に参加した神山健治からは「器をまとめるのがうまい」と言われた[3]

絵柄はペーター佐藤とアニメーターの大川弘義からの影響を受けたとしており、リアルでシンプルな絵柄を好む[2]1998年にはProduction I.Gがアニメパートを制作したゲーム『雪割りの花』ではキャラクターデザイン作画監督を担当し、アニメーターの湯浅政明はそのシンプルなデザインがいいと発言していた[4]

I.Gを離れた後はスタジオロンに在籍し、同社オリジナル作品『大きな瞳のフウ』の監督とキャラクターデザインを手がける予定だったが、同社の閉鎖によって立ち消えとなり、フリーランスに転じる。メインスタッフとして作品に参加する場合は谷津美弥子が、脚本家(シリーズ構成)は、山田隆司井上美緒(めちゃモテ委員長セカンドコレクションを除く[5])と組むことが多い。

参加作品[編集]

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

映画[編集]

Web アニメ[編集]

ゲーム[編集]

  • 雪割りの花 (1998) キャラクターデザイン、ビジュアルコンセプト、絵コンテ、作画監督

その他[編集]

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 「'86年のホープを捜せ! 56人」『アニメージュ』1986年1月号、徳間書店、p.28
  2. ^ a b 『V VERSION』1990年9月号、みのり書房、p.10
  3. ^ 「押井塾からBLOOD THE LAST VAMPIREへ」『キネマ旬報』2000年12月上旬号、キネマ旬報社。
  4. ^ 小黒祐一郎「第4回 湯浅政明」『この人に話を聞きたい アニメプロフェッショナルの仕事 1998-2001』飛鳥新社、2006年11月2日、ISBN 4-87031-758-3、68頁。
  5. ^ これは、山田と井上が、めちゃモテ委員長と同じバンダイがスポンサーである 『ハートキャッチプリキュア!』の脚本に参加しているため。
  6. ^ “福山潤さん・野口衣織さん(=LOVE)・鳥海浩輔さんら出演、代アニをモチーフにしたオリジナルアニメ『走り続けてよかったって。』BS11他で10月8日放送決定!”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年9月1日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1535772354 2018年9月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]