百錬の覇王と聖約の戦乙女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
百錬の覇王と聖約の戦乙女
ジャンル ファンタジー
小説
著者 鷹山誠一
イラスト ゆきさん
出版社 ホビージャパン
掲載サイト 読める!HJ文庫(外伝)
レーベル HJ文庫
連載期間 2017年4月2日 - 14日(外伝)
刊行期間 2013年8月 -
巻数 既刊16巻(2018年6月30日現在)
漫画
原作・原案など 鷹山誠一(原作)
ゆきさん(キャラクター原案)
作画 chany
出版社 ホビージャパン
掲載サイト コミックファイア
(旧コミックHJ文庫)
レーベル ホビージャパンコミックス
発表期間 2015年2月13日 -
巻数 既刊3巻(2017年6月27日現在)
アニメ
原作 鷹山誠一
監督 小林浩輔
シリーズ構成 高橋ナツコ
キャラクターデザイン いとうまりこ
音楽 横関公太
アニメーション制作 EMTスクエアード
製作 ユグドラシル・パートナーズ
放送局 TOKYO MXBS11AT-X
放送期間 2018年7月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベルアニメ
ポータル アニメ

百錬の覇王と聖約の戦乙女』(ひゃくれんのはおうとせいやくのヴァルキュリア)は、鷹山誠一による日本ライトノベル。イラストはゆきさんが担当している。HJ文庫ホビージャパン)より2013年8月から刊行されている。

あらすじ[編集]

月宮神社には、様々な都市伝説を抱える御神体の鏡がある。中学二年生の少年「周防勇斗」は、一つ年下の幼馴染「志百家美月」と共に肝試しの証拠として御神体をスマートフォンで撮影するが、直後に不思議な呪文が聞こえ、気づけば異世界「ユグドラシル」へと誘われていた。

言葉も通じない世界に召喚され、氏族達の争いに巻き込まれてしまった少年。武器一つ扱うことの出来ない少年は、スマートフォンから得た先人の知恵と知識を駆使し、多くの仲間に支えられながら現実世界に帰る方法を探す。

登場人物[編集]

※声は、テレビアニメ版 / ドラマCD版の声優の順。1人だけの記載で注記のない場合は、テレビアニメ版の声優を示す。

周防 勇斗(すおう ゆうと)
声 - 酒井広大[1] / 島崎信長
本作の主人公。物語開始時は「狼」の氏族を束ねる宗主(パトリアーク)で、後に複数の氏族を束ねる「鋼」の宗主となる。普段は自覚するほど他人に甘い人物で、年上にはたとえ部下であっても敬語を使ってしまう性格だが、仲間を傷つける者や義理を欠くような行動には容赦がない。
ユグドラシルには存在しない道具や武器の作り方、まだ編み出されていない戦術などをスマートフォンから得られる。しかしそれらを実際に作り出したり実行する術を持たないため、召喚された当初は「スコル(無駄飯食らいの意)」と呼ばれ蔑まれていた。徐々に周りの信頼を得て協力を仰ぎ、スマートフォンから得た知識を活かす術を得ることで存亡の危機にあった「狼」の氏族を救い出し宗主となった。
自分の強さは所詮借り物の力であると常に意識しており、宗主になった当初は「自分は宗主の器ではない」と卑下していた。しかし怒りを露わにした際の覇気は他者を圧倒するものがあり、単純な殴り合いであれば決してかなわないであろう相手をも威圧する。フェリシア曰く「(勇斗が)もし知識だけの人間ならば、歴戦の勇者達が彼に従ったりするものか」とのこと。
フェリシア
声 - 末柄里恵[1] / 戸松遥
女性的な魅力に富んだ美女で、勇斗の副官。エインヘリアルと呼ばれる特別な力を持つ人物の一人で「無貌の従者(スキールニル)」のルーンを持ち、「賢狼(ラーズスヴィズ)」の二つ名で呼ばれる。大抵のことはこなせる反面、どれも専門家には敵わないのが本人も自覚する欠点。
「狼」を救うために勝利の御子を召喚する儀式を行い、勇斗をユグドラシルに呼び込んだ張本人。周囲の者が勇斗をスコルと蔑む中、彼を信じて支え続けた数少ない人物。そのため勇斗もフェリシアには絶大な信頼を寄せている。
10代で結婚するのが一般的とされるユグドラシルだが19歳(物語開始時)でも未だ独身であり、それを深く気にしているためフェリシアの前では年齢と結婚の話はご法度とされている。ただし年齢の数え方が現実日本と異なり、日本の数え方で考えると17歳となる。
ジークルーネ
声 - 伊達朱里紗[1] / 種田梨沙
長く美しい銀髪を持つ細身の少女。エインヘリアルの一人で「月を食らう狼(ハティ)」のルーンを持ち、「最も強き銀狼(マーナガルム)」の称号を与えられた狼屈指の戦士。「狼」の中でも特に勇斗を心酔しており、頭を撫でられ喜ぶジークルーネを見たフェリシアは「忠犬」と評した。勇斗の言動を逐一賞賛するため、勇斗からは「褒めすぎ」と釘を刺されることもしばしば。
勇斗がユグドラシルに召喚された当初は何の力も感じられないと軽視しており、勇斗と模擬戦を行った際には完膚なきまでに叩きのめしている。後に狼が存亡の危機に立たされた際に勇斗の覇気を感じ取り、以後は彼に忠誠を誓う。
生まれはフェリシアと7日しか違わないが、年齢の数え方の関係上ジークルーネは18歳(物語開始時)でフェリシアより1つ年下。
イングリット
声 - 河瀬茉希[1] / 伊藤かな恵
快活な印象を受ける赤毛の少女。エインヘリアルの一人で「剣戟を生む者(イーヴァルディ)」のルーンを持つ。気っ風の良い性格で、部下に慕われる姉御肌な人物。
工房の長で、勇斗からもたらされる未来の知識を理解し、製作する能力を持つ。鉄製の武具やガラス製品などを作り出し、「狼」の環境を一変させた。狼の繁栄になくてはならない人物。
工房内部にある物は全て最重要機密であり、狼以外の人間は誰であっても入る事が出来ない。またイングリット自身も最重要人物であり、戦争を仕掛けてきた他氏族も「イングリットだけは殺さず捕らえろ」と命令を下すほど。
勇斗に好意を寄せてはいるものの、女性的な魅力ではフェリシアやジークルーネにはかなわないと思っており、一歩引いた立場を取る事が多い。
リネーア
声 - 高尾奏音[注 1]
ボーイッシュな外見の少女で「角」の氏族を率いる宗主。勇斗が「狼」の宗主になったことを知り、好機ととらえ戦争を仕掛けるも惨敗。勇斗と兄妹の盃を結び妹分となる。
争いごとには長けておらず、弱小と侮った「狼」に連戦連敗を喫したことで宗主としての自信を失う。「狼」の住人から熱狂的な支持を得ている勇斗に対して、自分とは器が違うと羨望の目を向けていた。しかし「狼」に敗北はしたものの「角」の住人からはかなり慕われているようで、普段善政を敷いていたことが伺える。自らの身と引き換えに部下や住人の助命を求めるなど、上に立つ者としての責任感も持つ。
頭の回転も早く内政能力に長けており、平時は勿論のこと戦時中には勇斗が自由に動くための後方支援役として極めて重要な人物。勇斗が「鋼」の氏族を立ち上げた際にはその力を買われ、事実上のナンバー2である若頭に据えられた。
志百家美月(しもやみつき)
声 - 内田彩[1] / 米澤円
勇斗の幼馴染で本作のメインヒロイン。勇斗より一つ年下で、大きくつぶらな瞳が印象的な少女。普段は笑顔が絶えないが怪談話は大の苦手。勇斗がユグドラシルへと消えていく場面を目撃したただ一人の人物であり、勇斗の良き理解者。互いに好意を抱いているが、はっきりと口に出したことはない様子。
勇斗がユグドラシルから帰るのを信じてサポートを続けた一途で献身的な人物。暗い部分がなく、さっぱりとした気持ちのいい性格であり、勇斗がフェリシアなどから好意を寄せられ満更でもない様子を聞いても、多少の嫉妬をしつつも「美人に迫られたら仕方がない」と許容するなど、女性関係に関しても寛容な反応を取ることが多い。
一度帰還した勇斗が再びユグドラシルへ行く決意をし、自分のことは忘れて欲しいと告げようとしたのに対し、好きな気持ちをはっきりと打ち明けて自らもついて行くと申し出る。ユグドラシル行きは半ば失敗し、一時期は美月だけがユグドラシルに居る状態となったが、勇斗の婚約者であることは既に知れ渡っていたため「狼」の面々に丁重に扱われた。
召喚された後は勇斗の婚約者として「狼」の女将となり厚遇されるが、自分ではなく勇斗が評価されているだけで自分はおまけであると理解しており、横柄な態度を取ることはなかった。「狼」の若頭ヨルゲンにもその振る舞いを立派だと賞賛されている。
アルベルティーナ
声 - 悠木碧[3] / 本多真梨子
エインヘリアルの一人で「風を巻き起こすもの(フレースヴェルグ)」のルーンを持つ。「爪」の宗主ボドヴィットの双子の娘で、クリスティーナの姉。
クリスティーナ
声 - 竹達彩奈[3] / 本多真梨子
エインヘリアルの一人で「風を打ち消すもの(ヴェズルフェルニル)」のルーンを持つ。「爪」の宗主ボドヴィットの双子の娘で、アルベルティーナの妹。
スカーヴィズ
声 - 影平隆一(ドラマCD)
エインヘリアルの一人で「鮮血の魔刃(ダーインスレイヴ)」のルーンを持つ。先代の「最も強き銀狼(マーナガルム)」であり、現在では「嘲笑する虐殺者(ニーズヘッグ)」の二つ名で恐れられる。
ボドヴィッド
声 - 藤吉浩二(ドラマCD)
ヘグニ
声 - 鏡優雅(ドラマCD)

既刊一覧[編集]

小説[編集]

漫画[編集]

2015年2月13日より、chanyの作画でコミックファイアにて配信中。

テレビアニメ[編集]

2018年7月よりTOKYO MXほかにて放送中[4][5]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 鷹山誠一
  • キャラクター原案 - ゆきさん
  • 監督 - 小林浩輔
  • シリーズ構成 - 高橋ナツコ
  • キャラクターデザイン - いとうまりこ
  • プロップデザイン - 北村淳一
  • 総作画監督 - いとうまりこ、谷津美弥子
  • 美術監督 - 菊地明子
  • 美術設計 - 李書九
  • 美術設定 - 有本妃査恵
  • 色彩設計 - いわみみか。
  • 撮影監督 - 児玉純也
  • CGディレクター - 柴田渉
  • 編集 - 新見元希
  • 音響監督 - 森下広人
  • 音楽 - 横関公太
  • 音楽制作 - ZERO-A
  • 音楽プロデューサー - 工藤智美
  • プロデューサー - 目黒大樹、伊平崇耶、桑原誠、斉田秀之、後藤謙治、横田正明
  • アニメーションプロデューサー - 宮本秀晃
  • アニメーション制作 - EMTスクエアード
  • 製作 - ユグドラシル・パートナーズ

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Bright way」[6]
作詞・作曲 - 大橋莉子 / 編曲 - 金崎真士 / 歌 - 内田彩
エンディングテーマ「世界中が恋をする夜」[7]
作詞 - 中村彼方 / 作曲 - 伊藤賢 / 編曲 - 佐藤清喜 / 歌 - petit milady

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督
Act.01盃の誓い 高橋ナツコ小林浩輔
Act.02狼の戦術 南康弘北村淳一
  • 大川美穂子
  • 北村淳一
  • 時矢義則
  • 林隆祥
  • 中島美子
  • たかおかきいち

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[5]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [8] 備考
2018年7月8日 - 日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜) TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2018年7月14日 - 土曜 21:30 - 22:00 AT-X 日本全域 CS放送 / リピート放送あり
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[5]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年7月8日 - 日曜 1:30 - 2:00 AbemaTV
2018年7月11日 水曜 1:30 更新
水曜 12:00 更新
2018年7月13日 - 金曜 1:00 - 1:30 ニコニコ生放送

中国ではbilibiliQQアニメにて配信。

BD / DVD[編集]

発売日[10] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2018年9月19日予定 第1話 - 第3話 POXE-1408 POBE-1408
2 2018年10月17日予定 第4話 - 第6話 POXE-1409 POBE-1409
3 2018年11月21日予定 第7話 - 第9話 POXE-1410 POBE-1410
4 2018年12月19日予定 第10話 - 第12話 POXE-1411 POBE-1411

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は船戸ゆり絵がキャスティングされていたが、船戸の事務所退所に伴い変更となった[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “「百錬の覇王と聖約の戦乙女」主演に酒井広大 ヒロイン役に末柄里恵、伊達朱里紗ほか”. アニメハック (映画.com). (2018年3月31日). http://anime.eiga.com/news/106081/ 2018年4月21日閲覧。 
  2. ^ “「百錬の覇王と聖約の戦乙女」7月放送開始 メインキャラ6人のビジュアル公開”. アニメハック (映画.com). (2018年5月4日). http://anime.eiga.com/news/106255/ 2018年5月6日閲覧。 
  3. ^ a b “「百錬の覇王と聖約の戦乙女」で悠木碧&竹達彩奈が双子姉妹役 ED主題歌も担当”. アニメハック (映画.com). (2018年4月6日). http://anime.eiga.com/news/106103/ 2018年4月21日閲覧。 
  4. ^ “『百錬の覇王と聖約の戦乙女』TVアニメは2018年7月放送決定! 酒井広大さん・末柄里恵さんらが演じるメインキャラのビジュアルも発表”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2018年5月1日). https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1525137502 2018年5月1日閲覧。 
  5. ^ a b c On Air”. TVアニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」. 2018年6月28日閲覧。
  6. ^ 内田彩コンプリートボックスは50曲入り、初回盤には幕張メッセライブBD”. 音楽ナタリー (2018年5月19日). 2018年5月20日閲覧。
  7. ^ 8th Single『世界中が恋をする夜』商品情報公開”. petit milady OFFICIAL WEB SITE (2018年5月13日). 2018年5月14日閲覧。
  8. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  9. ^ U-NEXT
  10. ^ Blu-ray & DVD”. TVアニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」. 2018年7月2日閲覧。

外部リンク[編集]