恋愛暴君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恋愛暴君
ジャンル ギャグ学園漫画
漫画
作者 三星めがね
出版社 フレックスコミックス
掲載サイト COMIC メテオ
レーベル メテオCOMICS
発表期間 2012年5月9日 -
巻数 既刊12巻(本編11巻、短編集1巻)
(2017年5月現在)
アニメ
原作 三星めがね
監督 濁川敦
シリーズ構成 高橋ナツコ
キャラクターデザイン いとうまりこ
音楽 MONACA
アニメーション制作 EMTスクエアード
製作 恋愛暴君製作委員会
放送局 テレビ東京BSジャパンほか
放送期間 2017年4月 - 6月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

恋愛暴君』(れんあいぼうくん)は、三星めがねによる日本ウェブコミック作品。『COMIC メテオ』(フレックスコミックス)にて2012年5月に読切作品として掲載された後、同年7月より連載中。

あらすじ[編集]

男子高校生・青司の下に、死神の姿をした少女・グリが現れた。グリは実は天使で、その手に「書いた者同士は必ずキスをする」という「キスノート」を持っていた。しかしノートには「24時間以内にキスしないと書いた者(グリ)は死に、書かれた者(青司)も一生童貞のまま生涯を終える」という副作用もあり、グリはキスを青司にせがむがこれを拒否する。その翌日、青司は学校で憧れの美少女・と会うが実は彼女は青司のことが死ぬほど大好きで、グリの姿を見るや「青司の彼女」と勘違いしていきなり襲うがこのドサクサで茜は青司とキスしてしまう。これはグリが「一瞬だが両者がお互いを想う気持ちが通じ合っていた」として茜の名前を書いたのが理由であった。「キスノートに書かれた者同士がキスすると必ず結婚し、未来永劫末永く結ばれる」と聞いて狂喜乱舞する茜だったが、ノートには「私も青司に興味を持ったので」という理由でこっそりとグリの名前も書きこまれていたのだった。

登場人物[編集]

藍野青司(あいの せいじ)
声 - 小野賢章[1]吉岡茉祐(幼少期)
本作の主人公。男子高校生。所謂「巻き込まれ体質」の気があり、グリの出現によりヒロインに振り回され、男子生徒からは嫉妬と恨みを買う日々が始まってしまう[注 1]
なぜ彼が選ばれたかというとグリが「有名男性声優同士のBLが見たい」とキスノートにその名前を書いてみたものの、その声優と一字違いだったため[注 2]
想いを寄せていた茜と実は両想いだったが、殺人もしかねない重度のヤンデレというとんでもない本性を知って恐怖する。グリによってキスノートにグリと茜の名前も書かれ、恋人同士となるも、それが災難の本格的な始まりとなってしまう。
騒動に絶えない日々を過ごすが、人に対してツッコミ以外では怒ったり人に恨みを抱く事がなく[2]、他人事でも一緒に悩んでくれる度量の広さを持っているが、周囲の人間は訳ありのバックボーンや人間離れした身体能力の持ち主ばかりのためか、彼の人徳を理解されないことが多く、特に茜と恋人同士になって以降は、周囲の男子生徒から敵意と殺意を一身に浴びている。
グリ
声 - 青山吉能[1]
本作のメインヒロインの一人。父が神様で母マヴロが悪魔というハーフの少女だが、コスプレが好きなことと天使の格好が好きではないという理由で普段は死神の格好で登場している。一度興味をもった対象には全力で食いつく。愛のキューピッドを務めているが自身は恋をしたことがなく「男女愛」について全く知らない。しかし働くのも動くのも大嫌いで、自分のBL趣味とその場の思い付き(これもほぼBL趣味)でしかキスノートを書かないため、キューピッドとしての役目を果たす意志は全く無い[注 3]
ご都合主義により「普通の人には見えない」ことになっているが、これは単にグリの妄想と妄言に過ぎないため、実際には見えている。しかしながら超常的な存在なのは事実であり、人間なら絶対に死ぬような怪我を負っても平然としている。また、キスノートに自分の名前を書きこんだために青司や茜たちは死ぬことが出来ない身体にされてしまった[注 4]
傍若無人ではあるが、理解出来なくとも愛情そのものを踏み躙ったりする事はなく、時には天使の本能が働いて本質を突くことがある。
緋山茜(ひやま あかね)
声 - 沼倉愛美[1][注 5]
本作のメインヒロインの一人。所属は陸上部。学園のアイドルで青司にとっても憧れの美少女。だが彼女も青司を溺愛するヤンデレで、服の中に襲撃用のグルカナイフを仕込んでいる。
キスノートの力があったとはいえ青司も自分を想っていたことを知り、キスも出来て恋人同士になれたことに幸せを感じている。恋敵と見なしたグリを「チビ猿」と呼び、存在を認めていないが、殺せないので放置せざるをえない状態。だが、いつか何とかしようと企んでいる。異母妹の柚に対しては溺愛しているわけでもなければ、青司を最優先していることから特別な愛着も抱いていないが、自分の通う学校にいかない柚を「家の人に怒られるから戻りなさい」と諭し、自分の着替えを覗いていたことを指摘はしても、それ以上に咎めることはしないなど、嫌ってはおらず優しく接している。表面の優しい性格は、温厚な態度で他人をかわしているだけで、他人には興味が希薄。そのために、青司絡みか完全に対立している相手以外では寛容に接している[注 6]
青司との未来、結婚生活のためにと花嫁修業を欠かしておらず、特に料理と包丁研ぎは大の得意。(青司限定だが)良くも悪くも恋に生きる女であり、青司に近付く女(本人曰く「メス」)と浮気(不可抗力のキスも含む)が大嫌い。なお、あくあだけは将来の義妹となるため、実妹の柚以上に心から優しく接している[注 7]
黄蝶ヶ崎柚(きちょうがさき ゆず)
声 - 長野佑紀[1]
本作のヒロインの一人。茜の異母妹で富豪の令嬢。どんなに邪険にされても姉が超大好きな百合少女。
茜に近づく男は全て敵と認識しており、その中でも青司は殺そうと考えるほど大嫌い(茜と恋人になったことが何よりも許せないため)だが、グリが勝手にキスノートに名前を書きこんだことで、自身も青司らと関係を持つ破目になる。その関係が長く続き、青司に対する態度が徐々に軟化してきているだけでなく、彼に対し特別な感情が芽生え始め、しかし台詞に時折トゲがあることがあり、言うなればツンデレに近い。
バリアを張る能力で要人や貴重品を守る生業の一族のため防御術に長けており、茜が繰り出すグルカナイフを折り、車に轢かれそうになった際は接触部がバリア型に抉ってしまうほど。そのため、能力を制御出来なかった幼児期はぼっちだった模様。また、付き人の鶴岡を下僕として扱き使っている。
茜の物品にも興味を持ち、使い捨てたゴミを回収するなど節操のない一面があるが、下ネタは嫌いのようで天亞薇が下品なギャグを言ったときにはドン引きしていた。お嬢様らしいワガママさと世間知らずな面があるものの、実は青司の恋人の中では最も常識人(他の女達の思考が常識外れであるため)であり、また、主要人物の中では一番グリと仲が良く、グリの消息不明や悪魔になってしまったときには青司以上と言えるほどに一番心配していた。
白峰樒(しらみね しきみ)
声 - 原由実[1]
本作のヒロインの一人。茜・柚の従妹。緋山家の雑用(作中の描写から汚れ役)をする関係にあり、いつもヘラヘラした表情をしている。変装の達人で、地毛は白だが髪はピンクに染めている。
性や暴力に対する抵抗感が皆無で、他人が大切にしているもの壊すか奪ったり、他者を痛めつけることが大好きな外道。その一方で自分が痛めつけられることも好きな変態だが、自分の思惑から外れていくグリだけは苦手。物事が自分の思い通りにならなかったり、正義感を押し付けられると怒り狂う。彼女の本性を知って恐れている人間もいるが、見ず知らずの人間の人心を掌握する術と演技力に長けており、素性を知らなかった青司も優しい女子を演じていた彼女に気を許してしまい、グリや天界の仕組みをすぐに話してしまった。この事で、永遠の痛み(快感)を味わいたいために不死身になり青司の「恋人」になろうとした。自身の快楽追及のために青司にとって敵とも味方ともつかず、グリ以上に場をかき回すトリックスター。
青司の事は当初は茜から奪うためだけだったが、不死身で際限なく痛めつけられることから興味を抱き、キスをすれば相性が悪くないなど、次第に彼への興味も深めていく。
藍野あくあ(あいの あくあ)
声 - 高橋李依
青司の妹。兄には冷たく、素っ気ない。青司の強い女性に憧れた側面から強くなるためにいろいろな格闘技を学び始めたが、今では趣味の一環と化している。元々、髪が長かったが、これも兄の影響からショートヘアに変えた。要するに兄との距離感を掴めずにいるだけの反抗期で、根は兄を慕っている。お化けや、顔が気持ち悪い生き物が大の苦手。
茜には優しくされるものの、殺人を犯しかねない暴力性と兄の彼女である事を非常に不愉快に感じており、茜の事は好きではない。
椎名茉莉(しいな まり)
声 - 大坪由佳
クラス委員長。茜の友人。大家族の長女ゆえに情けない相手を放っておけない性分で、堅実をモットーにしつつ印象以上に強かに恋に生きる女性。
教師である楠梛斗には入学当初から想いを寄せており、立場の関係から踏み出せずにいたが、グリと柚の助力などで両想いになった。
コラリ
声 - 檜山修之
グリの天界での上司。大抵の人が驚き、引いてしまうほどのくどい顔の持ち主。下界では藍野家の飼いブルーの身体を借りているが、顔はそのままなので「人面猫」のような姿になってしまっている。エリート意識が強く、地位の低い仕事を何かと底辺呼ばわりすることから、評判は結構悪い。
マヴロ
声 - 田村ゆかり
グリの母で悪魔。夫である神様の浮気が原因で離婚し、その後行方不明となる。かなりのコネを持っており、その人脈と権力は神様と魔王の力関係を凌いでいるとのこと。
神様
声 - 大塚芳忠
天界の神様だが、グリの父。その姿は神の名からは程遠いダメおやじ。神としての身分を利用して好き勝手に動いて、否応なく周囲を巻き込むので他の天使からは避けられている。それでも一応は「親」であり、グリを理解している青司の姿に、頭を下げてグリを任せている。
魔王
声 - 子安武人
地獄の魔王だが、魔王らしからぬ働き者で人望(悪魔望)も厚い。グリを後継者に勧誘しており、時折奸計をはかる。神様と仲は悪いが数百年の付き合いであり、喧嘩しつつも普通に遊びに来る。割と潔癖症で神経質な上、かなりの貧乏舌。実はグリの母親とは仲が良く恋心を抱いていたが、彼女はすでに神様と婚約している事を知りショックではあったが、その神様が浮気をしてグリの母親は行方をくらましそれを知った後、自分が惚れていた女性を傷つけたという事で神様を責め立て、その過去の名残から、グリを惚れていた彼女と重ね自分の下に置こうと考え出した。
鶴岡太郎(つるおか たろう)
声 - 内匠靖明
柚の付き人で、彼女の警護や送迎を担当している。時々、柚の近況を柚の母・アメイシャに報告しているが、柚に都合の悪い報告内容はアメイシャによって即座に隠蔽されてしまっている。
付き人とは名ばかりの下僕として柚に扱き使われており、そのストレスで胃薬が手放せない。それゆえに付き人の仕事を辞めたいと常々思っている不憫な男。
ストラス
声 - 堀内賢雄
「地獄のストラス」の異名を持つペンギン。元は危険動物マニアの飼い主に飼われていたペット。あくあに惚れて以来、ずっと彼女と番(つが)いたいと思っており、年柄年中発情している迷惑なペンギン。その危険性は街でも有名だったようであり、一番の被害者である、あくあはおろか、柚さえも対面をしたペンギンがストラスと知った際には恐怖から逃げ出し、捕まえるには機動隊が出動し、茜も苦戦するほど。
天亞薇(ティアラ)
声 - 喜多村英梨
ギャル風のキューピッド。妊娠を機にキューピッドを辞め主婦業に専念するため、キスノートを焼失したグリに、自分が使っていたスマホ型の仕事道具をプレゼントする。コラリの事は大嫌いで、互いに仲も悪い。
楠梛斗(くすのき なぎと)
声 - 立花慎之介
化学の先生。オドオドしやすい。
茉莉から想いを寄せられている事には薄々勘付いてはいたものの、教師と生徒という立場の隔たりから彼女の気持ちから目を逸らしていた。最近[いつ?]、ようやく両想いにはなったが、立場は気にしている。
蘇芳(すおう)
声 - 大原さやか
茜の母親。普段は本宅にいて、娘とは偶にしか会わない。仕事人で、家の事を第一に考え、規則と規律を重んじるため、それが人には冷たく見えてしまっている。過去に好きだった男(自身の夫)に逃げられるという裏切りを経験した事から茜に同じ思いをさせないために人に心を許さないよう厳しく接する。裏切りと騒音を何よりも嫌っており、夫の裏切りを許す気は微塵も無い。また柚の母親のアメイシャとは犬猿の仲だが、こちらから何かしようとは思っていないくらいの存在でしかない。他人行儀な性格で娘に対しても、さん付けをしている。
アメイシャの言葉によると、茜の母親らしく色々な意味で愛が重かったことが示唆されており、現在の厳格な性格は夫の失踪が由来となっている。
アメイシャ
声 - 佐藤利奈
柚の母親。世界中を仕事と称して遊び歩いているため、娘とは偶にしか合わない。蘇芳とは犬猿の仲であり過去に旦那を取り合っているが、それ以上に蘇芳の事はとにかく気に食わない上に嫌っており、いつか自分の手で始末する事を夢見ている。
娘には幸せになってもらいたいと考え、密かに将来の旦那さん候補を選んでいる(特に石油王)。
蘇芳に比べると、悲恋に終わっても当時の幸福感そのものは否定しない前向きな人物。
総理と議長[注 8]
第1話にて、グリがキスノートの効果を示すためにカップリングさせられた2人。国会中継で熱いキスが流れることとなる。アニメではここまでだが、原作ではその後の動向も描写されており、オランダへ行って議長は性転換手術を受けて同性婚を果たしている。なお、話題を一気にさらって行き、時のカップルや話題のおしどり夫婦として、国民からも温かく見守られている。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2017年4月より6月までテレビ東京BSジャパンほかにて放送された[1]。制作はEMTスクエアードが担当する。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「恋?で愛?で暴君です!」
作詞 - 畑亜貴 / 作曲・編曲 - 田中秀和 / 歌 - Wake Up, Girls!
エンディングテーマ
「「スキ」を教えて」(第1話 - 第11話)
作詞・作曲・編曲 - ゆうゆ / 歌 - smileY inc.
「「スキ」を教えてください」(第12話)
作詞・作曲・編曲 - ゆうゆ / 歌 - グリ(青山吉能

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 演出 作画監督 エンドカード
第1話 私も参戦します × ほぁー!!禁断の愛ですか!! 高橋ナツコ 大嶋博之 曽根利幸 土生良介、佐藤綾子
北村淳一、白川茉莉
TOBI
第2話 くんすかくんすか × 青司くんを傷つけてもいいのは・・・・私だけなの 北村淳一 北村淳一、Lee Duk Ho
Ha Yeun Jung、Kim
慎本真
第3話 私一人でなんとか出来る! × チョリーッス 渡邉哲哉 熨斗谷充孝 徳川恵梨 氷川翔
第4話 絶対負けませんから! × もしかしてお仲間ですか? 池田臨太郎 大嶋博之 古賀一臣 白川茉莉、鈴木彩乃
島田英明、時矢義則
U-temo
第5話 '愛'って何かにゃー × 神土下座なうww 北村淳一 徐恵眞 本田辰雄、飯田清貴 宮場弥二郎
第6話 一緒に海に行かないか? × わかるわからないの問題じゃないでしょ あおしまたかし 大嶋博之 曽根利幸 Kim Bong Duk、Lee Sang Hoon
Ha Yeun Jung、北村淳一
矢上裕
第7話 お祭りじゃーい × どうしてこうなったぁ!! 高橋ナツコ きみやしげる 徳川恵梨、服部益実
Lee Deok Ho
岡田ピコ
第8話 さよなら × 恋敵でしょ!! 八谷賢一 鈴木孝聡 白川茉莉、北村淳一
志水よしこ、服部健知
川上遥、櫻井拓郎
土生良介
二ツ屋あす
第9話 全然…何も… × ちょっと、どうかしていました… 池田臨太郎 泉保良輔 熨斗谷充孝 徳川恵梨、那須野文 いとうまりこ
第10話 お泊まりに来ちゃいました × 私だって…成長するんだよ あおしまたかし 相浦和也 北村淳一、白川茉莉
服部健知、Ryu Joong Hyeon
Lee Sang Hoon、Kim Bong Jun
山本アリフレッド
第11話 どこ行ったんだ あいつ × 今まで大変お世話になりました 池田臨太郎 島津裕行 鈴木恭兵 飯田清貴、鈴木光
福田瑞穂、白川茉莉
真田ジューイチ
第12話 そうだ、死にましょう! × 私やっとわかりました 高橋ナツコ 荒川眞嗣
濁川敦
曽根利幸
濁川敦
北村淳一、飯飼一幸
増田敏彦、石田啓一
服部憲知、小林ゆかり
白川茉莉、那須野文
畠山佳苗
三星めがね

放送局[編集]

テレビ東京系列 / 放送期間および放送時間[3]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [4] 備考
2017年4月7日 - 6月23日[注 9] 金曜 2:35 - 3:05(木曜深夜) テレビ東京 関東広域圏 製作参加
2017年4月8日 - 6月24日 土曜 23:30 - 日曜0:00 AT-X 日本全域 製作参加/リピート放送あり
2017年4月9日 - 6月25日 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) BSジャパン 日本全域 製作参加
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[5]
配信期間 配信時間 配信サイト
2017年4月7日 - 6月23日 金曜 12:00 更新
2017年4月8日 - 6月24日 土曜 23:00 - 23:30 ニコニコ生放送
2017年4月10日 - 6月26日 月曜 12:00 更新 PlayStation Video
2017年4月11日 - 6月27日 火曜 19:00 更新 TSUTAYA.TV
2017年4月14日 - 6月30日 金曜 12:00 更新 GYAO!
日本国外 インターネット / 放送期間および放送時間[7]
配信期間 配信時間 配信サイト 対象地域 備考
2017年4月7日 - 6月23日 金曜 2:35 (CST) 更新 ビリビリ動画 中国大陸 製作参加/中国語簡体字)字幕あり
2017年4月6日 - 6月22日 木曜 12:05 (PST) 更新 Crunchyroll 全世界(アジア圏以外)

BD / DVD[編集]

発売日[8] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2017年6月30日 第1話 - 第2話 EYXA-11445 EYBA-11439
2 2017年7月28日 第3話 - 第4話 EYXA-11446 EYBA-11440
3 2017年8月25日予定 第5話 - 第6話 EYXA-11447 EYBA-11441
4 2017年9月29日予定 第7話 - 第8話 EYXA-11448 EYBA-11442
5 2017年10月27日予定 第9話 - 第10話 EYXA-11449 EYBA-11443
6 2017年11月24日予定 第11話 - 第12話 EYXA-11450 EYBA-11444

Webラジオ[編集]

恋愛暴君 暴れん坊ラジオ』は、2017年3月27日から7月3日までHiBiKi Radio Stationにて配信された番組[9]。隔週月曜日 21:30 より生放送にて配信し、翌日火曜日より1週間アーカイブ配信された。パーソナリティはグリ役の青山吉能と黄蝶ヶ崎柚役の長野佑紀

テレビ東京 金曜 2:35 - 3:05(木曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
恋愛暴君
【ここまでアニメ枠】
東京アイドル戦線
BSジャパン 日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜)枠
恋愛暴君
【ここからアニメ枠】

注釈[編集]

  1. ^ 女子生徒からも、複数の女性を囲っているように見えることから、節操がないと疎まれている。
  2. ^ その声優の名前は「藍野『聖』司」。
  3. ^ 父親いわく、天使の自覚と性分が薄いのは悪魔(母親)の遺伝子によるのもあるとのこと。
  4. ^ ただし、痛覚はあり、病気にもなるなど健康が保証されたわけではない。
  5. ^ 当初は白峰樒のオーディションを受けたが、その場で茜をやってみてほしいと言われ合格したとのこと『恋愛暴君』沼倉愛美さんが語るヒロイン・緋山 茜との向き合い方 アニメイトタイムズ
  6. ^ グリに対しても恋敵と見なすまでは、イタズラでズボンをずり下ろされても、飄々とした態度で接するなど寛容だった。
  7. ^ ただし、あくあからは「すぐに刃物を持って襲い掛かってきた度を越した暴力性」と「兄に彼女がいるのが面白くない」という理由から好かれていなかった。
  8. ^ ノートの名前を見る限りは総理の名前は我修院正蔵。
  9. ^ 2017年6月2日(同年6月1日深夜)は「世界卓球×全仏オープン」中継延長のため、90分遅れの同日早朝4:05- 4:35(同年6月1日28:05 - 28:35)に放送。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t テレビアニメ『恋愛暴君』キービジュアルやスタッフ・キャスト情報を公開――メインキャストの青山吉能さん、沼倉愛美さん、原由実さんらのコメントも!”. ファミ通.com. カドカワ (2017年2月14日). 2017年2月14日閲覧。
  2. ^ 樒には痛めつけられた経緯でトラウマになりかけたにも関わらず再会時には対話する余地を残している
  3. ^ オンエア”. TVアニメ「恋愛暴君」公式サイト. 2017年3月3日閲覧。
  4. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  5. ^ ニュース | 恋愛暴君 配信先も決定!”. TVアニメ「恋愛暴君」公式サイト (2017年3月25日). 2017年4月6日閲覧。
  6. ^ U-NEXT
  7. ^ 恋爱暴君_番剧_bilibili_哔哩哔哩弹幕视频网”. 哔哩哔哩. 2017年4月6日閲覧。 Crunchyroll Reveals "BORUTO - NARUTO NEXT GENERATIONS” and “Love Tyrant” Streaming Details”. Crunchyroll. 2017年4月6日閲覧。
  8. ^ パッケージ情報”. TVアニメ「恋愛暴君」公式サイト. 2017年5月17日閲覧。
  9. ^ 恋愛暴君 暴れん坊ラジオ”. HiBiKi Radio Station. 2017年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]