森川ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
森川 ジョージ
本名 森川 常次
生誕 (1966-01-17) 1966年1月17日(55歳)
日本の旗 日本東京都
職業 漫画家
活動期間 1983年 -
ジャンル 少年漫画
代表作はじめの一歩
受賞 第15回講談社漫画賞少年部門(『はじめの一歩』)
テンプレートを表示

森川 ジョージ(もりかわ ジョージ、本名:森川 常次、1966年1月17日 - )は、日本漫画家血液型はO型。東京都出身。越谷市立北陽中学校埼玉県立松伏高等学校卒業。

講談社専属で少年漫画を執筆。代表作は『はじめの一歩』。

略歴[編集]

1983年、高校在学時に『シルエットナイト』で漫画家デビューを果たす。1989年から『週刊少年マガジン』にて『はじめの一歩』を連載。以降、漫画家歴の大半を同作の執筆に費やしている。

2012年には短期集中連載として22年ぶりの新作『会いにいくよ』(原作・のぶみ)の第1話を『週刊少年マガジン』2012年31号に発表したが、全5話と当初より告知されていたにもかかわらず『はじめの一歩』との同時連載に支障が生じたため休載が続き、完結したのは2014年7号だった[1]

人物[編集]

小学校時代にちばてつやの『ハリスの旋風』を読んで、漫画家を志すようになる。ボクシングは大好きであったが、尊敬するちばてつやがボクシング漫画を描いていたので、その分野は避けていたという。

デビュー後に連載した『一矢NOW』と『シグナルブルー』の2作品が相次いで打ち切りに遭う。いずれも編集サイドの意向を汲んで、いわば妥協の形でスタートさせた作品だっただけに、ショックも大きかったという。すでに妻子持ちで生活も苦しい状況でこれが駄目なら漫画家をやめようと決意し、本当に自分の好きな分野の作品を描こうとボクシングを題材とした『はじめの一歩』を執筆するきっかけになった。

ボクシングジムJB SPORTSボクシングジム」のオーナーでもあり、現在は会長も兼任している。大の釣り好きで、週に一日は趣味に費やす日を確保するという。

同じマガジン連載の『もう、しませんから。』およびその続編『ちょっと盛りました。』では作者の西本英雄をいじめる傍若無人な人物として描かれている。森川は同作品4巻のカバーイラストも描いている。

近年から『マガジン』誌上での巻末コメントは川柳となっている。

埼玉県立戸田翔陽高等学校の校章をデザインした[2]

作品一覧[編集]

  • インサイド・グラフィティー
  • シルエットナイト
  • 一矢NOW(全2巻)
  • シグナルブルー(全2巻)
  • はじめの一歩(週刊少年マガジン、連載中、既刊132巻)
  • 会いにいくよ(原作・のぶみ『上を向いて歩こう!』、全1巻)

その他[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2012年31号、32号、43号、2013年32号、2014年7号に掲載。
  2. ^ 学校案内 - 埼玉県立戸田翔陽高等学校
  3. ^ 井上尚弥のツイッターより

外部リンク[編集]