ちょっと盛りました。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちょっと盛りました。
ジャンル ルポ漫画・少年漫画
漫画
作者 にしもとひでお
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表期間 2012年28号 - 2014年29号
巻数 全4巻
テンプレート - ノート

ちょっと盛りました。』(ちょっともりました。)はにしもとひでおによる日本レポート漫画作品。通称「ちょい盛り」。正式タイトルは『読者専用検索エンジン ちょっと盛りました。』(どくしゃせんようけんさくエンジン ちょっともりました。)である。単行本全4巻。

作品紹介[編集]

前作もう、しませんから。の最終回において森川ジョージとの対決に敗れ、公約どおりに「タイトルを変更する」ということで開始された作品。実質的には、もうしまの改題リニューアルで、内容はほとんど変わらないが、画調は若干変更されている。また、作者名も漢字表記から平仮名表記へと改名された。

なお、前作では「西本漫画は人気がイマイチ」などと自虐していたが、決して前作が不人気で打ち切られたわけではなく、作品開始時点で公式Twitterのフォロワーは4300人以上で、これはライバル森川ジョージの5400人強(2012年6月時点)に匹敵する数字であった。

登場人物[編集]

レギュラー[編集]

にしもとひでお
前作に引き続き主演と原作を務める。第一回からいきなり真島に下品な質問を飛ばすなど、キャラも変わっていない。
どんちゃん
もうしま末期より赴任した女性記者。苗字は井谷。公式twitterの管理も行っている。
タクマ記者
もうしまより引き続き登場。
マガジン編集長
週刊少年マガジンの頂点に立つ人物。第一回ではにしもとを激励するのかと思いきや、いきなり打ち切りを示唆するなどかなり手厳しい人物である。

漫画家・原作者(五十音順)[編集]

以下は全て『週刊少年マガジン』・『マガジンSPECIAL』(または他社の連載誌)に連載中の漫画家漫画原作者。2度以上登場している人も多い。

赤松健(あかまつ けん)
魔法先生ネギま!』『UQ HOLDER!』の作者。
榎本智(えのもと さとし)
男魂ロック』の作者。もうしまでは登場せず、ちょい盛りで初登場。元不良でにしもとから「今まで何人殺した?」と言われ、「誰も殺していません!」と突っ込んでいる。
大今良時(おおいま よしとき)
聲の形』の作者。以前から本作にインタビューを受けたかったらしく、本作を漫画界の『笑っていいとも!』と評し、にしもとを「漫画界のタモリ」と評している。
久保ミツロウ(くぼ ミツロウ)
アゲイン!!』の作者。もうしまに続いて登場しているが、以前の自画像であるヒゲが生えた状態ではなく、本人の実物に似せたものになっている。
さとうふみや
金田一少年の事件簿』『探偵学園Q』の作者。もうしまでは登場せず、ちょい盛りで初登場。本屋でアルバイトをしていた時お金に困っていたエピソードを紹介している。
真島ヒロ(ましま ヒロ)
RAVE』『FAIRY TAIL』の作者。作中では「ヒロ君」「真島さん」などと呼ばれる。
記念すべきリニューアル第一回の取材先で、タイトル通り仕事場を国会議事堂のごとく盛られて登場。
FTのレビィやウェンディの誕生秘話を語ったほか、尊敬する作家として、森川の名を挙げた。
また、にしもとからの嘆願で読者から魔法使いを募集する企画を提案され、実際にコンテストを行うことを了承した。
森川ジョージ(もりかわ ジョージ)
マガジン史上最長連載の看板作品『はじめの一歩』の作者で、週マガの重鎮。本作を改題させた張本人。第一話にて「読者のパシリになれ」との指令を西本に出す。

その他ゲスト[編集]

壇蜜(だんみつ)
3巻に登場。タレント・女優・グラビアアイドル。『週刊ヤングマガジン』の企画の打ち合わせのついでにインタビューを受ける。その妖艶な姿に、にしもと・タクマを悩殺。また、自身も気に入った漫画を単行本で買う程度に漫画が好きで、『マガジン』は雑誌でも買って読んでいることを話している。

書籍[編集]

  • にしもとひでお 『ちょっと盛りました。』 講談社コミックス、全4巻
  1. 2013年4月17日初版発行・発売 ISBN 978-4-06-384855-7
    表紙:にしもとひでお、タクマ
  2. 2013年8月16日初版発行・発売 ISBN 978-4-06-394920-9
    表紙:にしもとひでお、タクマ
  3. 2014年1月17日初版発行・発売 ISBN 978-4-06-395002-1
    表紙:にしもとひでお
  4. 2014年7月17日初版発行・発売 ISBN 978-4-06-395130-1
    表紙:にしもとひでお、タクマ

外部リンク[編集]