新井英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新井 英樹(あらい ひでき、1963年9月15日 - )は、日本の漫画家神奈川県出身。神奈川県立川和高等学校明治大学卒業。妻は漫画家の入江喜和

漫画家を目指すために文具会社を退職して、作品の投稿を始める。ちばてつや賞入選などを経て、1989年に『8月の光』がアフタヌーン四季賞夏のコンテストにおいて四季大賞を受賞しデビュー。デビュー当初は『牽牛庵だより』『こどもができたよ』など非常にソフトで柔らかいタッチから、反社会的な表現を多用する現在の特徴的な作風になった。

第38回(1992年)、小学館漫画賞青年一般部門受賞(『宮本から君へ』)。

人物[編集]

ゼロ成長論を提言した経済学者下村治の「経済成長よりも完全雇用がそれに先立つ」という考え方を素晴らしいと思ったと語っており、下村の著書『日本は悪くない 悪いのはアメリカだ』は「経済は成長しなければならない」という思い込みから解放してくれる感銘の書としている[1]

作品リスト[編集]

復刊
  • 愛しのアイリーン(大都社、全2巻)
  • 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン(エンターブレイン、全5巻)
  • 定本 宮本から君へ(太田出版、全4巻)
  • 愛しのアイリーン[新装版](太田出版、全2巻)

脚注[編集]

  1. ^ 新井英樹 『キーチVS』8巻 小学館〈ビッグコミックス〉、2012年、209頁。

関連項目[編集]