麻宮騎亜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あさみや きあ
麻宮 騎亜
本名 菊池 通隆
(きくち みちたか)
生誕 (1963-03-09) 1963年3月9日(59歳)
日本の旗 日本岩手県北上市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1986年 -
代表作サイレントメビウス
快傑蒸気探偵団
公式サイト スタジオトロン 公式ホームページ
テンプレートを表示

麻宮 騎亜(あさみや きあ、1963年3月9日 - )は、日本漫画家アニメーター。本名およびアニメーターでの名義は菊池 通隆(きくち みちたか)。岩手県北上市出身。アーティストクルー所属。

経歴[編集]

宇宙戦艦ヤマト』でアニメファンになり、東京デザイナー学院アニメ科(現東京ネットウエイブ)を卒業。菊池名義でのアニメーターを経て、1987年に『コンプティーク』(角川書店)に掲載された『神星記ヴァグランツ』で、漫画家としてデビューする。ペンネームの由来は、菊池がファンであった斉藤由貴が演じる麻宮サキから。

菊池とは長らく別人ということになっていたが、後年には同一人物であることを認めた[1]。また、菊池とは別人とするため、麻宮の誕生日を1963年1月28日としていた。あとがき(『サイレントメビウス』では「プロダクションノート」)やコメント欄に描く自画像は、麻宮名義の際には顔の部分が「Now Printing」と書かれたボード、菊池名義の際にはエビ握り寿司になっている。

2000年以降、菊池名義での仕事はほぼ皆無となっていたが、2012年には『宇宙戦艦ヤマト2199』で原画へ復帰している。同作品ではテレビ放送版エンディング(第9話 - 第17話)のレイアウト構成も担当しているが、そちらは漫画家としての参加ゆえ、麻宮名義である。

2017年5月1日より、芸能事務所のアーティストクルーに所属[2]。その理由については、「絵を描く仕事にメリハリをつけるため」と明かしている[3]

2019年4月から、日本SF作家クラブ会員となる[4]

作品リスト[編集]

漫画[編集]

アニメ[編集]

全て菊池通隆名義(一部きくち通隆きくちみちたか名義あり)。

ゲーム[編集]

挿絵[編集]

デザイン[編集]

ラジオ[編集]

  • Webラジオ「アメコミット」(メインパーソナリティー、2017年5月7日 - 2017年7月31日)[6]
  • FMアメコミット!(メインパーソナリティ、市川うららFM:2017年8月6日 - 2018年12月16日)
  • Webラジオ「ラヂヲコンプレックス 帝都電詠ラヂヲ局」
  • Webラジオ「麻宮騎亜拡張計画」
  • Webラジオ「太陽系放送局 -SSBC-」(2021年3月-)

その他[編集]

  • あいまいみー〜妄想カタストロフ〜(第10話 Special Thanks アヴェンタドール収録協力[7])
  • 舞台「くるくると死と嫉妬2018」(メインビジュアル)[8]
  • 「宇宙戦艦ヤマト」関連商品のイラスト
    • 2199の全巻収納ボックスのパッケージ
    • バンダイのプラモデルのボックスアート - ヤマト(2202版)、アンドロメダ、銀河、アスカなど

画集[編集]

  • 麻宮騎亜名義
    • 『麻宮騎亜画集 (Volume 1)』 ISBN 4-0730-4600-4
    • 『麻宮騎亜画集 (Volume 2)』 ISBN 4-8402-1522-7
    • 『麻宮騎亜 仮面ライダーフォーゼ デザインワークス』 ISBN 978-4-7986-0499-2ホビージャパン刊、2012年12月24日発売
      • テレビシリーズから最新映画『MOVIE大戦アルティメイタム』まで、麻宮騎亜による『仮面ライダーフォーゼ』デザインワークをすべて収録。
  • 菊池通隆名義
  • 麻宮騎亜菊池通隆共同名義

関連人物[編集]

  • 河崎実 - 「サイレントメビウス外伝 幕末闇婦始末記」実写ビデオの監督。また麻宮は複数の河崎作品のデザインを手掛けている。
  • 大沼弘幸 - 「サイレントメビウス外伝 幕末闇婦始末記」のノベライズを担当。また麻宮は大沼のネットラジオに出演している。
  • 松井菜桜子 - 「サイレントメビウス」アニメ版などに出演。また麻宮の単行本の帯にコメントを提供。
  • 岡本麻弥 - 「サイレントメビウス」アニメ版などに出演。また麻宮は岡本のアルバムジャケットのデザインなどを手掛けている。
  • 生頼範義 - 麻宮が尊敬するイラストレーター。2015年12月に開催された生頼の回顧展では追悼イラストを提供した。

脚注[編集]

  1. ^ 2001年8月31日オフ会で本人が公式に認めた。公式サイトのTron Express 7th Issue オフ会レポートに記述あり。理由は「アニメーターが漫画家になったという先入観をなくしたかった」とのこと。
  2. ^ 麻宮騎亜 [@kia_asamiya] (2017年5月1日). "【ご報告】この度、5月1日より声優・タレント事務所の「株式会社アーティストクルー」の所属となりました。" (ツイート). Twitterより2021年7月27日閲覧
  3. ^ 麻宮騎亜 [@kia_asamiya] (2017年5月1日). "いいご縁がありました。(^^)更に絵を描くという仕事に、メリハリをつけるためです。" (ツイート). Twitterより2021年7月27日閲覧
  4. ^ https://twitter.com/sfwj/status/1117616380231045120
  5. ^ 「彼女のカレラGT3」いよいよ配信スタート! 本人のブログでの配信スタートの告知記事
  6. ^ Webラジオ「アメコミット」
  7. ^ この回に登場するランボルギーニ・アヴェンタドール走行音収録のため、実車稼働に協力した(kia_asamiyaのツイート(512602919275749376))。
  8. ^ 秦建日子脚本「くるくると死と嫉妬」に鳳恵弥ら、総合演出は中野敦之”. ステージナタリー (2018年5月27日). 2021年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]