千年戦争アイギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
千年戦争アイギス
ジャンル タワーディフェンスRPG
対応機種 Adobe Flash
開発元 DMM.com
運営元 DMM.com
人数 1人
メディア ネットワークダウンロード
運営開始日 2013年11月26日(R18)
2014年8月5日(一般版)
2015年2月12日(海外版)
2015年12月24日(iOS版)
利用料金 基本無料(アイテム課金
対象年齢 18歳未満不可(DMM.comオンラインゲーム規約 による)
テンプレートを表示

千年戦争アイギス』は、DMM GAMESが開発しDMM.comより配信されているタワーディフェンスタイプのブラウザゲーム2013年10月プレサービス開始。略称は「アイギス」。パソコン版とスマートフォン版(iOS版、Android版)で配信されており、一般版と成年向けR18版(千年戦争アイギスR)に分けて配信されている。(iOS版は一般版のみ)

ゲームシステム[編集]

本作は、育成要素のあるタワーディフェンスゲームである。 ブラウザゲームは一般的に、システムを簡略化してプレイヤーの負担を減らす傾向が強いが、本タイトルにはその傾向が無く、ゲーム性が強いとされる[1]

また、同時代のソーシャルゲームと同様、ガチャでユニットが得られる、毎週に近い頻度でイベントが開催される、といった特徴を持つ。

プレイヤーは祖国を滅ぼされた「王子」として、女神アイギスの力により召喚されたユニット(兵士)と共に祖国奪還を目指す。ユニットのレアリティは「アイアン」「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「ブラック」「サファイア」に分けられ、レアリティによっては課金アイテムによる召喚、関連書籍やイベントで配布されるシリアルコードによる召喚でしか入手できないものも存在する。

ゲームの大元の流れとしては、神殿での「召喚」や、ステージやミッションの報酬として手に入れたユニットでパーティを組んでステージ上に配置し、出現地点からゴール地点を目指して侵攻する敵を阻止し、規定数の敵を倒してステージをクリアすることを目標としている。ユニットは大きく分けて近距離型・遠距離型に大別され、近距離型はステージの道に、遠距離型は道から外れた場所と、配置できる場所が予め定められている。また、一度配置したユニットはその場から動かすことができないため、敵の進行とユニットの性能に合わせた的確な位置決めと、素早い配置が求められる。

ミッションをプレイするためには、「カリスマ」と「スタミナ」の2種の数値を消費し、カリスマは3分で1ポイント(上限はレベルにより増加する)、スタミナは60分で1ポイント(最初は上限12ポイント、以後は一定レベル毎に増加する)回復する。どれをどの程度消費するかはプレイするミッションにより異なる。 課金での召喚や、ゲーム機能の拡張は全て「神聖結晶(1個100円前後)」という課金アイテムを消費して行う。神聖結晶は主人公のレベルアップや、ステージを最高ランク(☆☆☆)でクリアした際の初回ボーナス、ログイン時のボーナスやゲーム内イベントで配布される場合もある。

ストーリー[編集]

遥か昔、人と魔物の終わりなき戦い『千年戦争』があった。絶望の淵にあっても諦めなかった一人の男に女神アイギスが魔物を打ち払うための力を与え、男はついに魔王を倒したが、首を落とされた魔王の死体からは、なおも魔物が溢れ出てくる。この事態を収拾するため、女神アイギスは魔王を自分ごと封印して魔物の出現を食い止めた。こうして『千年戦争』の幕が閉じ、やがて男は王国を築き上げ、後に「英雄王」と称された。

幾年月が流れた現在。 魔物の軍団が突如姿を現し、英雄王が築いた王国が魔物たちにより滅亡した。辛くも脱出した王子は女神アイギスの神殿にたどり着き、彼女の力により召喚された戦士たちと共に、王国奪還に向けて反撃を開始する。

主要登場人物[編集]

王子
物語の主人公で、名前はDMMゲームスのアカウントに紐付けされたニックネームに準ずる。かつて魔王を打ち倒した「英雄王」の子孫で、滅ぼされた王国を復興するために各地をめぐり仲間を集める。
パーティーキャラクターの一覧には表示されないが、どのステージでも必ずパーティーの一人として含まれる。
政務官アンナ
王子の側近の1人で、秘書の役割をこなす少女。メニュー画面のナビゲーター役を務めるキャラクター。
戦術教官ケイティ
王子(プレイヤー)に戦闘の基礎を教える「ケイティの戦術指南クエスト」に登場する女性教官。
女神アイギス
千年戦争以後、魔物を封印していた女神。封印の力が弱まってしまったことで復活した魔物を食い止めるため、自らの力で召喚した兵士を王子の仲間に加える。
白の皇帝
王子の王国とライバル関係にある「白の帝国」の皇帝。アイギスとは異なる女神「アダマス」の力を宿した「アダマスの神器」を持つ。
女神アダマス
アイギスと共に人間の味方をする女神。白の帝国で崇拝されている女神であり、後述の「帝国プレミアム召喚」を行う際には彼女が背景に登場する。
女神ケラウノス
人間を下等な生物として愚弄し、滅ぼそうとする悪の女神。

メニュー[編集]

ミッションクエスト[編集]

ストーリーミッション
本編ストーリーに関わるミッションを攻略する。
曜日ミッション
曜日ごとに定められたミッションを攻略し、キャラクター育成用アイテムの取得を目指す。
戦術指南クエスト
初心者向けに戦闘のテクニックを指南してくれるクエスト。
チャレンジクエスト
ミッションごとに定められた条件の下で出撃し、主に好感度アップアイテムや経験値増加アイテムの取得を目指す。
緊急ミッション
期間限定で行われるミッション。ステージの攻略数や、クリアランクによってアイテムやユニットを取得できる。
大討伐ミッション
緊急ミッションの1種。規定数の敵を倒すことでアイテムやユニットを取得できる。
魔神降臨ミッション
緊急ミッションの1種。 ☆☆☆ランクでクリアすることで、経験値増加アイテムを取得できる。
デイリー復刻ミッション
過去に開催された期間限定イベントを日替わりで開催する。過去の参加状況はそのまま引き継がれる。

ユニット[編集]

チーム編成
出撃時のパーティを編成する。10チームまで保存可能。
合成継承
レベルを上げたいユニットに、他のユニットを合成して経験値を取得させる。
クラスチェンジ
条件を満たしたキャラクターを、現在より上級の職業にランクアップさせる。
第一覚醒
レアリティが「ゴールド」以上で条件を満たしたキャラクターを、さらに上級の職業にランクアップさせる。
第二覚醒
第一覚醒済みのユニットを、さらに上級の職業にランクアップさせる。
スキル覚醒
スキルレベルが最大のキャラクターのスキルを、別のスキルに変化させる。
ユニット確認
所持しているユニットを確認する。誤廃棄や誤合成を防止するためにロックをかけることも可能。
ユニット引退
不要なユニットを廃棄し、所持金やアイテムに変換する。

神殿[編集]

ベース召喚
1回2000G(ゲーム内所持金)を消費してユニットを召喚する。1日1回だけ無料で召喚できる。
ベース召喚SP
消費アイテム「結晶のカケラ」を5個消費してユニットを召喚する。ベース召喚より高レアリティのユニットが出る確率が高い。
プレミアム召喚
神聖結晶を5個消費してユニットを召喚する。レアリティが「シルバー」以上のユニットのみ取得でき、時期によっては特定のユニットが出現しやすい「ピックアップ召喚」、召喚されたユニットの初期レベルが高いなどのキャンペーンが行われる場合もある。
帝国プレミアム召喚
期間限定で行われるプレミアム召喚の一種で、登場勢力の1つ「白の帝国」に所属するユニットのみを召喚できる。
カリスマ全回復・スタミナ全回復
神聖結晶を1個消費して、カリスマやスタミナを全回復する。

交換所[編集]

定められたアイテムやユニット、所持金等を消費し、別のユニットに交換するメニュー。

ショップ[編集]

課金アイテム「神聖結晶」を購入する、または手持ちの神聖結晶とゲームシステムの拡張アイテムを交換する。

交流[編集]

ユニットに好感度アップアイテムを与えてステータスを上げる。ある程度キャラクターの好感度を上げると会話シーンが開放され、女性キャラクターの場合はイラスト付きの会話シーンが開放される場合もある。なお、一般版とR18版の差異はほぼこの会話の内容に限られる(期間限定イベントが異なる場合なども稀にある)。「交流クエスト」では、覚醒を果たしたユニット独自のクエストに挑戦することが出来る。

開発[編集]

本作の元となった企画は現在のものとは違う内容になっており、本作のプロデューサーであるわんこが当初の企画進行者からその企画を引き継ぐ形で本作の開発を進めていった。

当初の企画では「他プレイヤーのキャラクターを自分のパーティーに参加させる」機能が存在していたが、長所と短所を検討した結果導入が見送られた。その代わり、他プレイヤーとの接点の一つとして「大討伐」が導入された。

本作は企画の段階から一般版の配信も計画されていたが、諸事情から先にR18版を配信し、課題を解決した後に一般版の配信となった。


キャラクターの好感度や信頼度の効果が大きくなるように作った理由について、わんこは「本作は基本無料であるため、課金しないと遊べないという事態は避けたかった。課金していいキャラクターを入れたらそれきりというのではなく、手に入れた後も育成することで愛着がわくのではないかと考えた。また、低レアリティユニットでも好感度を上げて強化すれば、課金することなく遊びの幅を広げられる」と、iNsideとのインタビューの中で述べている[2]

メディアミックス[編集]

小説 [編集]

千年戦争アイギス 月下の花嫁
ファミ通文庫刊。著者ひびき遊。イラスト加藤いつわ。
千年戦争アイギス 白の帝国編
ファミ通文庫刊。王子のライバル白の皇帝を主人公にした作品。著者むらさきゆきや イラスト七原冬雪

漫画 [編集]

千年戦争アイギス 英雄の絆
2016年2月27日発売の電撃マオウ4月号より連載開始。作画い〜どぅ〜。
  1. 2016年8月27日発売 ISBN 978-4-04-892272-2
  2. 2017年2月27日発売 ISBN 978-4-04-892740-6
  3. 2017年10月27日発売 ISBN 978-4-04-893369-8

脚注[編集]

外部リンク[編集]