生頼範義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生頼 範義
生誕 1935年11月17日
兵庫県明石市
死没 2015年10月27日(満79歳没)
宮崎県東諸県郡国富町
国籍 日本の旗 日本
教育 東京芸術大学中退
著名な実績 イラストレーション
受賞 星雲賞
1980年
活動期間 1962年 - 2015年

生頼 範義(おおらい のりよし、1935年11月17日[1] - 2015年10月27日[2])は、日本イラストレーター油絵風の画法[3]が特徴。

イラスト集のタイトルでは生賴範義の表記が見られる[4]。「生 範義」は誤表記。息子のオーライタローも画家。

来歴[編集]

兵庫県明石市生まれ。第二次世界大戦さなかの1945年鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)に疎開[5]。高校卒業後、東京芸術大学美術学部に入学したが、後に中退した[2]1962年、イラストレーターとして活動を開始[2]1973年、東京から妻の郷里宮崎県宮崎市に転居。

1980年、SF雑誌に発表した「スターウォーズ」のイメージ画が、制作者のジョージ・ルーカスの目に留まり、その続編ポスター用イラストを正式に依頼される。そして執筆した『スター・ウォーズ 帝国の逆襲』の国際版ポスターのイラストが[3]高い評価を得て、外国でも名を知られるようになる。同年、第11回星雲賞アート部門を受賞する[6][2]

1983年に書籍『東宝特撮映画全史』(東宝)の表紙を担当したことをきっかけに、翌年の映画『ゴジラ』のポスターを担当[2]。以後、平成ゴジラシリーズ(VSシリーズ)のポスターイラストを手掛けた[2]

2014年みやざきアートセンターで『生頼範義展』を開催。平成26年度文化庁映画賞で功労賞を受賞[7][8][2]

2015年10月27日、肺炎のため死去[9]。79歳没。2016年、第35回日本SF大賞で功績賞を、第47回星雲賞でアート部門を受賞。

活動[編集]

映画[編集]

小説[編集]

雑誌[編集]

ゲーム[編集]

イラスト集[編集]

アルバムジャケット[編集]

  • レイジー宇宙船地球号』(1980年)
  • 本城未沙子
    • 『魔女伝説〜Messiah's Blessing』(1982年10月21日)
    • 『13TH』(1983年3月21日)
    • 『THE CRUISER〜幻想の侵略者〜』(1983年7月21日)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第1巻から第4巻のカバーは、アニメ映画の公開に伴って一時期大友克洋の筆によるものと差し替えられている。

出典[編集]

  1. ^ METAL GEAR SOLID naked. 角川書店. (2004-3-1). ISBN 4047071455. 
  2. ^ a b c d e f g 特撮秘宝3 2016.
  3. ^ a b c d 「日本沈没」列島縦断ポスターできた”. 日刊スポーツ (2006年4月12日). 2015年11月16日閲覧。
  4. ^ 生賴範義展II 記憶の回廊
  5. ^ スター・ウォーズ、ゴジラ、幻魔大戦…世界的イラストレーター、生頼範義氏の原画間近に 兵庫・明石で
  6. ^ 星雲賞リスト”. 星雲賞について. 日本SFファングループ連合会議. 2012年5月31日閲覧。
  7. ^ 平成26年度文化庁映画賞について”. 文化庁 (2014年9月12日). 2015年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月19日閲覧。
  8. ^ 文化庁映画賞にアニメ美術の半藤克美氏、ポスタービジュアルの生頼範義氏ら” (2014年10月1日). 2015年3月19日閲覧。
  9. ^ 「スター・ウォーズ」ポスターで注目 生頼範義氏死去” (2015年10月27日). 2016年5月8日閲覧。
  10. ^ 小黒祐一郎 (2009年4月9日). “第103回 『FUTURE WAR 198X年』”. アニメ様365日. スタジオ雄. 2012年5月31日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「追悼・生賴範義」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.26-29、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  • 「生頼範義展 THE ILLUSTRATOR - スター・ウォーズ、ゴジラを描いた巨匠の軌跡 - 明石市立文化博物館 2016年4月16日~5月29日」出品リスト(2016年5月8日閲覧)

外部リンク[編集]