蒼き狼と白き牝鹿シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蒼き狼と白き牝鹿シリーズ
ジャンル 歴史シミュレーションゲーム
開発元 コーエー
発売元 コーエー
1作目 蒼き狼と白き牝鹿
1985年
最新作 チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV
1998年
テンプレートを表示

蒼き狼と白き牝鹿シリーズ(あおきおおかみとしろきめじかシリーズ)は、1985年光栄(現・コーエーテクモゲームス)より第1作が発売された歴史シミュレーションゲームのシリーズ。

概要[編集]

発売の年表
1985 蒼き狼と白き牝鹿
1986
1987 蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン
1988
1989
1990
1991
1992 蒼き狼と白き牝鹿・元朝秘史
1993
1994
1995
1996
1997
1998 チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV

チンギス・ハーンモンゴル帝国をメインに12世紀から15世紀ユーラシア大陸を舞台とし、統一を目指すゲームである。これまで4作が発売されている。

タイトルは『元朝秘史』の冒頭部分「上天より命ありて生まれたる蒼き狼ありき。その妻なる惨白き牝鹿ありき。大いなる湖を渡りて来ぬ。」より採られている。

1985年、コーエーの歴史シミュレーションゲームとしては比較的早い時期に第1作『蒼き狼と白き牝鹿』が発売され、同じくコーエーが発売していた信長の野望シリーズ三國志シリーズとともに「歴史三部作」のうちの一つと位置付けられた(厳密には『三國志』『信長の野望・全国版』『蒼き狼と白き牝鹿ジンギスカン』の発売をもって歴史三部作完成とされる)。『信長の野望』が日本、『三國志』が中国を舞台とするのに比べ、本シリーズはユーラシア大陸全域(=世界)を舞台とするスケールの大きさがセールスポイントであった。

「歴史三部作」の呼称は『信長の野望』や『三國志』よりも蒼き狼と白き牝鹿シリーズの発売時に特によく用いられたようであるが、本シリーズは他の2作よりセールス的に一歩遅れていたためと思われる。しかし、『信長の野望』シリーズは2013年に14作目・『三国志』シリーズは2012年に12作目が発売されたのに比べ、本シリーズの続編は1998年発売の4作目までにとどまっており、「歴史三部作」の呼称も本シリーズ4作目の「歴史三部作至高の到達点」というコピーを最後に使われなくなっている。

シリーズ一覧[編集]

  1. 蒼き狼と白き牝鹿
  2. 蒼き狼と白き牝鹿・ジンギスカン
  3. 蒼き狼と白き牝鹿・元朝秘史
  4. チンギスハーン・蒼き狼と白き牝鹿IV

関連項目[編集]