エフエム浦安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エフエム浦安株式会社
愛称 市川うららFM
I & U-LaLa FM83
コールサイン JOZZ3AY-FM
周波数/送信出力 83.0 MHz/20 W
本社・所在地
〒272-8539
千葉県市川市八幡2-16-15
本八幡駅西口ビル803
設立日 1996年5月20日
開局日 1998年3月22日
演奏所 所在地と同じ
送信所 市川市八幡3丁目
中継局 なし
放送区域 浦安市、市川市の各一部
ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
公式サイト http://www.fmu.co.jp/
エフエム浦安株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
272-8539
千葉県市川市八幡2-16-15
本八幡駅西口ビル8F
法人番号 7040001029334
代表者 代表取締役社長 北村 玲亮
資本金 2千万円
外部リンク http://www.fmu.co.jp/
テンプレートを表示
2013年5月まで本社、演奏所、送信所が入居していた「たかみビル」

エフエム浦安株式会社(FMうらやす)は、千葉県浦安市市川市の各一部地域を放送対象地域 [1]として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 市川うららFMI&U-LaLa FM83の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

1998年(平成10年)開局。 出資比率から北村玲亮代表取締役社長と片山のり子専務がマスメディア集中排除原則にいう支配関係[1]にある。

開局当初は浦安市猫実のたかみビルに本社・演奏所(スタジオ)・送信所を置き、放送局(現・特定地上基幹放送局)の呼出符号はJOZZ3AY-FM呼出名称エフエムうらやす周波数83.6MHz、当初の空中線電力は5Wで放送区域は浦安市の一部地域[2]。 放送対象地域も浦安市の一部地域[3]であった。 FMうららFM U-LaLaの愛称で、浦安市とその周辺区域を聴取エリア[4]と称していた。

2013年(平成25年)には本社・スタジオ・送信所を猫実から北栄のAquila Urayasu Uno (アクイラウラヤスウノ)に移転した。

2017年(平成29年)には前年に破産した市川エフエム放送の機材を取得し、本社・演奏所・送信所を市川市八幡に移転。 7月14日から愛称を変更し、市川エフエム放送が使用していた周波数83.0MHz、空中線電力20W、垂直偏波により放送を開始[5]した。 聴取エリアも市川市と浦安市、及びその周辺区域[6]と称することとなった。

電波法令上は、特定地上基幹放送局の設置場所、周波数、空中線電力の変更であって呼出符号JOZZ3AY-FMの変更はない。 事業譲渡や法人の合併による免許人の地位承継[7]ではないので市川エフエム放送の事業は承継していない。

ジェイコム千葉は浦安地区で85.0MHz、市川地区で84.4MHzで再送信している。 インターネット配信JCBAインターネットサイマルラジオによる。 また、一部番組は「WEBラジオ」としてオンデマンド配信をしている。

浦安市、市川市とは災害時の放送に関する協定を締結している。

沿革[編集]

1996年(平成8年)

  • 5月20日 - エフエム浦安株式会社設立[4]

1998年(平成10年)

1999年(平成11年)

  • 6月4日 - 浦安市と「災害時における災害広報活動の協力に関する協定」を締結[10]

2013年(平成25年)

  • 4月1日 - JCBAインターネットサイマルラジオによるインターネット配信を開始[11]
  • 5月27日 - 本社・スタジオ・送信所を猫実から北栄に移転[12]

2017年(平成29年)

  • 7月14日 - 未明に83.6MHzでの放送を終了、スタジオ・送信所を浦安市北栄から市川市八幡に移転、83.0MHzでの放送を開始[5]
  • 7月19日 - 本社を浦安市北栄から市川市八幡に移転[13]

2018年(平成30年)

  • 7月6日 - 市川市と「災害情報の放送に関する協定」を締結[14]

主な自社制作番組[編集]

2019年(令和元年)6月現在

その他[編集]

相互変調

2012年(平成24年)にNHK-FM東京(82.5MHz)とJ-WAVE(81.3MHz)の送信所が東京タワーから東京スカイツリーに移転した。 これによりFMうらやすの放送対象地域では両局の電界強度が増大し、受信機(ラジオ)の性能によっては83.7MHzに相互変調波が発生して83.6MHzの受信に悪影響を及ぼす可能性がある。 FMうらやすでは、聞きづらくなった人は連絡することを呼びかけていた。 [15]

2013年(平成25年)の送信所移転では受信状況の改善があったと発表があった。 [16]

2017年(平成29年)の周波数変更により、この心配はなくなった。

脚注[編集]

  1. ^ a b コミュニティ放送事業者 平成30年6月1日現在(総務省電波利用ホームページ - マスメディア集中排除原則について)(2018年12月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  2. ^ a b 浦安コミュニティ放送局に免許(関東電気通信監理局 報道資料 平成10年3月16日) - ウェイバックマシン(2000年3月11日アーカイブ分)
  3. ^ コミュニティ放送事業者 平成19年7月1日現在(総務省電波利用ホームページ - マスメディア集中排除原則について)(2007年8月8日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  4. ^ a b 会社概要(FMうらやす) - ウェイバックマシン(2004年8月30日アーカイブ分)
  5. ^ a b 市川うららFMからのお知らせ(市川うららFM) - ウェイバックマシン(2017年7月31日アーカイブ分)
  6. ^ 会社概要(市川うららFM) - ウェイバックマシン(2017年7月16日アーカイブ分)
  7. ^ 電波法第20条第3項および第5項参照
  8. ^ 浦安コミュニティ放送局に予備免許(関東電気通信監理局 報道資料 平成10年2月23日) - ウェイバックマシン(2000年3月11日アーカイブ分)
  9. ^ a b コミュニティ放送局の現状 平成16年4月1日現在(総務省電波利用ホームページ - 電波利用システム - 放送関係)(2004年12月13日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  10. ^ 災害協定(情報収集・伝達)(浦安市 - 安全・安心 - 防災 - 災害協定)(2015年2月23日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  11. ^ 2013年4月1日より、インターネットでもリアルタイムにお聴き頂けます(FMうらやす) - ウェイバックマシン(2013年5月2日アーカイブ分)
  12. ^ 会社概要(FMうらやす) - ウェイバックマシン(2013年7月23日アーカイブ分)
  13. ^ エフエム浦安株式会社の情報(法人番号公表サイト)
  14. ^ 資料1-7災害時における協定締結先(5)(市川市 - 防災 - 地震への備え - 市川市地域防災計画(資料編))(2020年11月6日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  15. ^ FMうらやすの受信状態に変化はありませんか?(FMうらやす) - ウェイバックマシン(2012年5月1日アーカイブ分)
  16. ^ FMうらやす移転完了のお知らせ(FMうらやす) - ウェイバックマシン(2013年6月1日アーカイブ分)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]