遊撃宇宙戦艦ナデシコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遊撃宇宙戦艦ナデシコ』(ゆうげきうちゅうせんかんナデシコ)は、『月刊少年エース』1996年9月号から1999年2月号まで連載された、麻宮騎亜漫画作品。全4巻。

概要[編集]

テレビアニメ『機動戦艦ナデシコ』の放映に先駆けて発表された漫画作品。登場人物や固有名詞などはテレビ版と共有しているが、設定や物語は大幅に異なり、テレビ版の原作というわけではない。

物語序盤はアニメを踏襲したような流れだが、途中から完全に漫画独自の展開となった(作者によると、アニメ放送中はアニメに合わせようという気持ちがあったという)。並列宇宙といったアニメには無い要素を織り交ぜつつ、アニメと比べて、主人公の成長が軸となって重点的に描かれている。また、アニメよりも更に日本神話をモチーフとした要素が多い。最終話のラストに物語が続く伏線のような表現があったが、特に描かれる事は無くそこで物語は終了している。

また、「アキトが(一時的にだが)失明する」「ルリがナデシコの艦長に就任する」「ユリカが敵に拉致される」といった、劇場版『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』を彷彿とさせるシーンも描かれている。

後に徳間書店から発売された新装版では、書き下ろし作品「宇宙戦艦カグヤ-封印された悼み-」が収録されている。

宇宙戦艦ヤマト』を元ネタとしたシーンが多い。

登場人物[編集]

登場兵器[編集]

ナデシコ
平行世界「大和」の技術が盛り込まれ、呪術砲とよばれる武装が施されている。漫画版では破損していたディストーションブレードを改修+追加武装を加えることで以後「ヤマト=ナデシコ」と呼ばれている。又、漫画版では元々「ムサシ」と命名される予定であったが、小泉今日子ファンのユリカが聴いていた「ヤマトナデシコ七変化」から勝手に「ナデシコ」と戦艦名を命名し、その名を船体に彫り込んでいる[1]
コスモス
補給と補修機能を持つドックを備えた大型艦。
零番艦「カグヤ」
ナデシコの試作艦を明日香インダストリーが買収し、国連籍に入った。艦長はカグヤ・オニキリマル。月面での戦闘で発進直後に敵艦に押しつぶされ大破。
明日香インダストリー製新型戦艦「カグヤB」
大破したカグヤに変わって登場した艦でスーパーナデシコ級、艦長は引き続きカグヤ・オニキリマル。Yユニットを標準装備し、ナデシコと同様の呪術砲機構がつけられている。
量産型ナデシコ
カグヤを元に製作された国連の量産型ナデシコ級。ナデシコやカグヤBに装備されていたYユニットや呪術砲機構はない。
エグザバイト
アニメにおける「0Gフレーム」。宇宙専用機のため脚部が無く、敵に直接高圧電流を流して破壊する武器「ハイボルト・スキッフ」を装備している。エステバリスとの互換性もあり。

CDドラマ版[編集]

キャスト[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 火星の形見
  2. 月の天涯
  3. 木星の大蛇

脚注[編集]

  1. ^ これはかわぐちかいじの『沈黙の艦隊』で主人公の海江田四郎が「シーバット」に「やまと」と彫り込んだシーンが元ネタである。