月刊バーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コミックバーズから転送)
移動先: 案内検索

月刊バーズ』は、幻冬舎コミックスから出版されている漫画雑誌。毎月30日発売。単行本はバーズコミックスより刊行されている。

沿革[編集]

  • 1986年 - 11月に同年11月25日号をもって『コミックバーガー』としてスコラより創刊[1]。当初は月2回発行だった。
  • 1993年 - 1993年7号を以って一旦休刊。1993年7月号より月刊に衣替えして再出発。
  • 1996年 - 1996年4月号を以て再び休刊[1]。『コミックバーズ』 (BIRZ)に誌名を変更し、7月号から新創刊[2]
  • 1999年 - 3月23日にスコラが出版・営業を停止し経営破綻し、1999年5月号を最後に休刊[2]。スコラの漫画部門の編集部ごとボーイズラブ雑誌の『ルチル』などとともにソニー・マガジンズ(現エムオン・エンタテインメント)へと移籍することが決まり、『コミックバーズ』はその名前のまま1999年7月に復刊[3]
  • 2001年 - ソニー・マガジンズがコミック関連から撤退を決定し、同社発行は2001年12月号が最後となった[3]。編集部は幻冬舎が新設した子会社の幻冬舎コミックスへと移り発行を継続され、2002年1月号(2001年11月発売)より同社発行となる[4]
  • 2015年 - 6月号(4月30日発売号)よりリニューアルし、誌名を『月刊バーズ』として新装刊[5]

以上のように『月刊バーズ』は3つの会社を渡り歩いた雑誌であり、企業の経営破綻や業績悪化による休刊の危機を移籍によって乗り切ることができた珍しい雑誌である。掲載作品に関しても、休刊・復刊のタイミングにより中断ないし終了した作品はあるものの、再創刊された新雑誌に移行して継続された作品も少なくない。2011年時点では『コミックバーズ(当時)』の発行部数は極端に少なく[要出典]、一部の大型書店や漫画専門店でしか販売されていないため、「都市伝説雑誌」とも呼ばれている[誰によって?]。このようにマイナーな雑誌ではあるが、冬目景の『羊のうた』やPEACH-PITの『ローゼンメイデン』(のちに集英社週刊ヤングジャンプ』へ移籍)など、アニメ化された連載作品も存在する。

本誌を母体とする単行本レーベル「バーズコミックス」も、スコラ発行の時代からソニー・マガジンズ発行の時代を経て、現在の幻冬舎コミックス発行へと引き継がれている。本誌の増刊として、『ルチル』(1999年 - )と『ねこメロ!』(2007年 - 2009年)がある。

なお、親会社のMBO問題(外資系投資会社・イザベルリミテッドの株大量取得による資本介入)により、2010年12月下旬以降のCM放映(テレビ・ラジオ向け)はすべて自粛することとなった(テレビアニメ『おとめ妖怪 ざくろ』の放映枠最終回にて確認)[要検証 ]

連載中の作品[編集]

※タイトル五十音順。2014年10月号時点。

連載終了の作品[編集]

『コミックバーガー』[編集]

※スコラ刊『コミックバーガー』にて連載が開始された作品、タイトル五十音順。

『コミックバーズ』(スコラ)[編集]

※スコラ刊『コミックバーズ』にて連載が開始された作品、タイトル五十音順。スコラによる刊行時期は【1996年7月号 - 1999年5月号】の期間。

『コミックバーズ』(ソニー・マガジンズ)[編集]

※ソニー・マガジンズ刊『コミックバーズ』にて連載が開始された作品、タイトル五十音順。ソニー・マガジンズによる刊行時期は【1999年7月号 - 2001年12月号】の期間。

『コミックバーズ』(幻冬舎コミックス)[編集]

※幻冬舎コミックス刊『コミックバーズ』にて連載が開始された作品、タイトル五十音順。幻冬舎コミックスによる刊行時期は【2002年1月号 - 2015年5月号】の期間。

『バーズ』(幻冬舎コミックス)[編集]

※幻冬舎コミックス刊『バーズ』にて連載が開始された作品、タイトル五十音順。刊行時期は【2015年6月号 - 】の期間。

掲載時期不明の完結作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|コミックバーガー(スコラ)1986
  2. ^ a b 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|コミックバーズ(スコラ)1996
  3. ^ a b 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|コミックバーズ(ソニー・マガジンズ)1999
  4. ^ 国立国会図書館サーチ|書誌詳細|コミックバーズ = Birz(幻冬舎コミックス)2002
  5. ^ コミックバーズ編集部ブログ 2015年04月28日 月刊バーズ新装刊&デンシバーズオープン!!

外部リンク[編集]