川又米利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
川又 米利
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都調布市
生年月日 (1960-08-04) 1960年8月4日(57歳)
身長
体重
179 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1979年5月6日
最終出場 1997年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 中日ドラゴンズ (2002 - 2004)
  • NAGOYA23
  • 中日ドラゴンズ (2012 - 2013)

川又 米利(かわまた よねとし、1960年8月4日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手内野手外野手)。 2012年より2年間中日ドラゴンズの二軍打撃コーチを務めた。また、名古屋に本社を置く芸能事務所セントラルジャパンに所属している。

経歴[編集]

早稲田実業学校では左翼手一塁手として通算4回甲子園大会に出場。2年生時の1977年春の選抜では準々決勝に進むが、智弁学園山口哲治投手に抑えられ敗退[1]。同年夏の選手権も準々決勝で今治西高に大敗[2]。翌1978年春の選抜は2回戦で、この大会に優勝した浜松商に惜敗[1]。しかし大会第4号の本塁打を放ち長距離打者として注目される。同年夏の選手権は1回戦で矢田万寿男のいた倉吉北高に敗退[2]。左の強打者ということから、先輩の王貞治になぞらえ「王二世」と騒がれた。1979年にドラフト外で中日ドラゴンズに入団。

なかなか一軍に定着できなかったが、1985年には右翼手の定位置を獲得、初めて規定打席(21位、打率.290)に達する。シーズン中盤には谷沢健一の故障で一塁手としても出場した。翌1986年は谷沢に代り一塁手に回り、その後も1989年まで右翼手、一塁手のレギュラーとして活躍。1988年のリーグ優勝に貢献し、西武との日本シリーズは敗退するが、10打数3安打2打点1本塁打を記録。しかし落合博満が一塁手に定着し、外人選手の入団もあって、その後は段々と出場機会を減らし、代打の切り札や外野の準レギュラーとして起用される。特に相性の良い巨人戦には勝負強さを発揮した。町田公二郎に次ぐ代打本塁打16本(大島康徳に並ぶ)の記録を持つ。ナゴヤドームが完成した1997年に引退。

1998年から2001年まで、東海ラジオ日本テレビ中京テレビ中日スポーツ野球解説者を務める。山田久志新監督が就任した2002年に中日の二軍打撃コーチに就任。2003年は一軍打撃コーチ、2004年は二軍打撃コーチを務めた。

2005年から2011年まで、再び東海ラジオ(2008年まで)、中京テレビ、中日スポーツの解説者(東海テレビ制作のJ SPORTS STADIUMにも出演)。「間違いないですね」が口癖(東海ラジオのナイターオフ番組『ガッツナイタープラス』の2007年バージョンで、リスナーが考える「間違いないですね」にあった質問を募集し、質問の最後に川又本人の「間違いないですね」の肉声が使用される大喜利的要素を含む内容の不定期企画があった)。マスターズリーグの名古屋80D'sersの選手としても活躍している。

2007年名古屋市でクラブチーム「NAGOYA23」を結成し、総監督に就任。2012年からは中日の二軍打撃コーチに就任、8年ぶりの現場復帰となった。2013年10月4日に球団から来季の契約を結ばない事が発表された[3]

人物[編集]

1990年のシーズンは星野仙一監督の鉄拳制裁が話題になっていた当時だったが、ある試合で川又がチャンスでタイムリーヒットを打った時に、(相手の守備にエラーなどあり十分に2塁に進めるチャンスがあった筈だったが)1塁ベース上で味方のランナーのホームインに見とれてしまい、その走塁の怠慢さに星野がベンチで激怒し、ベンチ内の扇風機を叩き壊してしまい、その光景を1塁ベース上で見た川又は喜びから顔面蒼白になったというシーンがよく珍プレーで出てきた。なお川又は星野と現役時代を共にしながら、第一次星野政権下で放出されなかった数少ない中日OBの一人である。

現役時代の川又の応援歌は、2014年まで中日のチャンステーマになっていた(原曲は「ぶっちぎりの青春」。歌詞は一部変更されている)。因みに初期の頃は「ウルトラマン」の曲を原曲としたもので、爆風スランプのヒット曲「Runner」を原曲としたものもあった。

守備に難があり、川又の守備位置にフライが上がるとぞっとすることから「スリラー」と言う別名をもらっていた。そのため、パ・リーグからDHとして欲しがられ、度々トレードの申し込みがあった。また鈍足で打球判断も悪いため、ギリギリのランニングキャッチやダイビングキャッチも度々で“ファインプレー”を演出することも多く、このため現役時代は「足が速ければもっといい選手になれたのに」と言われ続けた。

夫人はイラスト製作を趣味としており、雑誌「月刊ドラゴンズ」の誌上企画で川又がインタビューする中日選手の似顔絵を掲載している。

1997年に引退後(2002年~2004年までのコーチ時代を除く)中京テレビ東海ラジオ放送の解説を務めているが、川又は長嶋茂雄の大ファンで日本テレビの長嶋引退記念特別番組に観客の一人として出演していたほどである(引退した1974年当時中学生だった)。その映像が引退後初のレギュラー番組ズームイン!!朝!で取り上げられると「う~ん、中日にも優勝してほしいが…長嶋さんのことを考えると巨人にも優勝してほしい…」と発言。コンビを組んでいた中京テレビの佐藤啓アナが慌てて「何言ってるんですか!!中日が優勝でしょ!!」と突っ込まれた。その後もMCの福澤朗から「長嶋さんに優勝させたいですね!?」て突っ込まれ「う~ん」と優柔不断になってしまった(入団当時と引退当時の巨人監督は長嶋である)。
また、監督を退任して充電中だった長嶋が中日の臨時コーチに来たときに川又の打撃フォームを「少年野球をしている子供たちが見習うべきフォーム」と絶賛、「プック」というニックネームを授けた。

酒を飲むとすぐ赤くなるので、川又に酒を飲ますなと言われることがよくあったという。引退後もなべを囲んで酒を飲みながら対談をする収録などでは顔を真っ赤にしている。

井端弘和研ナオコに紹介したのは、川又との事である(『榊原郁恵のおしゃべりパーク歌うリクエスト』最終回より)。

ロックミュージシャン忌野清志郎と親交が厚く、生前忌野が名古屋でライブを行う際には特別ゲストとして川又がステージに登場することが度々あり、この時、忌野は川又のことを歌った名古屋限定の曲を披露するパターンが多かった。

高校時代に出場した神宮球場の試合で、帝京高校石橋貴明から「オイ!川又」と野次られた経験がある(2009年11月19日放送・とんねるずのみなさんのおかげでした・「新・食わず嫌い王決定戦」より石橋談)。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1979 中日 46 57 47 2 13 3 0 0 16 5 1 0 0 2 7 1 1 10 1 .277 .382 .340 .722
1980 25 25 25 1 3 0 0 1 6 2 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .120 .120 .240 .360
1981 11 14 13 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 3 1 .231 .286 .231 .516
1982 24 26 26 1 4 0 1 0 6 0 0 1 0 0 0 0 0 5 0 .154 .154 .231 .385
1983 32 57 49 8 16 1 0 6 35 14 0 1 0 2 6 0 0 12 1 .327 .400 .714 1.114
1984 41 36 35 2 4 2 0 0 6 1 1 0 0 0 1 0 0 11 0 .114 .139 .171 .310
1985 122 422 362 43 105 27 3 9 165 44 2 4 4 2 52 1 2 50 6 .290 .380 .456 .836
1986 115 403 358 41 99 20 1 9 148 42 3 0 6 7 32 1 0 57 9 .277 .330 .413 .743
1987 123 420 376 40 95 16 4 16 167 57 6 2 7 0 37 6 0 33 5 .253 .320 .444 .764
1988 122 381 318 30 89 18 2 6 129 35 3 2 12 6 45 5 0 36 5 .280 .363 .406 .769
1989 113 324 271 33 77 19 0 4 108 31 3 2 10 2 40 3 0 30 7 .284 .374 .399 .772
1990 94 212 167 18 41 14 0 2 61 18 2 1 4 2 36 4 3 34 3 .246 .385 .365 .750
1991 83 160 130 20 43 11 1 5 71 29 1 0 3 3 24 1 0 33 1 .331 .427 .546 .973
1992 84 195 167 14 45 14 0 5 74 15 0 0 0 2 26 3 0 22 2 .269 .364 .443 .807
1993 98 259 225 23 53 9 0 6 80 24 0 0 3 2 27 0 0 35 8 .236 .315 .356 .671
1994 85 133 104 12 28 4 0 2 38 12 1 0 0 2 24 0 2 15 4 .269 .409 .365 .774
1995 85 160 138 12 32 5 0 2 43 16 0 0 1 1 20 3 0 15 1 .232 .327 .312 .639
1996 64 58 45 2 12 1 0 1 16 12 0 0 0 1 12 1 0 14 1 .267 .414 .356 .769
1997 48 45 41 0 9 3 0 0 12 7 0 0 0 0 4 1 0 13 1 .220 .289 .293 .582
通算:19年 1415 3387 2897 303 771 167 12 74 1184 364 23 13 50 34 394 30 8 433 57 .266 .352 .409 .761
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 46 (1979年 - 1982年)
  • 23 (1983年 - 1997年)
  • 86 (2002年 - 2004年)
  • 74 (2012年 - 2013年)

記録[編集]

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 来季の契約について中日球団公式サイト2013年10月4日配信
  4. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号96ページ
  5. ^ 肩書きが無い場合もある。東海ラジオ解説者時代は「東海ラジオ解説者」と紹介されていた。通常は東海テレビ制作日は東海テレビの解説者のみ出演する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]