神田たけ志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神田 たけ志(かんだ たけし、1948年5月12日 - )は、日本漫画家北海道根室市出身。

経歴[編集]

1948年5月12日、根室市に生まれる[1]

さいとう・たかおアシスタント勤務となり、『ゴルゴ13』の作画スタッフに参加する。

1970年、『復活は血のメロディー』でデビュー[1]。同年、小池一夫原作の『御用牙』がヒットする。同年ごろに、小池一夫らとともに『スタジオ・シップ』を起こす。吉川英治の『宮本武蔵』の劇画化や、伝説の麻雀の裏プロ桜井章一の半生の劇画化の『ショーイチ』シリーズが有名である。ジャンルは、時代劇モノ、極道関連、麻雀関連となる。

有名な作品[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]